保険代理店での営業ってどんな仕事?年収や活かせる経験とは

代理店の保険営業の仕事内容や年収、活かせる資格や経験を紹介!

保険代理店での営業ってどんな仕事?年収や活かせる経験とは

保険代理店の営業は、顧客の人生に大きくかかわる魅力的な仕事です。

しかし「代理店の営業」と聞いても、仕事内容をイメージしにくいと感じる人もいるのではないでしょうか。

代理店の業務は、営業の仕事内容に対する理解が重要です。

本記事では、保険代理店の営業がどんな仕事をしているか、平均年収、活かせる資格・経験を解説します。

保険代理店の営業に興味がある人は、ぜひご参考にしてください。

保険代理店での営業ってどんな仕事内容?

保険代理店での営業ってどんな仕事内容?

ここでは、保険代理店の営業が行っている仕事について、以下の項目に分けて紹介します。

  • 保険代理店の業務内容
  • 一社専属か乗合かによっても仕事内容は異なる

保険代理店営業の業務内容

保険代理店営業の主な業務内容は、以下の通りです。

  • 保険の相談や提案
  • 保険金請求手続きのサポート

保険の相談や提案

保険の相談や商品提案は、保険代理店の営業に重要な業務です。

保険契約を検討している人からの相談に応じて、条件に適した商品をおすすめします。

ただし保険契約を普段から必要に感じている人は、決して多くありません。

保険代理店の営業はヒアリングを通じて、最適な商品を判断し、提案する必要があります。

保険は契約して終わりではなく、顧客のライフステージが変化すれば補償内容も少しずつ変更していく考え方が大切です。

保険の契約期間は年単位が多く、補償内容を都度変更するには、顧客と良好な関係を長期間築いていく必要があります。

相談や提案活動を親身になって続ければ、契約が満期を迎えた際に「またこの代理店と契約しよう」と思ってもらいやすいでしょう。

保険金請求手続きのサポート

保険代理店における営業の仕事には、保険金請求手続きのサポートも挙げられます。

顧客より保険金請求の連絡を受け、必要な書類を準備して保険会社に請求するサポートを行います。

保険金請求の流れについて、多くの顧客は不慣れに感じているでしょう。

保険金請求書の書き方や提出先など、具体的な手続き方法までを理解している人は少ないと言えます。

しかし事故や病気の際は資金に困るケースが多く、早期支払いが求められます。

保険代理店の営業が親身になってサポートすれば、保険会社とのやり取りがスムーズです。

支払いを円滑に問題なく進めるために、代理店の営業が重要な役割を果たしていると言えるでしょう。

一社専属か乗合かによっても仕事内容は異なる

勤務先の代理店が「一社専属」「乗合」のいずれかによって、営業の仕事内容は異なります。

一社専属と乗合の違いは、以下の通りです。

一社専属 契約している保険会社が1社のみ
乗合 契約している保険会社が複数社

一社専属の場合、営業が把握すべきなのは契約している1社の商品情報のみです。

覚えるべき商品知識は少なく、提案の内容は限定的だと言えます。

限られた商品の中で顧客から選ばれる商品を提案するには、高い営業力が必要です。

一方で乗合の場合、営業は複数の保険会社が扱っている商品から顧客に合わせた提案が可能です。

覚えるべき情報は多いものの、顧客のニーズに合わせた提案がしやすいと言えます。

保険営業の平均年収はどれくらい?

保険営業の平均年収はどれくらい?

厚生労働省のデータによると、保険代理店における営業の平均年収は469.2万円です。

出典:厚生労働省職業情報提供サイトjobtag「保険営業(生命保険、損害保険)」

また、年代別の平均年収は以下の通りでした。

年代 平均年収
20~24歳 294.74万円
25~29歳 386.93万円
30~34歳 382.29万円
35~39歳 407.45万円
40~44歳 465.65万円
45~49歳 545.82万円
50~54歳 473.72万円
55~59歳 578.95万円
60~64歳 516.19万円
65~69歳 477.7万円

出典:厚生労働省職業情報提供サイトjobtag「保険営業(生命保険、損害保険)」

上記を見ると、年収は50代の前半にピークを迎えると分かります。

また、2022年分の国税庁「令和4年分民間給与実態統計調査」によると、給与所得者における平均給与は458万円でした。

上記を踏まえると、保険営業の年収水準は平均以上だと考えられるでしょう。

ただし、保険代理店における営業の給与は「基本給+歩合給」で構成されている場合が多いと言えます。

年収アップには実力をつけて成果を出していく必要があると理解しておくのが重要です。

出典:国税庁「令和4年分民間給与実態統計調査」

活かせる資格や経験

活かせる資格や経験

ここでは、保険代理店の営業に活かせる資格や経験について解説します。

保険代理店の営業に活かせる資格

保険代理店の営業に活かせる資格には、以下が挙げられます。

  • ファイナンシャルプランナー
  • 生命保険募集人試験
  • 損保一般試験

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、資産計画を総合的に構築・提案できる能力を証明する資格です。

ファイナンシャルプランナーの資格を持っていれば、保険に限らず投資や税金など総合的な資産運用のアドバイスができます。

お金の悩みについて幅広く相談を受けられるので、顧客からの信頼を得やすいでしょう。

生命保険募集人一般試験

生命保険募集人一般試験は、生保(生命保険)の商品を提案・販売するために合格しておく必要がある試験です。

生保の基礎知識を身につける目的で実施されており、基本的な知識が問われます。

ただし初めて勉強する場合には聞きなれない言葉も多く出てくるので、短時間の勉強で合格するのは難しいでしょう。

生命保険募集人一般試験は、損害保険会社の承認を得た人が対象になります。

受験するタイミングは代理店への入社時になるケースが多いため、早いうちから過去問や参考書で勉強しておくとスムーズです。

損保一般試験

損害保険募集人一般試験は、損保(損害保険)の商品を提案・販売するために合格が必要な試験です。

損保の商品に関する正しい知識を持っているか確認する試験であり、自動車保険や火災保険などの基本的な知識が問われます。

損保一般試験の受験も、生保と同様に代理店への入社時になるでしょう。

しかし損保が扱う商品は幅広いので、あらかじめ勉強しておくとスムーズに資格取得から仕事へ進めます。

保険の代理店営業に活かせる経験

保険代理店の営業に活かせる経験としては、以下が挙げられます。

  • 販売や接客の経験
  • 金融業界の経験
  • 保険加入や請求経験

販売や接客の経験

販売や接客の経験は、保険代理店の営業に活かせます。

顧客に契約してもらうためには、信頼関係を築かなくてはいけません。

信頼関係を築くには、相手のニーズをくみ取ったうえで対応する必要があります。

保険商品は無形であり、必要な補償に自分でも気づけない場合が多くあるためです。

ニーズをヒアリングで引き出し提案すると「理解してくれている」と顧客に感じてもらえます。

業界を問わず販売・接客の経験があれば、ヒアリングや提案活動などに役立つでしょう。

金融業界の経験

金融業界で働いた経験も、保険代理店の営業には活かせます。

金融商品に対して一定の素養があれば、新しく商品について学ぶ際もスムーズになるからです。

自己管理方法や計画の立て方など、金融業界の働き方に慣れているだけでも強みだと言えます。

資産の運用や形成など、抱える悩みはさまざまでしょう。

保険だけでは解決しにくい経済的事情を抱える顧客に対して、幅広い観点からアドバイスできれば、信用を獲得しやすいと言えます。

保険加入や請求経験

保険加入や請求経験があるだけでも、保険代理店の営業には活かせます。

保険加入手続きを取った経験があれば、契約の流れを実感しやすいでしょう。

保険金を請求した経験があれば、契約の重要性について実感をともなって説明できます。

契約や支払いについて具体的なイメージを持っているだけでも、就職後スムーズに仕事を始められるのです。

まとめ

まとめ

保険代理店の営業における主な仕事内容は、商品の提案や請求手続きのサポートなどです。

歩合制の給与形態をとっている代理店が多く、成果を出せば年収を上げられます。

ファイナンシャルプランナーやその他の資格を取っておくと、保険代理店の営業に役立てられるでしょう。

販売・接客の経験や金融業界で働いた経験も、仕事に役立ちます。

保険契約や保険金請求の経験があるだけでも、代理店での業務には役立つと言えるでしょう。

関連記事Related article

フッターバナー