保険営業の業務内容や1日のスケジュールとは?代理店との仕事内容の違い

保険営業の業務内容や1日のスケジュールとは?代理店との仕事内容の違い

保険営業の業務内容や1日のスケジュールとは?代理店との仕事内容の違い

保険業界の仕事と聞いて、生命保険会社で活躍する保険外交員をイメージする人もいるのではないでしょうか。

確かに保険外交員は、「生保レディ」と言われるなじみ深い仕事です。

しかし保険を売る仕事としては保険外交員だけでなく、保険販売のエージェント「代理店」で活躍する保険営業も挙げられます。

保険営業としての転職を検討するにあたっては、面接対策としても就職後における仕事の面でも、業務内容を理解しておくのが望ましいでしょう。

本記事では、保険営業の業務内容や営業マンの1日、一社専属代理店と総合(乗合)代理店の業務内容の違いについて解説します。

保険営業としての就職や転職を考えている人は、ぜひ本記事における業務内容の解説を参考にしてみてください。

保険営業の業務内容

保険営業の業務内容
保険営業には、以下のような業務内容があります。

  • 新規顧客開拓
  • 面談・ニーズのヒアリング
  • 商品の提案・説明
  • 契約条件の交渉
  • アフターフォロー

ここでは、上記それぞれの業務内容について解説します。

新規顧客開拓

営業の業務内容としてまず、新規顧客開拓が挙げられます。

代理店の成長には新規顧客の獲得が重要であり、生命保険・損害保険のいずれを売る場合でも業務内容として大切です。

個人・法人を問わず新たに営業する先を探してアプローチしますが、顧客の仕事や置かれている状況によって、最適な保険商品は多種多様です。

「どの商品を誰に提案するのか」や「どのように営業をかけて攻略するのか」などを考え、計画を立てていくのも大切な業務内容の1つです。

新規顧客へのアプローチ方法は直接の訪問だけではなく、以下のような手段が考えられます。

  • 直接訪問
  • テレアポ
  • DM
  • チラシ
  • セミナー

訪問の場合や時間を工夫したり、チラシであれば内容を工夫したりと、業務内容は多いといえるでしょう。

エージェントとして契約に向けた営業をしていくには、顧客の情報をできるだけ収集したうえで最適な方法を選択していかなくてはいけません。

面談・ニーズのヒアリング

顧客との面談も保険営業における重要な業務内容の1つです。

面談によって顧客の話を聞きながら顧客のニーズをつかみ取ります。

顧客との話には、仕事・プライベートの話を問わず、どんなところにニーズが隠れているのかわかりません。

エージェントとしては日頃から情報に対してアンテナを高くしておくべきです。

顧客の話をきき、情報を引き出せるようにしておくのが大切な業務内容でしょう。

商品の提案・説明

保険営業の業務内容としては、商品の提案や説明も挙げられます。

保険の商品には、生命保険・損害保険を問わず、形がありません。

食料品や家具・家電など形のある商品とは異なり「どんな魅力があるのか」「どんなとき・人に必要なのか」を実感するのが難しいといえます。

保険は専門性の高い商品であり、保険に詳しくない人が理解をするのは決して簡単ではありません。

一般の方でも理解しやすいように、できるだけわかりやすい解説が営業マンの職務です。

転職者が戸惑いやすいポイントですが、業務内容としてしっかりと理解しておきましょう。

契約条件の交渉

契約条件の交渉も、保険営業の仕事として挙げられる業務内容の1つです。

契約自体に同意していたとしても、どこまで特約を付けるかは改めて営業が顧客と話し合う必要があります。

必要な特約は漏らさず契約するのは、顧客の利益につながるだけでなく、代理店の営業にとっても重要です。

契約の段階で特約に関しても、メリットやデメリットを含めた解説と確認を行い、過不足なく契約するように交渉するのが職務です。

保険営業ならではの仕事であり、他業界からの転職の場合は約款の理解に戸惑うことも考えられます。

しかしエージェントとしては、しっかりと取り組むべき仕事でしょう。

アフターフォロー

保険営業の業務内容としては、アフターフォローも欠かせません。

保険営業の仕事は「契約を取りさえすればOK」ではなく、契約満了のタイミングで更改していただくのも重要です。

契約を更改していただくためには、十分なアフターフォローが重要だといえます。

保険の重要性は、保険を利用する状況にならなければ実感できません。

「契約を更改するか」の判断材料としては、保険商品の内容だけでなく営業マンとの相性や信頼関係が大切なのです。

他業界からの転職でも、培ってきた経験を活かせば十分に顧客との関係を築けます。

また、顧客のニーズは時間とともに変化していきます。

顧客からの相談を受けつつニーズの変化を確認し、エージェントとして契約内容の見直しや新たな商品の提案を行っていくのが大切です。

保険営業マンの1日のスケジュール

保険営業マンの1日のスケジュール
ここでは保険営業マンの1日がどのようなものか、以下の通りスケジュール例を紹介します。

8:30 出勤
9:00 朝礼
9:10 ミーティング
10:00 保険研修
12:00 事務所にて来店対応
13:00 昼食休憩
14:00 お客さま訪問(保険提案)
15:00 会社への飛び込み訪問
16:00 事故対応
17:30 帰社・事務処理・翌日準備
18:00 帰宅

保険営業の仕事では、男性・女性を問わず上記のように外出が多いものです。

「アポ→準備→訪問→事務処理」の職務を組み合わせながら、エージェントとして多くの顧客に並行してアプローチしていくでしょう。

上記のように職務として研修に参加し、保険に関する最新情報を勉強する場合もあります。

代理店の営業としては「損害保険募集人」や「生命保険募集人」として登録すれば働けます。

しかし保険約款や保険に関する法律は定期的に改訂されるため、転職後も定期的な勉強は必須です。

さらに自動車保険では、エージェントとして事故現場に直接行く場合もあります。

アドバイザーとして、交通事故に関係する法律や一般的な事故処理の進め方などについても理解しておくのが必要です。

ただし実際の業務内容は、経験や仕事の進捗によって大きく異なるので注意しましょう。

一社専属と総合代理店の業務内容を解説

一社専属と総合代理店の業務内容を解説
保険代理店には「一社専属代理店」と「総合(乗合代理店)」の2種類があります。

専属代理店とは、1社の保険会社とのみ契約している代理店です。

一方で総合(乗合)代理店とは、複数の保険会社と契約している代理店を指します。

同じ代理店でも専属と総合(乗合)では営業の業務内容が大きく異なります。

保険業界特有の言葉であり、エージェントとしては業務内容の違いを理解していくのが大切です。

以下で、両者の特徴や業務内容について解説します。

一社専属の業務内容のポイント・やりがい

一社専属代理店の場合、取り扱っている商品も契約している保険会社1社のみです。

提案できる生命保険・損害保険の商品が少ない点はデメリットですが、それぞれの商品について理解を深めやすいとは考えられます。

ただし選択肢が少ないので、営業マンとしては商品の解説スキルや提案スキルを磨くのも重要です。

営業マンは自らの人柄を伝えるのも重要なので、顧客を思う熱意を伝えるスキルが求められます。

人柄勝負の面もあるので、転職してからでも十分に活躍は可能です。

契約している保険会社の特徴や魅力を徹底して売り込む仕事には、やりがいを感じる人も多々います。

総合代理店の業務内容のポイント・やりがい

総合(乗合代理店)の場合、契約している複数社の生命保険・損害保険商品から顧客に最適な商品を提案できます。

選択肢が多いので、エージェントとして細かいニーズに応えられる点は、強みです。

複数の保険商品を組み合わせられるので、契約者のニーズに応えれる可能性は高まるでしょう。

ただし選択肢が多いので、仕事をするうえで覚えるべき情報が多い点は注意が必要です。

業務内容は大変で身につけるべきスキルやノウハウは多々はあります。

しかし、年収だけではないやりがいがある業務内容だとはいえるでしょう。

就職・転職の成功で充実したキャリアパスを

就職・転職の成功で充実したキャリアパスを
本記事では、保険営業の業務内容や1日のスケジュール、代理店の種類の違いによる業務内容の違いについて紹介しました。

保険外交員だけでなく保険営業も、保険業界の職種の1つです。

保険営業の業務内容は、新規顧客獲得や商品提案・解説、契約者のフォローなどがあります。

一社専属代理店と総合(乗合)代理店なのかによっても、業務内容は変化します。

しかし顧客に最適な商品を提案する業務内容は非常に社会的意義が大きく、やりがいにあふれています。

業務内容についても一定理解を深めて、保険営業としての経歴・キャリアパスを描いていきましょう。

フッターバナー