保険営業はなぜ女性が多い?セールスレディの働き方や将来性を紹介!

保険営業に女性が多い理由、働き方、やりがいや将来性について解説

保険営業はなぜ女性が多い?セールスレディの働き方や将来性を紹介!

保険営業に女性のイメージが強いのは「セールスレディ」「生保レディ」の単語を聞いた経験があるからでしょう。

実際に求人広告でも女性が活躍が注目されていて、仕事と子育てとを両立しやすい環境です。

女性にメリットが多いと感じやすい仕事なので、女性が保険営業に就職・転職を考えている人も少なくないでしょう。

本記事では保険営業に就職・転職する女性が多い理由を紹介します。

実際に転職した人の働き方や仕事内容、年収の他、保険営業の将来性についても触れていますので、保険業界への就職や転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

保険営業に就職・転職する女性が多い理由は?

保険営業に就職・転職する女性が多い理由は?

保険営業に就職、または転職する女性が多い理由は、以下の理由が考えられます。

  • 女性ならではのコミュニケーションスキルを営業で活かせるから
  • 働き方の自由度が高いから
  • 女性も長く続けやすい環境だから
  • 頑張り次第で女性も稼げる業界だから

女性ならではのコミュニケーションスキルを営業で活かせるから

保険営業に転職する女性が多い理由としては、女性特有の高いコミュニケーションスキルを活かせることが挙げられます。

男性は「情報」を共有してコミュニケーションを図るのに対し、女性は相手の「感情」に寄り添ってコミュニケーションを図る傾向があります。

そのため、ささいな会話の中で将来に対する不安やお金の悩みを上手に引き出し、営業としての成果を上げていけるでしょう。

また「マイナビウエディング」の調査によると、半数近くの女性が家計の管理をしているというデータが出ています。

つまり、女性は自分の家計管理の実体験を交えながら話せるのです。営業トークにも説得力が増し、顧客獲得に繋がりやすくなります。

マイナビウエディング
https://wedding.mynavi.jp/contents/press/detail/post-83/

働き方の自由度が高いから

働き方の自由度が高いのも、保険営業に転職する女性が多い理由のひとつです。

保険営業は正社員として会社に属する他、会社と業務委託契約を結び、個々で成績を上げて報酬を得る「個人事業主」として働く場合もあります。

会社の雇用契約内容にもよりますが、毎月の固定給に加え、営業成績に応じたインセンティブが加算される所が多いでしょう。

個人事業主は休日や働く時間を自分の裁量で決められます。

休むのも早退するのも自由なので、子供の学校行事や急病時でも自由に動けるようになります。

つまり、自由度の高さから、就職や転職で保険営業を選ぶ女性が多いのです。

女性も保険営業として長く続けられる環境だから

保険営業は数多くある職種の中でも、将来性や安定性が高いと評価される業種です。

実際のところ、生命保険などの必要性を感じない人も一定数いますが「公益社団法人 生命保険文化センター」の調査によると、調査対象の約8割の人が加入しています。

生命保険をはじめ、医療保険やがん保険、損害保険など、保険の種類も多岐に渡ります。

つまり、保険業界はすぐに衰える可能性は低く、安定志向の強い女性が転職しやすい職種の一つと言えます。

公益社団法人 生命保険文化センター
https://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/1221.html

頑張り次第で女性も稼げる業界だから

頑張り次第で女性でも稼げる保険営業は、転職市場でも人気の高い仕事です。

先述した通り、保険営業は生保会社と業務委託契約を結び、個人事業主として報酬を得る流れが大半です。

報酬には契約を上げた分だけのインセンティブが支給される会社が多く、限られた時間でも稼げる点が家事育児と両立を目指す女性には魅力に感じるでしょう。

保険営業で支給されるインセンティブには上限がなく、頑張り次第では女性も年収500万円以上も実現可能です。

つまり、子供をひとりで育てるシングルマザーにとってありがたい環境が整いやすいので、就職や転職で保険営業を選択する女性が多くなっているのです。

セールスレディに転職した人の働き方

セールスレディに転職した人の働き方

セールスレディとも呼ばれる保険営業ですが、セールスレディ未経験の場合、どのような仕事内容なのか、実際にどのくらい稼いでいるのか気になる人も多いでしょう。

以下では、セールスレディの働き方について解説します。総合的に見ながら就職や転職時の判断材料にしてみてください。

  • 保険会社の種類
  • 生保営業の女性の仕事内容
  • 生保営業の女性の年収
  • 生保営業の女性の服装
  • 生保営業の女性の仕事の流れ

保険会社の種類

保険会社は「国内生命保険」「外資系生命保険」「損保系生命保険」の3種類に分かれます。

国内生保は日本国内の保険会社で、生命保険を主力商品としています。

日本で長年に渡り培ってきた実績があるため、安定した環境で働けるでしょう。

法人としては日本生命保険相互会社の他、第一生命保険株式会社、明治安田生命保険相互会社、住友生命保険相互会社などが該当します。

外資系生保は外国資本の生命保険会社です。

商品を自由に組み合わせられます。

プルデンシャル生命保険株式会社の他、アフラック生命保険株式会社、ジブラルタ生命保険株式会社があります。

損保系生保は損害保険会社系列の生命保険で、損害保険とセットで展開されているケースが大半です。

大同生命保険株式会社、東京海上日動火災保険株式会社などが該当します。

生保営業の女性の仕事内容

生保営業は、保険に関する相談や保険の契約締結が主な仕事内容です。

相手のライフプランを丁寧にヒアリングし、最適な保険を提案した上で契約手続きを行います。

他にも保険内容の見直しや問い合わせ対応などもあり、保険の支払いが生じた場合の対応も仕事のひとつです。

就職する会社によっては住所や名義変更などの事務手続きを行う場合もあります。

ただし、近年ではネットで申し込める保険も増えているため、顧客を訪問する機会は減少傾向にあります。

アフターフォローの手厚さや保険請求時の迅速さなどが求められるので注意しましょう。

生保営業の女性の年収

厚生労働省が公表している「職業情報提供サイトjobtag」によると、生保営業の女性の平均年収は447万円です。

固定給にインセンティブが加算され、年収が上がるケースがほとんどですが、インセンティブの金額は会社や条件によって異なります。

就職や転職を考えている場合、求人内のインセンティブの金額や条件もしっかりリサーチしましょう。

職業情報提供サイトjobtag
https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Occupation/Detail/453

生保営業の女性の服装

生保営業=華やかなイメージを持たれている人も多いでしょう。

しかし、女性でも派手過ぎる服装は好ましくありません。

万人受けする服装が望ましいとされており、ほとんどの保険会社ではスーツ着用を推奨しています。

スーツの色はネイビーやグレーなどのダークカラーがおすすめです。

女性らしさが際立つベージュや白はNGではありませんが、夏場は汗染みが目立つため要注意です。

ただし、会社によってはベージュや白などの明るい色のスーツを禁止している場合もあるため、事前に求人内容を確認しましょう。

生保営業の女性の仕事の流れ

生保営業で働く女性の1日の流れは以下の通りです。

9:00 朝礼
9:30 訪問の準備(資料やノベルティの準備等)
10:00 お客様との打ち合わせ
12:00 帰社してランチタイム
13:00 訪問の準備(資料やノベルティの準備等)
13:30 お客様との打ち合わせ
16:00 帰社してテレアポ
17:00 事務作業や翌日の準備
18:00 退社

顧客とのアポが取れている場合は、ほとんど事務所にいません。

アポが取れていない時間は事務作業やアポ取りを行います。

また、定期的に研修を実施している会社もあり、営業のロープレ講習や新しい保険商品の勉強会などで最新の情報をインプットします。

基本的に1日のスケジュールは営業個人の裁量に任されますが、保険契約が取れなければ休むのは難しいでしょう。

契約を次々取ってくる営業の場合、月初に契約を取り、後半にまとめて休むワークスタイルも実現可能です。

保険業界で働く女性のやりがいは?

保険業界で働く女性のやりがいは?

「保険業界はノルマがきつい」「成功している女性は一握り程度」などネガティブな評判も聞きます。

しかし、保険業界ならではのやりがいもあります。保険業界のやりがいを解説しますので、参考にしてみてください。

  • 顧客に信頼してもらえる
  • 保険の知識が身に付く
  • 努力が収入に直結する

顧客に信頼してもらえる

保険営業は無形商材と呼ばれる目に見えない商品を買ってもらわなければなりません。

保険の内容がお客様にとって魅力的であるかどうかはもちろん、それ以上に大切なのは営業の人柄です。

「あなたが担当してくれるから保険に入ります」と言ってもらえるだけで、大きな達成感を得られるでしょう。

保険が降りた際も「保険に入っていて助かった」と言われるのもやりがいポイントになります。顧客の人生に寄り添う感動も味わえます。

保険の知識が身に付く

保険の種類は生命保険以外にも種類が多く、深く考えずに保険に加入してしまう人も多いものです。

しかし、自分自身が保険を勧める側に立つうえでは商品知識を身に付けなくてはなりません。

最初は保険の内容を覚えるのに時間がかかりますが、仕事に真剣に向き合えば、自然と保険の知識が身に付くでしょう。

自分にも合った保険を見つけやすくなり、ライフプランの見直しにも役立ちます。

努力が収入に直結する

インセンティブが支給される場合に限りますが、頑張った分が収入に直結するため、モチベーションを維持しながら働けます。

一方で、結果が実を結ばなければ収入が減る場合もあります。

安定性を重視する人にはやや不向きに感じるでしょう。

ただし、上昇志向が強い人や高年収を目指している人はやりがいを感じやすい仕事です。

保険営業に就職・転職した女性の将来性

保険営業に就職・転職した女性の将来性

日本は生命保険大国といわれており、ほとんどの人が生命保険や医療保険などに加入しています。人口が減少傾向にある日本では新たな顧客の獲得は難しいでしょう。

中には顧客獲得の拡大を目指して、海外に進出する保険会社もあります。就職や転職を考えている場合、事業拡大に注力している求人を探すのもひとつの手段です。

また、介護保険や個人年金保険は、超高齢化社会に向けて注目されている保険です。商品アプローチで稼ぐのも手段のひとつになるでしょう。

就職・転職の参考に!一社専属と代理店の違いを比較

就職・転職の参考に!一社専属と代理店の違いを比較

保険営業には「一社専属」「代理店」があり、それぞれ特徴やメリット・デメリットが異なります。順番に詳しく紹介するので参考にしてください。

一社専属

「一社専属」とは、1社の保険会社のみで代理店契約を結ぶ契約です。例えば、明治安田生命に所属している場合、所属している会社の保険商品のみを販売します。

代理店

「代理店」とは、複数の保険会社と代理店契約を結びます。複数の商品から最適の保険を提案できるのが特徴で「ほけんの窓口」が代理店の代表的な例です。

一社専属と代理店の違い

一社専属 代理店
メリット インプットする知識量が限られるので覚えやすい 複数の商品から顧客に合う保険を提案できる
デメリット 顧客のニーズに合う商品が提案できない場合がある 多いと30社以上の商品を覚えなくてはならない

一社専属と代理店の違いは上記の通りです。

ひとつの会社の保険を極めたい人は一社専属、複数の保険商品をアプローチしたい人は代理店が向いています。

まとめ

まとめ

本記事では保険営業に女性が多い理由をはじめ、働き方ややりがいについて紹介しました。

女性ならではのコミュニケーションスキルの高さ、自由度の高い働き方などにより、保険営業は女性が多いと考えられます。

ほとんどの会社では業務委託契約を結び、個人事業主として顧客獲得を目指します。契約数に応じてインセンティブが支給されるので、上昇志向が強い人におすすめです。

ただし、インセンティブは会社によって金額が異なるので、就職や転職時には求人票をよく見るのが大切です。

保険営業のやりがいや女性営業の将来性なども考慮した上で、自分に合った保険会社を見つけましょう。

フッターバナー