保険営業でも休みは取れる会社はある?休暇が取りやすい会社TOP3をご紹介

保険営業でも休みはとれるのか、休暇が取りやすい会社を3つ紹介

保険営業でも休みは取れる会社はある?休暇が取りやすい会社TOP3をご紹介

「保険営業の仕事は希望した休みを取れるの?」

「家庭の事情で休める保険会社はないの?」

保険営業に就職しようか検討している人は、上記のような心配を抱えているのではないでしょうか。

本記事では、保険営業の休み事情について解説し、休みが取りやすい保険会社TOP3を紹介します。

保険営業の仕事に興味がある人、休みを重視して転職先を探している人はぜひ参考にしてください。

保険営業でも休みは取得できる

保険営業でも休みは取得できる
個人の成績次第にはなりますが、保険営業でも休みを取得できます。

お盆と正月だけが休みで、土日や祝日も勤務している保険営業が多いのも事実です。

たとえば個人事業主として働く場合、土日や祝日も働く人もいれば、効率よく成果を出して休みたい日に休みを入れるケースもあります。

一方で会社員の場合は土日や祝日に勤務していたら、振替休日を取得できるのが魅力的です。

しかし1人の会社員として保険営業に就職すると、会社からのノルマをプレッシャーに感じてしまうでしょう。

  • 個人事業主は休みたい日に休めるが成果次第になってしまう
  • 会社員は振替休日を取得できるが会社によってはノルマがある

どちらも休みは取得できる仕事であり、休みが取りやすい会社もあります。

休みが取りやすい保険会社については、本記事の後半で紹介するのでぜひ参考にしてください。

休みは会社の制度にもよる

休みは会社の制度にもよる
保険営業の休みは会社の制度によっても大きく異なり、以下のような特徴があります。

  • 土日も仕事が発生しやすい
  • 振替休日をもらえるのが原則
  • 個人事業主扱いだと休暇の取り方は自分次第

それぞれ詳しく見ていきましょう。

土日も仕事は発生しやすい

保険営業は土日も仕事が発生しやすいのが実情です。

個人のお客様を対象とする場合、土日にアポイントを取って提案するのがメインになります。

たとえば年末年始やお盆休みが、かえって繁忙期になってしまうケースもあります。

ほかにも会社によっては保険の契約数がノルマになり、達成しないと休めない雰囲気の会社もあるでしょう。

保険が売れない場合保険営業は夜遅くまで働き、土日も休めない場合があるのです。

振替休日をもらえるのが原則

保険営業では振替休日をもらえるのが原則ですが、顧客の都合に合わせた対応が求められるので、必ずしも自分のペースで働けるとは限りません。

たとえば、土日休みの顧客のために土日に出勤したり、夜間しか時間が取れない顧客に合わせてアポイントを取ったりするケースがあります。

ノルマが達成できていないと、休日を返上して必死に営業活動をしなければいけません。

土日祝日でも思うように休めず、家族や友人と過ごす時間が取りにくくなってしまうでしょう。

顧客から受ける質問の回答やノルマ達成に追われ、振替休日さえ取れない可能性もあります。

しっかり休みをとるための対策として、業務の効率化や徹底したスケジュール管理が必要です。

個人事業主扱いだと休暇の取り方は自分次第

保険営業は個人事業主として扱われるケースもあるので、効率よく仕事を進められれば自分次第で休暇を決められます。

しかし、個人事業主扱いの保険営業は会社員とは異なり、残業代や休日出勤手当はありません。

保険営業は成果主義の仕事なので、1ヶ月休みなしで営業しても、保険が売れなければ報酬は少ないのが現状です。

会社員のように、勤務時間に応じて給料をもらう仕事ではありません。

しかし営業成績次第では、自分の好きな時間、好きな曜日に集中して働けるメリットもあります。

業務の効率化を目指すためにも、いきなり個人事業主で保険営業を始めるより、会社員としての経験を積んでから挑戦するのも1つの手段です。

保険営業の労働時間は約150時間程度

保険営業の労働時間は約150時間程度
職業情報提供サイト「Jobtag」によると、保険営業の平均的な労働時間は約150時間程度とされています。

保険営業は顧客との電話対応、アポイントやサポート対応、資料作成などが主な仕事です。

業務を効率的にこなし、労働時間を短縮しつつ成果を上げられるかが求められます。

保険営業の仕事は、働き方次第で労働時間に大きな差が出るのも特徴の1つです。

たとえば、自宅やカフェでのリモートワークで通勤時間を削減すれば、より効率的に仕事を進められる方法もあります。

自分自身のスケジュール管理能力が高ければ、無駄な時間を減らして労働時間の短縮・休みの調整もできるでしょう。

参照:https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Occupation/Detail/453

休みやすい保険会社TOP3

休みやすい保険会社TOP3
保険営業の仕事は休みにくいイメージがありますが、会社によっては休暇制度や福利厚生、研修制度などが充実している保険会社もあります。

ここでは、保険業界の中でも特に休みが取りやすいと評判の保険会社TOP3を紹介します。

休暇制度や福利厚生の充実度を重視して保険会社を選びたい人は、ぜひ参考にしてください。

第1位:R&C株式会社(保険代理店)

R&C株式会社(保険代理店)中途採用TOPページ
R&C株式会社は「守りたいものを守る」という理念を掲げ、お客様の本質的な目的をサービスの中心に据えています。年齢や役職に捉われないコミュニケーションを重視し、フラットな組織体制が特徴です。

営業では基本給+フルコミッション制を採用していて、年齢や社歴に関係なく成果を上げれば成長できる仕組みがあります。

正社員雇用で、従業員の働きやすさを重視しているので、休みを取得しやすいのも特徴的です。

R&C株式会社の休暇制度

休暇・休日制度としては、週休2日制・年次有給休暇・年末年始休暇・慶弔休暇などがあります。

バースデー特別休暇などの福利厚生も充実しており、従業員のライフイベントを大切にしています。

R&C株式会社は、Great Place to Work® Institute Japan が運営する2024年版「働きがいのある会社」の調査において、4年連続で「働きがい認定企業」に選出されました。

実際に働く人が選んだランキングでは「休暇が取りやすい」が3位にランクインしています。

R&C株式会社でのキャリアに興味がある方は、ぜひR&C株式会社の採用ページをご覧ください。

充実した福利厚生と働きがいのある職場で、新しい一歩を踏み出してみませんか。

年間離職率10%未満を達成

R&C株式会社の採用ページを見る

第2位:プルデンシャル生命

第2位:プルデンシャル生命
プルデンシャル生命は、お客様の一生涯にわたるライフプランから、ニーズに合ったオーダーメイドの保障プランを設計・提案しています。

生命保険加入を「ゴール」ではなく「スタート」と考え、お客様とご家族に寄り添い、支えるのが使命です。

プルデンシャル生命のライフプランナーは、豊富なノウハウに基づく独自の実践的な教育システムでプロフェッショナルに育成されています。

ライフプランナーの働き方は完全に自由で、アポイント次第で休みが決まるため、自己管理能力が試される職種です。

好きな時間に好きな場所で仕事ができる一方、結果を残せばワークライフバランスが保たれる環境が整いやすくなります。

第3位:東京海上日動火災保険

第3位:東京海上日動火災保険
東京海上日動火災保険は、損害保険会社として創業と自動車保険の営業を日本で初めて開始した歴史ある企業です。

東京都に本店を構え、日本全国および世界各地に拠点を持ち、幅広い保険商品を提供しています。

それぞれの顧客ニーズに合わせたリスクコンサルティングと販売網強化を目的に、営業部門は以下の3つでわけられています。

  • 「コマーシャル営業」
  • 「パーソナル営業」
  • 「ディーラー営業」

東京海上日動火災保険は、従業員の福利厚生が充実しているのが特徴です。

年に2回、5日間の連休を取得できる制度があり、リフレッシュするための時間を確保できます。

女性社員に対する配慮が行き届いており、月に1回のペースで有給休暇の取得が奨励されています。

産休・育休の取得率も高く、育児と仕事を両立しやすい環境です。

会社によって休暇はしっかりある

会社によって休暇はしっかりある
保険営業の仕事は休みが取れないイメージは、個人事業主に近い働き方である保険代理店でよくあるイメージです。

休暇の取り方は自分次第で、売上次第で休みが取れない場合もあるでしょう。

一方、大手の保険会社では福利厚生が充実しているので、年次有給休暇や連続休暇、女性向けの休暇制度などが整備されています。

休みやすいと評判の保険会社は、いずれも従業員の働きやすさを重視し、休暇制度の充実に力を入れている保険会社です。

保険営業の仕事は顧客対応で不規則な勤務になりやすい面もあります。

しかし、会社の制度次第ではしっかりと休暇を取得できる環境が整っているのです。

自分に合った働き方が叶う会社を選ぶのが、保険営業で長く勤務するためのポイントです。

求人を募集している保険会社を選ぶ際、休みの取りやすさを口コミや評判の内容から確認しておきましょう。

フッターバナー