保険の営業に向いている人の特徴8選!活かせる経験も紹介【転職前に要確認】

保険営業に向いている人の特徴8選!活かせる経験や、メリット・デメリットも解説

保険の営業に向いている人の特徴8選!活かせる経験も紹介【転職前に要確認】

「自分は保険営業に向いている人なのだろうか?」

「保険営業でやっていけるのか不安」というお悩みはありませんか?

保険営業には向き不向きがあるため、事前に仕事内容を確認したうえで求人に応募する必要があります。

本記事では、保険営業に向いている人の特徴を8つご紹介します。

保険営業に興味のある人や向いている人の特徴を知りたい場合は、ぜひ参考にしてください。

保険営業に向いている人の特徴8選

保険営業に向いている人の特徴として、8つの内容を解説します。

  • 論理的思考ができる
  • 心身のタフさがある
  • 常に自ら学べる
  • 高収入を目指している
  • 人と接することが好き
  • 人間的な魅力がある
  • ルールや規則を守れる
  • お金の無駄遣をいしない

以上のように、保険営業に向いている人にはさまざまな特徴があります。

自身が保険営業に向いているか確認し、転職への参考にしてください。

① 論理的思考ができる

保険営業に向いている人の特徴として、論理的思考力が挙げられます。

保険業界で成功するためには、顧客のニーズや問題点を正確に理解したうえで、適切なプランの提案が求められます。

顧客からの信頼を得るためには、情報を整理・分析し、論理的に物事を組み立てる能力が必要です。

たとえば、顧客が直面するリスクを予測し、適切な提案をする際は論理的思考が重宝されます。

提案内容の理由や根拠を順序立てて顧客に話す必要があるため、論理的思考が必要です。

論理的に物事を考えるのが苦手な人は、保険営業に向いてないと考えられます。

論理的思考は後天的に身につけられるため、スキルを磨いて適した人材を目指しましょう。

② 心身のタフさがある

保険営業の仕事は精神的、そして肉体的なタフさが重要です。

保険営業の仕事には、下記のように負担の大きい仕事があります。

  • 新規顧客開拓
  • 提案
  • 契約書類の準備
  • 契約後のアフターフォロー
  • 契約更新の提案

ときには厳しいノルマや、高い営業目標などを課せられるケースも考えられます。

顧客と接客する際には、理不尽な言葉をかけられる場面もあるでしょう。

保険営業には、顧客からの断りを受け続けることに直面しても、決してくじけずに前向きに取り組む精神力が必要です。

さらに、営業活動に伴う長時間労働や頻繁な移動は体力も消耗します。

心身の両面でタフであることが、厳しい状況下でも最高のパフォーマンスを出すポイントです。

③ 常に自ら学べる

保険営業の仕事で成果を出すには、常に最新の情報を取り入れ自ら学び続ける姿勢が必要です。

保険商品に含まれる内容は常に変化し続けているため、関連法律や制度も変更される場合があります。

保険営業の仕事を続けるには、自分から積極的に情報を収集し、常に最新の知識を身につけて顧客から信頼を獲得しなければなりません。

会社によっては入社の際に生命保険募集人やファイナンシャルプランナー、投資診断士などの関連資格の取得が必要です。

生命保険と損害保険で保険商品が異なるケースもあるため、職種に応じて以下などの知識を身につける必要があります。

  • 関連法律や制度
  • 営業スキル
  • マーケティング
  • 資格取得

さまざまな分野について自ら学べる人は、保険営業に向いています。

④ 高収入を目指している

保険営業の仕事は、高収入を目指している人にも向いています。

多くの保険会社では、成果に応じて報酬が上がるインセンティブ制度を採用しています。

インセンティブ制度がある会社の場合、自分自身の努力と工夫次第で収入を大幅に増やせるので、やりがいや成果主義の人におすすめです。

「収入を増やしたい」という目標や意志がある人は、成果に対する評価が明確なインセンティブ制度がある会社なら、高いモチベーションで働けるでしょう。

⑤ 人と接することが好き

保険営業は顧客と直接対話する機会が多いため、人と接することを楽しめる人に向いている仕事です。

コミュニケーション能力を向上させれば、顧客との信頼関係を築きやすくなります。

信頼関係が構築し、顧客の問題に寄り添うことを心がけましょう。

人と接することが好きな人は、コミュニケーション能力の向上にも前向きに取り組める可能性が高いため、保険営業に向いています。

⑥ 人間的な魅力がある

人間的な魅力がある人は、顧客から好感を得やすいため、保険営業に向いています。

誠実さや親しみやすさは人間的な魅力であり、身につけていると顧客から信頼を得やすくなります。

「お客様の役に立ちたい」という気持ちは、顧客にも伝わるものです。

顧客との関係を深められれば、リピートや紹介の機会も増えるでしょう。

新規顧客の獲得においても、人間的な魅力があれば第一印象で顧客が引き込まれて契約の獲得などに有利に働きます。

⑦ ルールや規則を守れる

多くの法律や規制がある保険業界では、仕事や接客時のルールを守れる意識が求められます。

適切な保険の勧め方を理解して顧客に信頼されると、長期的な顧客関係の構築にも繋がりやすくなります。

保険営業は保険業法や金融商品取引法、特定商取引法など、さまざまな法律を積極的に学習し、遵守する意識が求められる仕事です。

無駄遣いしない

保険営業は経費を自分で負担しなければならないケースが多く、給料を計画的に使う必要があります。

また、保険会社との契約形態が業務委託(個人事業主)の場合、給与は完全歩合制のため、基本給の支給がありません。

正社員であってもインセンティブの要素が強く、基本給が低い場合もあります。

収入が安定しないときに無駄遣いをしてしまうと、生活が苦しくなる可能性があります。

給料をすべて使ってしまう人は、保険営業に向いてない可能性が高いです。

経費や生活費の収支計画を立てて、適切な場面でお金を使うように意識しましょう。

保険営業で活かせる経験

保険営業では、今まで培ってきた下記に関連するスキルや経験を活かせます。

  • 接客業の経験
  • 金融業界で働いた経験
  • 営業経験(業種不問)
  • マーケティングの実務経験
  • 案件やプロジェクトにおいてリーダーを務めた経験

以上の経験が保険業界に活かせる理由を解説します。

接客業の経験

接客業の経験は、顧客とのコミュニケーションや課題解決に活かせる可能性があります。

契約や見込み顧客の紹介をしてもらうためには、信頼関係の積み重ねが重要です。

接客経験があると顧客のニーズを理解して提案する能力も養えるため、保険商品の紹介や提案に活かしやすくなります。

金融業界の経験

銀行や証券会社といった金融業界での実務経験があると、保険商品に関連する一定以上の知識を証明しやすくなり、業界内でスムーズに営業活動ができます。

既に金融関係の資格を持っている人であれば、より専門的な提案ができるでしょう。

金融商品の理解やリスク管理の知識があると、保険商品の提案において大きな強みとなります。

顧客の財務状況を総合的に評価し、適切な保険プランを提案する能力も、転職活動において存分に活かせる強みです。

業種を問わず営業経験

他業種での営業経験は、保険営業でも活かせる経験です。

営業経験がある人は、目標達成志向が強かったり、自己管理能力が高かったりするケースが多いため、保険営業の厳しい目標にも挑戦しやすいでしょう。

クロージング技術や交渉スキルなども備わっている場合、顧客との契約成立までスムーズに進められます。

長期的な顧客との関係を築くうえで、過去の営業経験は大いに役立ちます。

マーケティング部門の経験

マーケティングの経験は、ターゲット市場の分析や顧客ニーズの把握に役立ちます。

保険営業の仕事では、顧客のライフスタイルやリスクを確認し、適切な保険商品の提案を行うスキルが重要です。

マーケティングスキルを活かせれば、分析力を活かして効果的な戦略を立てられます。

マーケティング業務の一部であるプロモーション活動や顧客獲得のためのキャンペーン企画の経験も、保険営業で活かせるスキルです。

リーダー経験

チームのリーダーやプロジェクト管理の経験がある人は、保険営業でもリーダーシップを発揮できる可能性が高いです。

保険代理店や営業チームを管理する際には、チームをまとめ目標達成に導く能力が求められます。

リーダーや管理職の経験は、課題解決能力やチームコミュニケーションの強化、モチベーションの向上にも役立つため、営業成績の向上につながります。

主な仕事内容

保険営業は、顧客に保険商品を提案して契約手続きを行います。

保険営業の具体的な仕事内容は、以下の通りです。

  • ニーズのヒアリングや提案を目的とした顧客の自宅や職場への訪問
  • 契約手続きなどの事務作業
  • 既存顧客の加入状況の管理と見直し時期の把握
  • 新規顧客の開拓や既存顧客のフォロー(営業活動)

営業活動では、飛び込み営業やテレアポによるアプローチなど、地道な行動の積み重ねが必要です。

なお、生命保険と損害保険では取り扱う保険商品や仕事内容に多少の違いがあるため、就活の際は求人内容や募集要綱などを確認して、応募しましょう。

保険営業になるメリット・デメリット

保険営業になるメリットとデメリットを紹介します。

メリット・デメリットを比較し、転職や就職を検討しましょう。

メリット

保険営業になる主なメリットは以下のとおりです。

  • 他業種でも活かせるスキルが身につく
  • 金融知識が身につく
  • 高収入を目指せる
  • 外資系の保険会社なら海外事業に挑戦できる

保険営業になると、多彩なスキルを身につけやすくなります。

特に専門知識を必要とする保険商品の販売では、顧客を納得させる交渉力が必要です。

実績が上がれば高収入を獲得でき、責任のあるポジションにつきやすくなります。

保険業界の仕事における経験年数が長ければ長いほど、金融系の知識が身につきやすくなるため、専門性の高いスキルも習得可能です。

外資系の保険会社であれば、海外でのキャリアを視野に入れられるため、グローバルな仕事に挑戦する夢も広がります。

デメリット

保険営業マンになる主なデメリットは、以下の通りです。

  • 離職率が高い
  • 休みを取りづらい

保険営業マンにはノルマがあったり、顧客からのクレームに対応したりなど、心身的な重労働から離職率が高くなっています。

基本的に顧客の予定に合わせて行動するケースも多いため、固定の休みを取りづらいケースもあります。

保険営業の仕事は高収入を得られる一方で、心身に負荷がかかりやすいのも理解しておきましょう。

まとめ:向いている人の特徴

保険営業は論理的思考や心身のタフさなど、さまざまな要素が求められる職種です。

保険営業の職種に挑戦したい人は、向いている人の特徴を今一度確認し、自分に合う仕事かどうかを検討しましょう。

接客業や金融業界などの経験があれば保険営業に活かせるので、自分自身のキャリアを振り返り、転職後の将来像を考えるのがおすすめです。

保険営業の仕事内容、メリットやデメリットを総合的に判断したうえで、挑戦するか否かを検討しましょう。

フッターバナー