アイフルは他社と何が違う?審査基準や金利など4つの項目から比較

アイフルの看板

「アイフルって名前は聞くけど、借りるとやばいの?」
「どんな会社で、他のカードローンとどう違うの?」

アイフルは大手消費者金融のうち唯一、銀行のグループ傘下ではなく、独自の審査基準をもうけています。また、原則として在籍確認を行っていないため、勤務先や家族などに利用がバレにくいという特徴があります。

この記事では、審査や在籍確認についてのアイフル独自の特徴や、他社と比較してのメリット・デメリットを解説します。

アイフルのバナー ・はじめての方は最大30日間利息0円
・WEB申込なら最短25分で融資が可能
・WEBからの申込後、専用電話への連絡で優先的に審査を開始
・WEB完結で誰にも知られず借りられる
金利 年3.0%~18.0%(実質年率)

アイフルの基本情報

  • アイフルは半世紀以上の歴史があり東証一部上場企業
  • 公式サイトで「原則職場への在籍確認の電話なしと明言」
  • アイフルでは女性専用ダイヤルがあり、女性のオペレーターが対応してくれる
  • アイフルは大手消費者金融で唯一銀行グループの傘下ではないため審査基準の独自性が高いといわれている
  • 「2022年3月期 決算短信(アイフル株式会社)」によるとアイフルの審査通過率は32.9%

目次

アイフルってどんな会社?借りるとやばい?会社情報をチェック!

有名タレントを起用したテレビCMでおなじみのアイフル。消費者金融としては大手で、知名度も高い存在です。

アイフルは創業50年以上の老舗の消費者金融

アイフルのカードローンを運営するアイフル株式会社は1978年の設立ですが、創業はさらにさかのぼって1967年。実に半世紀以上も続く企業です。次の表にまとめたとおり東証一部にも上場しており、会社の規模としても充実した体制であることがわかります。

アイフルの会社概要

社名 アイフル株式会社
本社所在地 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
創業 1967年4月
設立 1978年2月
資本金 940億28百万円
事業内容 消費者金融事業、事業者金融事業、信用保証事業
登録番号 近畿財務局長(13)第00218号
市場名 東証1部
上場年月日 1998年10月1日
営業店舗 全国主要都市 20店舗(2021年3月31日現在)
社員数 (単体) 1,010名(2022年3月31日現在)
(連結) 2,116名(2022年3月31日現在)

引用元:アイフル公式ホームページ「会社概要」より抜粋

アイフルの基本情報をおさらい

続いて、アイフルのカードローンサービスの基本情報を押さえておきましょう。次の表にまとめてみました。

貸付利率(実質年率) 年3.0%~18.0%
借入限度額 800万円
貸付対象者 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する人で、アイフルの基準を満たす人
遅延損害金 年20.0%(実質年率)
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済方法の種類 ・銀行振込
・有人店舗
・アイフルATM
・提携ATM
・コンビニ(マルチメディア端末)
・口座振替
アイフルの商品 ・かりかえMAX
・おまとめMAX
・事業サポートプラン
・SuLaLi(女性向け商品)
・ファーストプレミアム・カードローン
・目的別ローン

通常のカードローン以外にも女性向けのカードローンや事業資金の融資など、多彩な金融商品を提供しています。

アイフルの審査時間や金利を他社や銀行カードローンと比較

アイフルの特徴的な点としては「在籍確認の電話連絡が原則なし」「融資まで最短25分」などが挙げられます。(申込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります)

アイフルの特徴や利用するメリット・デメリットについて、他社との比較でまとめてみました。金利や限度額、融資時間(審査時間を含む申し込み~借入れまでの時間)などを、代表的な消費者金融系・銀行系のカードローンと比べると次の表のようになります。

各社カードローンの比較表

消費者金融、または銀行カードローン名

アイフルカードローンのバナーアイフル プロミス|Webなら最短25分融資も可能プロミス アコムなら最大30日間金利0円アコム レイクALSA SMBCモビットカードローンのキャプチャSMBCモビット バンクイックのバナー三菱UFJ銀行カードローン バンクイック みずほ銀行カードローン
金利 年3.0%~18.0% 年4.5%~17.8% 年3.0%~18.0% 年4.5%~18.0% 年3.0%~18.0% 年1.8%~14.6% 年2.0%~14.0%
限度額 1~800万円 1~500万円 1~800万円 1~500万円 1~800万円 10~500万円 10~800万円
融資時間 最短25分※1 最短25分 最短30分 Webで最短25分融資も可能※2 最短即日※3 最短翌営業日 1週間程度
無利息期間 最大30日間 最大30日間 最大30日間 最大180日間※4 なし なし なし
在籍確認 原則あり 原則なし 原則あり 原則あり Web完結申し込みの場合原則なし 原則あり 原則あり
公式HP 申込 申込 申込 申込 申込 申込 申込

※1:申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合あり
※2:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※3:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある
※4:初めての契約かつ、借入額が200万円までの場合に借入額のうち5万円まで

大手消費者金融であるアイフルですが、数多くあるカードローン会社の中で選ぶメリットとは何でしょうか。逆に頭に入れておきたいデメリットはあるのでしょうか。それぞれ解説していきます。

比較してわかったアイフルのメリット

各社のカードローンとの比較を通して、アイフルには次のようなメリットがあることが見えてきます。

    アイフルのメリット

  1. Web申込みなら最短25分融資※
  2. 自宅や勤務先への在籍確認の電話連絡がない
  3. 初めての利用なら最大30日間利息0円
  4. Web契約時「カードレス」「口座振替(自動引落)」を選べば郵送物を無しにできる

  5. ※申込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

1については、あくまで「最短」ではあるものの、大手の消費者金融の中でもトップクラスのスピード感となっているので「今すぐお金が必要」という方向きのカードローンとなっています。

また、2もアイフル特有の大きなメリットです。大手消費者金融の中でも、「(原則)電話連絡無し」と明確に発信しているのはアイフルだけ。カードローンの利用を誰にも知られたくない、という人にとっては嬉しいポイントではないでしょうか。

3は銀行カードローンと比べてのメリット、4は2と同じく「バレたくない」というニーズに対応したメリットです。

その他、主なメリットを以下にまとめておきます。

便利なスマホアプリサービスがある

アイフルには公式のスマホアプリがあり、申込みはもちろん、借入残高の確認、カードレスでの借り入れ・返済(セブン銀行・ローソン銀行のATMのみ)などが24時間いつでも可能です。

女性専用のサービスがある

アイフルでは女性専用ダイヤルが用意され、女性のオペレーターが対応してくれます。男性と話すのが苦手という人でも安心して利用しやすいでしょう。また、女性向けカードローン「SuLaLi」という商品もあります。

比較してわかったアイフルのデメリット

続いて、カードローン各社と比較して見えてくるアイフルのデメリットをまとめてみます。

    アイフルのデメリット

  1. 金利は銀行よりも高い
  2. 提携ATMだと手数料がかかる(アイフルATMは手数料無料)

  3. 参考:アイフル「提携ATM一覧

1はあくまで銀行カードローンと比べてのデメリットですが、一方で審査スピードが早めであるといった銀行にはないメリットもあるので一長一短といったところです。

2については、借り入れや返済時にアイフルATMを利用すると手数料無料ですが、提携ATM(コンビニ/銀行)の場合は手数料が発生するというものです。こちらも、アイフルATMは営業時間に限りがあるものの、提携ATMには24時間利用可能なところもあるので、やはり一長一短といえます。

アイフル

アイフルのバナー
実質年率 年3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
審査時間 最短25分
融資時間 最短25分※

※Web申し込みの場合

特長

  • Web申し込みなら最短25分融資
  • Webからの申込後、専用電話への連絡で優先的に審査を開始

アイフルの審査基準は甘い?大手消費者金融の最新通過率を比較

気になるアイフルの審査基準ですが、ほかの主なカードローンと同じく、明確に公表されていません。

申込み条件として、「満20歳以上69歳まで」「定期的な収入がある」の2点が示されているだけです。

アイフルホームページの画像

引用元:アイフル公式ホームページ「よくあるご質問:誰でも申込みはできますか?」

アイフルの審査は独自基準

公表されていないアイフルの審査基準ですが、大手の消費者金融の中では独自性が高いといわれています。

なぜなら、アイフルは大手消費者金融の中で、唯一銀行グループの傘下に入っていないためです。

三菱UFJ銀行と三井住友銀行の看板

大手消費者金融が所属する銀行グループ

カードローン 運営会社 銀行グループ
アコム アコム株式会社 三菱UFJフィナンシャルグループ
プロミス SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 三井住友フィナンシャルグループ
SMBCモビット
レイクALSA 新生フィナンシャル株式会社 新生銀行グループ
アイフル アイフル株式会社 なし

このようにアイフルは銀行グループから独立したポジションにあるので、たとえばアコムやプロミスの審査に落ちたとしても、アイフルではまた違う基準で見られるため審査に通る可能性もあるのです。

では、アイフルの審査ではどのようなポイントを見られるのでしょうか。非公表ではあるものの、審査では主に次のような点が重視されると考えられます。

審査のポイント1 申込金額

まず重視されるのは申込金額(希望する借入額)です。収入に対して申込金額が大きすぎると「総量規制」(年収の3分の1を超える借り入れが原則できないルール)に引っ掛かってしまうので、厳しくチェックされます。

一言アドバイス

  • 基本的に消費者金融のカードローンで借りるお金の使い道は自由ですが、念のためどういった用途に使うのか尋ねられる場合もあります。

審査のポイント2 申込者の基本情報と勤務先について

申し込んだ人の基本情報も重視されるポイントです。氏名・生年月日・住所などはもちろんですが、「既婚・未婚」「扶養家族の有無」といった家族構成も参考にされます。

一言アドバイス

  • 一概にはいえないものの、養う家族がいる人は自由に返済に回せるお金が少ないととらえられ、借り入れの限度額が低く抑えられてしまう可能性も考えられます。

また、申込者の返済能力を判断する上では、勤務先の情報がさらに厳しくチェックされます。次のような項目が確認されるだけでなく、実際にそこで働いているかどうかを調べる「在籍確認」も行われます。

    【勤務先に関する確認項目】

  • 会社名
  • 会社の住所
  • 業種
  • 雇用形態
  • 給料日
  • 入社年月日 など

審査のポイント3 他社からの借り入れの有無

他社からの借入額や、借入先の数があまりに多いと、すでに大きな債務を抱えていると判断され、返済能力に問題があるとして審査では不利になります。

一言アドバイス

  • 他社からの借り入れも総量規制の対象であるため、収入に対してすでに多額の借り入れをしていないかもチェックされます。

審査のポイント4 延滞歴の有無などの信用情報

これまでにカードローンやクレジットカードなどの利用で返済に延滞歴があると、返済能力に大きな問題があると判断され(「信用情報に傷がついている」状態)、借入限度額が希望よりも低くされたり、最悪の場合は審査に通らないこともあります。

一言アドバイス

  • 過去の借り入れや、他社での借り入れの状況は信用情報機関というところに記録され、各カードローン会社はそれを確認できるようになっています。したがって延滞歴など審査で不利になる情報を隠すことはできず、必ず確認されますので注意しましょう。

アイフルの審査通過率を他社と比較

以上のようなポイントでアイフルの審査は行われますが、その結果実際にどのくらいの人が審査に通っているのでしょうか。

実は、大手消費者金融のカードローン各社では「審査通過率」を公開しています。アイフルはほかのカードローンよりも審査に通りやすいのか、逆に厳しいのでしょうか?プロミス、アコムとの比較を見てみましょう。

大手消費者金融のカードローンの審査通過率
アイフル 32.9% ※1
プロミス 38.8% ※2
アコム 42.1% ※3

(※1)「2022年3月期 決算短信(アイフル株式会社)」より
(※2)「2022年3月期 決算資料(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)」より
(※3)「DATABOOK Monthly Report 2022年3月末(アコム株式会社)」


3社を比較すると、アイフルが他社よりも数%低い値になっています。とはいえ、各社とも厳正な審査を行っているのは同じで、アイフルだけが特別審査が甘い・厳しいとはいえません

アイフルの審査に通る人と通らない人の特徴

アイフルの審査に通りやすい人・通りにくい人にはそれぞれ特徴があるのでしょうか。これも断言できる材料はありませんが、あくまで傾向としてのポイントを整理してみましょう。

審査に通りやすいのは安定した収入がある人

お金を貸す側にとっては、相手に借りたお金を返済する能力があるかどうかが最大の関心事。それは消費者金融でも同じです。したがって審査ではズバリ「安定した収入」があるとかなり有利になると考えられます。

一言アドバイス

  • 「安定した収入」というと、正社員じゃないとアイフルは利用できないのかと思う人もいるかもしれません。実際には、「満20歳以上69歳まで」で「定期的な収入」があれば、パートやアルバイト、派遣社員や学生であってもアイフルに申し込むことができます。

安定した収入があっても借りられるのは年収の3分の1まで

安定した収入があれば月々の収入が少なくても審査に通る可能性はあります。ただし利用限度額は「総量規制」で定められる範囲内(年収の3分の1まで)に設定されます。

総量規制の図

「総量規制」は貸金業法で決められたルールで、借り入れが複数ある場合はその合計金額が年収の3分の1に収まる必要があります。どれだけ収入があってもこの総量規制を超えた借り入れがあると審査に通らない可能性が高くなるので、注意しましょう。

審査に通りにくいのは返済能力が疑われる人

アイフルの審査に申し込んだものの落ちてしまう人は、多くの場合、ひと言でいうと「返済能力に問題があると判断された」人です。

たとえば、次のような特徴がある人は返済能力があるのか疑われてしまう可能性が高いといえます。

在籍確認が取れない ・申込者が記入した勤務先に本当に所属しているかが確認できないと、「安定した収入」の裏付けができないので、申込者の返済能力が疑われてしまう。
複数社に同時に申し込んでいる ・複数のカードローンに同時に申し込むと、「お金にかなり困っている人=返済能力に問題がある人」と判断される可能性が高い。
・すでに借入先が複数あると「多重債務者」と判断されやすい。
信用情報に問題がある ・クレジットカードの支払い遅れがある、過去に債務整理を行った、携帯電話の支払い滞納がある、など金融事故がある人は返済能力を疑われる可能性が高い。

一言アドバイス

  • 自分の信用情報に不安がある人、確認をしたい人は、情報を記録している個人信用情報機関に「情報開示」や「本人開示」の手続きをしてみましょう。個人信用情報機関は「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」「株式会社日本信用情報機構(JICC)」の3つがあり、それぞれ開示の請求を受け付けています。 信用情報機関に関する案内冊子

審査に通りにくい人の特徴

返済能力の面以外でも、アイフルの審査に通りにくいと考えられる人には次のような特徴があります。

申込条件に当てはまらない ・「満20歳以上69歳まで」「定期的な収入がある」という条件に当てはまらない人は、そもそも申し込むことができない。
・たとえば未成年者や、定期的な収入のない主婦や無職の人など。
申込内容に虚偽やミスがある ・誤りや疑わしい部分がある程度なら、確認に時間がかかって審査時間が長くなるだけで済む場合もある。
・意図的に虚偽の内容で申し込んだ場合は、審査に通らないだけでなく今後の借り入れが難しくなる場合もあり得る。
・すでに借入先が複数あると「多重債務者」と判断されやすい。

アイフルの審査が心配なら1秒診断を試してみよう

アイフルでは、初めて利用を検討している人の不安を解消するため、申し込む前に自分が利用できるかどうか確認できる「1秒診断」というサービスを提供しています。

パソコンやスマホでサイトにアクセスし、「年齢」「雇用形態」「年収」「他社借入金額」を埋めるだけで、すぐに融資が受けられるかどうか診断してもらえます。

ただし、診断結果は簡易的なものなので、あくまで目安として参考程度に考えておくのがよいでしょう。

アイフル1秒診断の画面

引用元:アイフル公式ホームページ「1秒診断」

アイフルの申込みにはどんな方法がある?最短即日で借りるならWebかアプリがおすすめ!

ここでは、アイフルに実際に申し込む方法や注意点についてまとめていきます。まずは申込みの方法についてみていきましょう。

アイフルの申込み方法は4つ

アイフルホームページ申込方法の画面

引用元:アイフル公式ホームページ「お申込み方法」


アイフルには「Web」「スマホアプリ」「電話」「無人店舗」という4つの申込方法があります。ひとつずつ特徴を見ていきましょう。

申込み方法1 Web

申込 手持ちのスマホやパソコンから24時間365日申し込みが可能
審査 ・審査の必要書類の提出方法は申し込み後にメールで案内
・審査結果は電話またはメールでお知らせ
契約 スマホやパソコンでそのまま契約できる
・アイフルカードの有無を選択可能
借入れ ・カードレスの場合:スマホアプリで原則24時間365日取引可能、郵送物も一切なし
・カードありの場合:来店か郵送でカードを受け取り次第、ATMなどですぐに借入可能
・カードが郵送で到着前でも銀行口座への振込が可能

申込み方法2 スマホアプリ

申込 24時間365日申し込みが可能
・スマホのカメラで運転免許証を撮影するだけで、自動で本人情報を読み込んでくれるので、入力の時間と手間を省ける
審査 ・審査の必要書類の提出方法は申し込み後にメールで案内
・審査結果は電話またはメールでお知らせ
契約 スマホやパソコンでオンライン契約
・アイフルカードの有無を選択可能
借入れ ・カードレスの場合:スマホアプリで原則24時間365日取引可能、郵送物も一切なし
・カードありの場合:来店か郵送でカードを受け取り次第、ATMですぐに借入可能
・カードが郵送で到着前でも銀行口座への振込が可能

申込方法3 電話

申込 ・電話で申し込み。受付時間は9:00~18:00
・女性オペレーターが対応する女性専用ダイヤルも準備されている
審査 審査結果は電話でお知らせ
契約 ・全国の無人店舗で契約可能。その場でカードを発行
・必要書類は来店時に持参する
・郵送での契約にも対応
借入れ ・カードを受け取ったらすぐにATMで借入可能
・登録した銀行口座への振込も可能

申込方法4 無人店舗

申込 ・全国の無人店舗で申し込み
・必要書類は来店時に持参する
・郵送での申し込み~契約も可能
審査 審査結果はその場でお知らせ
契約 その場で契約、カード発行
借入れ ・カードを受け取ったらすぐにATMで借入可能。
・登録した銀行口座への振込も可能。

Web・スマホアプリの申し込みなら最短25分で借りられる

アイフルの4つの申込方法は、それぞれにメリットがあります。ただ「融資までの時間」に着目すると、おすすめはWebかスマホアプリです。どちらも申込み~融資が最短25分とうたわれているからです。

特に融資までのスピードを上げるポイントはWeb・スマホアプリで申し込んだ後の電話です。

フリーダイヤルに電話をして急いでいることを伝えれば、アイフルの方で優先して審査を開始してくれるのです。

その結果審査の時間が短縮でき、さらにWebで契約、スマホアプリか振込でカードレスの融資を受ければ、最短で25分の借入れができるというわけです。

申込みの状況や時間などによって「希望にそえない場合があります」とのことですが、少しでも早い融資を希望しているなら試す価値はありそうです。

アイフルの申込みで提出する必要書類

ここまでアイフルの申込方法について見てきましたが、どの方法でも必要書類の提出が必須になっています。

まず次のような本人確認書類の提出が必要です。

    <本人確認書類(身分証明書)>

  • 運転免許証
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証 など

希望する利用限度額がアイフル単体で50万円を超える、もしくは他社との借入額の総額が100万円を超える場合は、次のような収入証明書類の提出も求められます。

収入証明書の画像

    <収入証明書類(所得証明書)>

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書
  • 確定申告書 など

アイフルでお金を借りる方法は?振込やATMなど選び方を確認

申込み、審査、契約が完了したら、いよいよ借入れができるようになります。アイフルでは借入れの方法も自分の都合で選択可能です。

それぞれの特徴や選び方についてみていきましょう。

アイフルでお金を借りる4つの方法

アイフルホームページ借り入れ方法

引用元:アイフル公式ホームページ「お借入方法」


アイフルのホームページでは「振込」「スマホアプリ」「アイフルATM」「提携先ATM(コンビニ/銀行)」の4つの借入方法が照会されています。ひとつずつ「どういう人におすすめなのか」という観点で解説します。

借入方法1 振込

「振込」による借入れは、「手元にすぐ現金(お札や硬貨)が必要なわけではない人」におすすめです。

たとえば、クレジットカードなどの引き落とし期日に口座の残高が足りず、カードローンでお金を借りる場合は、「口座にお金を入れられればよい」のであって、現金としてのお金が手元に必要なわけではありません。

このようなケースでは、指定した自分の口座に振り込んでもらう借入方法が向いているといえるでしょう。カードレスOKで、手数料もかからず、土日や深夜でも利用ができとても便利です。

一言アドバイス

  • アイフルの振込融資は、「Webの会員サービスで予約」か「電話で予約」することで利用できます。特にWeb予約は24時間受け付けてもらえます。ただし金融機関によって振込可能時間が異なり、土日・深夜の振込に対応していないケースもあります。その場合はWeb・電話ともに、当日中に振込を受けるには平日の14時までに予約を完了しておきたいところです。その時間を過ぎた場合は翌営業日の振込になることもあるので、気を付けましょう。

借入方法2 スマホアプリ

「スマホアプリ」による借り入れは、「ローンカードを持ちたくないけど、ATMで現金を借り入れたい」という人におすすめです。

「財布の中のカード類を増やしたくない」「カードを誰かに見られて利用がバレるのを避けたい」といった理由で、ローンカードを持ちたくないという人もいるでしょう。

しかし必要な時にすぐ現金を借り入れできるATMは利用したい、というときに便利なのがスマホアプリによる借入れです。

アイフルのアプリをスマホにダウンロードすれば、カードがなくても全国のセブン銀行ATMとローソン銀行ATMからが借り入れが可能です。

セブン銀行のATM

一言アドバイス

  • スマホアプリによる借り入れはATMの利用手数料がかかりますが、土日や深夜を含む24時間の借り入れが可能です。

借入方法3 アイフルATM

「アイフルATM」での借入れは、「手数料をかけずにATMで現金を借り入れたい」という人におすすめです。

ATMでの借り入れはすぐに現金を手元に引き出せるので便利ですが、利用するたびに手数料がかかるのがネックです。その点、アイフルATMは土日・祝日も含めて手数料無しで借入れができるメリットがあります。

ただし提携ATMに比べて台数が限られ、自分にとって使いやすい場所にあるとは限りません。また、利用時間も7:00~23:00など区切られていて、24時間ではありませんので注意が必要です。

借入方法4 提携先ATM

コンビニや銀行などの「提携先ATM」での借り入れは、「とにかく身近にあるATMですぐに現金を借り入れたい」という人におすすめです。

提携先ATMにはセブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行 三菱UFJ銀行などがあり、全国各地の身近なところで利用が可能です。

借り入れには次の表のように手数料が発生してしまいますが、原則24時間365日借り入れができるところも魅力です。(店舗によっては利用時間が異なることもあります)

アイフルの提携先ATM手数

取引金額 手数料(借入/返済ともに)
1万円以下 110円(税込)
1万円超 220円(税込)

一言アドバイス

  • アイフルでは、有人・無人の店舗での借り入れはできません。上記4つの借入方法から選ぶようにしましょう。

アイフルをバレずに利用するための6つの対策!電話による在籍確認はなし

カードローンを利用するときに気になるのが「周りにバレてしまわないか」ということ。中でも、職場に電話がかかってくる在籍確認を心配している人は多いはず。

その点、アイフルは「バレたくない」という利用者のニーズに配慮をしてくれています。その人の返済能力を判断するうえで在籍確認そのものをなくすことはできませんが、原則自宅や勤務先への電話連絡は行っていません。ホームページでも明言されています。

アイフルホームページよくある質問の画面

引用元:アイフル公式ホームページ「よくあるご質問」


ではどのように在籍確認を行うかというと、会社などに勤めていることを証明できる書類の提出で確かめています。

具体的には、会社の健康保険証や給与明細書などです。書類が用意できない場合など、電話連絡が行われるケースもありますが、初めから電話ありきではないところがうれしいですね。

また、他にも職場への在籍確認なしのカードローンがあります。

書類と社員証

このほか、アイフルを利用する上で周囲にバレないための工夫ポイントがいくつかあります。ひとつずつ紹介していきましょう。

1 郵送物が届かない設定にする

家族にバレてしまう原因のひとつが、自宅に届く郵送物。契約手続き完了後の書類や利用明細を紙で受け取るように設定していると、家にアイフルからの郵送物が届き、万一中身を見られると利用バレてしまう可能性があります。

契約時に、家に郵送物が届く設定になっていないか確認しましょう。

2 カードレスにする

アイフルはローンカードなしでも借入れ・返済ができます。カードが見つかってバレるリスクを避けたいなら、カードレスを選ぶのもひとつの方法です。ただし、スマホアプリを利用しても画面を見られてしまっては元も子もないので、注意しましょう。

3 携帯電話の番号で申し込む

アイフルでは原則自宅や職場への電話連絡はありませんが、可能性はゼロではありません。申込みの際に連絡先の電話番号を携帯番号にしておけば、ひとまず自分だけに電話がかかってくるのでカードローン利用が周りにバレるリスクを小さくできます。

4 振込融資を利用する

振込融資を利用すれば、ATMを使っているところを誰かに目撃される心配がありません。ただし通帳には取引内容が印字されるので、家族で通帳を共有している場合などは注意が必要です。

5 借り入れ・返済の際にATMを利用する

通帳に記録を残したくないのであれば、ATMを利用することになります。誰かに目撃される可能性もありますが、コンビニなどの提携ATMなら普通預金の引き出し・入金をしているだけと説明もできるので、バレる心配は低いといえるでしょう。

6 延滞をしない

1〜5の対策を実行しても、返済が遅延してしまうと自宅に電話がかかってきたり郵便物が届いたりすることがあります。借入れの返済はきちんと行う、万一どうしても遅れそうというときは必ずアイフルに一報を入れる、といった対応を取るようにしましょう。

アイフルにはおまとめローンと借り換えローンがある

アイフルで借り入れることのできるローン商品には「おまとめローン」「借り換えローン」と呼ばれる種類のものもあります。

これらは、すでに他社から借入れがある人向けの商品で、ローンの借入先を変更したり一本化したりすることで利用者の負担を軽くするためのものです。

しかし「おまとめ」と「借り換え」の2種類のローンは似ているようで、厳密には違いもあります。まずはその差から確認していきます。

おまとめローンと借り換えローンとは?違いを解説

どちらも「月々の返済金額を減らす手段」として活用されるローンですが、実際にはどのような違いがあるのでしょうか。次の表にまとめてみました。

おまとめローン 借り換えローン
使う商品 おまとめローン専用商品 A)通常のカードローン
B)借り換えの専用商品
商品内容 複数の借り入れをまとめる A)純粋にカードローン会社を乗り換えるだけ
B)複数の借り入れをまとめる、または年収の3分の1を超えてしまった借り入れの返済にあてる
メリット ・複数のローンを利用しているのに比べて、返済期日や返済金額の管理が楽になる
・毎月の返済金額を減らせる可能性もある
A)より貸付条件のよいカードローンに乗り換えられれば、金利が低くなったり限度額が上がったりする可能性がある
B)負担が大きくなりすぎてしまった債務の返済の助けになる
デメリット 追加の借り入れができない A)他社で初めから審査を受け直す必要がある
B)追加の借り入れができない
総量規制 総量規制の「例外貸付け」となり、審査に通れば年収の3分の1を超える金額を借りられる A)総量規制の対象になる
B)総量規制の「例外貸付け」となり、審査に通れば年収の3分の1を超える金額を借りられる

このように、まず借り換えローンには2つの意味があることがわかります。

A)単にカードローン会社を乗り換える
→X社の借り入れを、Y社で新たに借りたお金で返済する

B)借り換え専用のローン商品を利用する

このうちBは総量規制の「例外貸付け」となり、おまとめローンと同じように複数社の借り入れや、年収の3分の1以上に膨らんでしまった借り入れの返済にあてることができます。おまとめローンと違うのは、すでに借り入れている先が1社でも利用できるところです。

一言アドバイス

    おまとめローンの専用商品と、借り換えローンの専用商品(上の表のB)には、共通して次のような注意ポイントがあります。

  • 審査に通過しないと利用できない
  • 追加の借り入れはできない
  • 月々の返済金額を減らすなど、条件によっては返済総額が高くなる可能性がある

  • 特に毎月の返済金額と返済総額については、事前にシミュレーションをするなどして、どちらを優先するのか確認しておくとよいでしょう。

アイフルの「おまとめMAX」と「かりかえMAX」について

アイフルでは、おまとめローンと借り換えローンについて、それぞれ専用商品として「おまとめMAX」「かりかえMAX」を展開しています。どちらも専用商品のため総量規制の「例外貸付け」商品です。

アイフルホームページおまとめローンバナー

引用元:アイフル公式ホームページ「おまとめMAX・かりかえMAX」

「おまとめMAX」とはアイフルの利用者向けのおまとめローン専用商品

「おまとめMAX」は、すでにアイフルのローン商品を利用している人か、過去に利用したことがある人向けの、おまとめローン専用商品です。

他の消費者金融のカードローンや銀行のローンだけでなく、クレジットカードのリボ払いも対象。これらを「おまとめMAX」を利用することで一括返済し、その後はアイフルに対する毎月の返済に一本化します。

複数あった返済期日や返済金額の管理がなくなり楽になりますが、追加の借り入れはできないので急な出費への対応は難しくなります。

かりかえMAXとは新規の利用者向けの借り換えローン専用商品

「かりかえMAX」は、アイフルを利用したことがない人、初めて利用する人向けの借り換えローン専用商品です。

すでに他社で借り入れがある場合に、この「かりかえMAX」でまとめて返済することができます。対象は、こちらも消費者金融のカードローン、銀行のローン、クレジットカードのリボ払いなどです。

「かりかえMAX」も追加の借り入れはできません。また、アイフルが通常のカードローンを初めて利用する人に適用している「30日間無利息サービス」も「かりかえMAX」には適用されないので注意してください。

アイフルの返済方法は全部で5つ!手数料無料の方法はATMか口座振替

アイフルでは、借入方法と同じように返済に関してもいくつかの方法が用意されています。借入方法にあった4つに「コンビニ」「口座振替(自動引落)」を加えた次の6つです。

アイフルホームページ返済方法

引用元:アイフル公式ホームページ「ご返済方法」


一言アドバイス

  • なお、「コンビニ」返済はファミリーマート内に設置されたマルチメディア端末「 Fami ポート(ファミポート)」での取り引きとなりますが、この方法は2022年3月31日で終了するとのことです。それ以降は返済方法が5つになるので注意しましょう。

自分のライフスタイルにマッチした利用しやすい返済方法を選ぶのが一番ですが、6つもあると迷ってしまうこともあると思います。ここでは、返済に関する主なニーズ別に、おすすめの返済方法をまとめてみました。

手数料をかけずに返したいなら
→アイフルATM、口座振替

土日・深夜も含めて空いた時間に返したいなら
→スマホアプリ、提携先ATM

期日に忘れず返したいなら
→口座振替

それぞれ詳しくみていきましょう。

手数料をかけずに返したいならアイフルATMか口座振替

返済するにあたって手数料をかけたくない、という人には「アイフルATM」「口座振替」がおすすめです。どちらも返済時の手数料が無料なので、返済回数を多く設定している人にはお得感があります。

一方、アイフルATMには「場所と利用可能時間が限られる」というデメリットがあり、口座振替も事前に登録手続きを済ませる手間がかかってきます。

土日・深夜も含めて空いた時間に返したいならスマホアプリか提携先ATM

自分の都合のいい時間を見つけてサクッと返済を済ませたい、という人には「スマホアプリ」「提携先ATM」がおすすめです。

スマホアプリはセブン銀行・ローソン銀行のATMでの返済となり、24時間365日の利用が可能です。提携先ATMはその提携先によって営業時間に違いはありますが、24時間対応のATMもあります。

一方で、これらの方法は返済時に手数料が発生するので頭に入れておきましょう。また「アイフルATM」での返済は、土日は対応していますが深夜は営業していませんので注意が必要です。

期日に忘れずに返したいなら口座振替

返済期日に必ず遅滞なく返したい、という人には「口座振替」がおすすめです。

口座を登録する手続きに手間と時間がかかるデメリットもありますが、一度設定されれば確実に返済額が自動で引き落とされるので忘れる心配がありません。

いちいちコンビニやATMのあるところまで足を運ぶ必要もないので、返済日も普段通りに自由に過ごすことができます。

一言アドバイス

  • 口座振替では返済額の二重払いにも注意しましょう。引き落とし日に口座にお金が入っていないことに気づいてATMなど別の方法で返済したのに、後日口座残高が回復したタイミングで口座からもお金が引き落とされてしまうケースがあります。このような二重払いに気づいたら、アイフルのコールセンターに連絡しましょう。

アイフルで返済が遅れたらどうなる?ペナルティについて解説

万が一、アイフルへの返済が遅れてしまうとどうなるのでしょうか。

この場合、遅延損害金というペナルティが発生します。遅延損害金は年20.0%という高い利率でアイフルの返済期日の翌日から発生し、支払いが遅れるほど増えていってしまいます。

返済がどうしても遅れる場合は、まずこちらからアイフルへ電話し連絡するようにしましょう。状況によっては、返済期限などについて相談に応じてもらえることがあります。

アイフル

アイフルのバナー
実質年率 年3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
審査時間 最短25分
融資時間 最短25分※

※Web申し込みの場合

特長

  • Web申し込みなら最短25分融資
  • Webからの申込後、専用電話への連絡で優先的に審査を開始

この記事のまとめ

この記事では、アイフルのカードローンについて、会社やサービスのスペックから申し込み・借り入れ・返済の具体的な方法まで、ご紹介してきました。

他社のカードローンとの比較なども通して、アイフルならではの、他にはない特有のメリットもいくつか見出すことができました。

なるべく早く融資を受ける、周囲にバレずに借り入れをする、時間と手間をかけずに申し込みや返済を行う、といったノウハウの部分も参考に、自分にピッタリの「アイフルの使い方」をぜひこの記事で見つけてみてください。

監修者 監修者

飯田 道子

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)

飯田 道子

金融機関勤務を経て1996年にFP資格を取得。家計の見直しや貯蓄、各種ローンなどを専門分野とし、各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などを行う。著書に『宅建資格を取るまえに読む本(総合資格)』、『 これ1冊で安心! 介護保険のしくみ・使い方・お金のすべて(ナツメ社)』などがある。
【保有資格】
1級ファイナンシャル・プランニング技能士証券外務員Ⅱ種宅地建物取引士合格者福祉住環境コーディネーター2級整理収納アドバイザー1級

アイフルの記事一覧

時間アイコン22.10.26

アイフルのおまとめローンの審査は厳しい?メリット・デメリットを解説

アイフルのおまとめローン

時間アイコン22.12.08

アイフルの在籍確認は原則電話なし!職場や家族にバレない借入の方法

アイフルの在籍確認は職場に電話が掛かってくる?原則電話連絡なし

時間アイコン22.11.29

アイフルの審査は厳しい?審査基準や審査結果が来るまでの流れを解説

アイフルの審査は厳しい?審査基準や審査結果が来るまでの流れを解説

時間アイコン22.10.26

アイフルで増額したいなら!申込方法や審査通過のポイント総まとめ!

no-image

TOP