【経験者が語る】保険営業はやめとけと言われる理由5選!

保険営業はやめとけと言われる理由5選!向いている人や一社専属と代理店の違いも解説

【経験者が語る】保険営業はやめとけと言われる理由5選!

「保険営業はやめとけ」と耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

「保険営業はやめとけ」と言われたことがある人もいると思いますが、それなりの理由があります。

本記事では「保険営業はやめとけ」と言われる理由を7つ解説します。

一方で保険営業マンや生保レディに就職や転職するメリットも解説し、一社専属と代理店との違いも取り上げました。

「保険営業はやめとけ」と言われる理由を事前に知っておきたい人や、保険営業への就職・転職を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

保険営業はやめとけと言われる理由5選

保険営業は以下の理由から「やめとけ」といわれています。

  • ノルマが厳しい
  • 成果がでないと長時間労働になる
  • 営業経費は自腹
  • 制約が多いなかでの活動
  • そもそも給料が低い

「保険営業はやめとけ」と言われる理由について解説していきます。

①ノルマ達成がきつい

「保険営業はやめとけ」と言われる理由の1つとして、保険会社からのノルマが厳しいという点が挙げられます。

ノルマが厳しく転職を検討している人の理由として挙げられるのは、上司からの指導が過度なプレッシャーに感じてしまう心の負担です。

営業目標を達成するために身近な存在を顧客にするよう求められる場合があるのです。

身近な存在との関係が悪化する恐れもあり、ノルマに対するプレッシャーに感じるので「保険営業はやめとけ」と言われています。

「やめとけ」といわれないためにも周囲からサポートを受けたりノルマに対しての対策が必要だったり、成果がでるようにつながる対処が必要です。

たとえば、厳しいノルマを対処するために、テレアポによる見込み顧客の獲得や複数の提案からクロージングして成約の確率を高める方法が挙げられます。

ただし、すべての保険会社でノルマが設定されているわけではありませんので、就職先や転職先を選ぶ際の判断基準にしてみてもいいでしょう。

②成果がでないと長時間労働になる

保険営業は成果主義の要素が強く、顧客から契約を獲得できなければ給料が低くなるのも「やめとけ」と言われる理由です。

給料をアップするには、長時間にわたって営業活動や付随する仕事をこなす必要があります。
ときには夜遅くまで残業したり休日に会社へ出勤したりと、プライベートな時間を削らなくてはいけません。
仕事に費やす時間が多くなるので「保険営業はやめとけ」と言われているのです。
効率よく仕事で成果を出すために、適切な目標管理や余計な移動時間を減らすルート計画や上司、同僚からの支援などの対処が必要です。

また、教育体制が整っていたり仲間と情報共有ができる保険会社であれば、働きやすく成果にもつながります。

転職するなら事前に求人票や募集要項などから、教育制度の有無を確認しましょう。

③営業経費は自腹

営業活動に必要な経費が自腹である点も「保険営業はやめとけ」と、敬遠される理由の1つです。

保険営業マンは移動費やお茶代、接待費、名刺代、プレゼント代など仕事で発生する費用を自分で支払います。

筆者も経験はありますが、いくら費用をかけても必ず顧客から契約を獲得できるわけではありません。

保険の契約を獲得できなければ、経費が収入を圧迫し、生活に影響を与える可能性があるので「辞めたい」「転職したい」と考えている人もいるでしょう。

保険が売れないと経費が積み重なり、経済的な負担が増大します。

つまり、保険営業の仕事に対して「やめとけ」と言われているのです。

なお、正社員雇用であれば、会社から経費として落としてもらえる場合があります。

転職を考えている人は、事前に経費の扱いに関して確認してから応募しましょう。

④制約が多いなかでの活動

保険営業は顧客と対面で提案が必要だったり各種法律に従う必要があったり、さまざまな制約のなかでの仕事をしています。

営業職全般において厳しいルールが存在しますが、保険業界の仕事では慎重さが求められます。

保険商品は生涯にわたり、親族にまで影響を及ぼす場合がある仕事になるからです。

保険業法や金融商品取引法などの法律がかかわる点も営業活動では負担になるでしょう。

各種法律に対応するため、豊富な知識が必要になるので、勉強時間も確保しなければなりません。

営業活動が厳しかったり勉強時間の確保でプライベートの時間が少なくなったりすると「辞めたい」と思い、転職を考える人もいるでしょう。

つまり、制約の多さから「やめとけ」と言われる理由の1つになっているのです。

ただし、法律関係や制度に関して、保険会社によっては教育用動画やグループでの勉強会を実施しています。

転職活動の段階で教育制度が整っている保険会社を選ぶ点も考慮してみてください。

⑤そもそも給料が低い

保険営業の給料は基本給に歩合給が加算されますが、入社から一定期間が経過すると基本給がなくなり歩合給になるケースがあります。

ほかの職種のように労働時間や働いた日数に応じた基本給をもらえるわけではないので、転職を考えている人もいるでしょう。

筆者もノルマを達成できず成績が伸び悩んだ時期に収入も低くなってしまった経験があります。

研修中で固定給が保証されている期間であっても、基本給がほかの業界よりも低く、生活に影響を及ぼす恐れがあります。

損害保険の営業は顧客を徐々に増やしていくビジネスモデルなので、すぐに収入を安定させるのは難しいでしょう。

しかし、逆の視点で考えると、成果を出せば出すほど収入が上がります。

仕事への取り組み方を見直したり契約を獲得するコツをつかんだりしていけば、転職を考えずに済むでしょう。

やめとけ?いやそんなことはない!保険営業になると得られるメリット

「保険営業はやめとけ」と言われる理由を紹介しましたが、厳しい面だけではありません。

保険営業に取り組むと、以下のようなメリットがあります。

  • 頑張り次第で高収入が目指せる
  • 営業スキルが身につく
  • 金融や社会保障の知識が身につく
  • 海外向け事業に参画できる

それぞれの内容を確認し、保険営業への転職や就職を検討してみましょう。

頑張り次第で高収入が目指せる

「やめとけ」と言われる一方で、成果が直接収入につながるのが、保険営業の魅力の1つです。

「きつい・辞めたい」と思ったとしても、ノルマを達成して実績を残せば高い報酬が期待できるため、保険営業を転職先の視野に入れる人もいます。

自分なりの営業方法や顧客への対処方法を確立できれば、効率よく契約を取れるケースもあります。

たとえば、若くして年収1,000万円を超えるのも夢ではありません。

もちろん、成果が上がらなければ収入は低くなってしまいますが、ノルマを達成したときの報酬は大きくなります。

独立や起業を考えている人にとっても、成果次第で収入が上がる環境はおすすめです。

効率的に業務をこなして経験を積めば、より多くの成果を上げられます。

成果が収入に影響しやすい保険営業なので「やめとけ」と言われたり「辞めたい・転職したい」と思ったりしないでしょう。

営業スキルが身につく

保険業界の営業は、ほかの分野でも役立つ営業スキルを身につけられます。

保険商品の提案には深い専門知識が不可欠で、顧客を納得させるための高度なコミュニケーション能力が求められるのが理由です。

アイスブレイクからクロージングまでの営業スキルは、保険業界以外の仕事でも重宝します。

顧客との信頼関係を築き、契約まで行くには保険やマーケティングの知識など、トークスキル以外のスキルも必要です。

何より保険は将来や未来に関係するため、顧客も慎重になります。

トークスキルだけではなく、顧客を納得させるための論理的な思考やデータを駆使した営業スキルが求められるのです。

「やめとけ」と言われる保険営業も、幅広い知識やスキルをもとにした営業を日々こなすため、どのような状況でも通用する貴重なスキルを身につけられます。

金融や社会保障の知識が身につく

保険会社に就職・転職すると、金融業界の知識が身につきます。

保険商品を扱うためには、生命保険募集人資格が必要となります。

ファイナンシャルプランナー(FP)資格を取得する社員も少なくありません。

生命保険であれば生活を支える社会保障との関係も深く、保険営業は両者の知識を得られる環境に身を置けます。

資格取得に向けた勉強環境に身を置けば、知識を自然と吸収できます。

「やめとけ」と言われますが、金融や社会保障に関する分野へチャレンジしたい人は保険営業を転職先に選んでもいいでしょう。

海外向け事業に参加できる

保険業界には国外に支社を持つ外資系企業が存在するので、保険会社に転職すれば海外事業に挑戦できるチャンスもあります。

外資系企業は実力主義の傾向が強く、自分のスキルに自信がある人、収入を増やしたい人、さらなる成長を目指す人にとっては理想的な環境です。

保険会社への転職や就職を考えていて、より実力主義だったり高い報酬を狙える環境を望む場合は外資系を検討してもいいでしょう。

「やめとけ」と言われる保険営業でも、実力主義の環境で働いて自分の能力を最大限に発揮し、キャリアアップを図れるのでおすすめです。

こんな人が保険営業に向いている

保険営業はノルマや給料、労働時間などで「やめとけ」と言われるほど厳しい側面がありますが、保険営業への転職が向いている人もいます。

  • 成果主義で高収入を目指したい人
  • 保険が好きな人
  • 人生を支える仕事がしたい人

以上の特徴がある人は「やめとけ」と言われるどころか、保険営業に向いている人と言えます。

成果主義で高収入を目指したい人

成果主義で高収入を目指したい場合は、保険業界への就職や転職が向いています。

「やめとけ」と言われる保険営業も成果を出せば、基本給に加えて報酬としてインセンティブが支給され、高収入を目指せます。

先述のとおり、年収1,000万円を超える人もいます。

頑張り次第で報酬アップが期待できるのは、現在の給与に不満がある人にとって、保険営業は魅力的な職種です。

自己の成長とともに経済的な利益も手に入れたいなら「やめとけ」と言われたとしても、保険営業への転職が向いています。

保険が好きな人

保険の必要性に疑問を抱く人も存在し、営業職としては厳しい環境で活動せざるを得ません。

しかし「それでも保険は重要」と、自分の想いを顧客に伝えられる人は、保険営業への転職が向いています。

成功している保険営業マンは、どんな商品にも良い点を見つけ、幅広い保険商品を提案しています。

ただし、自分が必要性を感じない商品や売りたくない商品がある場合、保険会社のノルマと自身の信念の間で精神的に疲弊してしまうでしょう。

保険営業で成功するためには、自分の信念と会社の目標をバランスよく保つのが重要です。

「やめとけ」と言われる保険営業も保険の価値を理解し、お客様に伝える力が身につくのでおすすめできる仕事です。

人生を支える仕事がしたい人

保険営業は、顧客との長期的な関係構築が求められる仕事です。

単に商品を売るだけではなく、人々の生活を深く理解し、サポートする心構えが必要になります。

真剣に顧客の人生に寄り添い、支援したい強い意志がなければ、保険営業を長く続けるのは難しいでしょう。

心から「人のために何かしたい」と思う人にとって、保険営業はやりがいのある仕事です。

やりがいを感じられる点が保険営業の本質であり、「やめとけ」と言われても活動するうえでの動機となります。

保険営業への確固たる動機があれば「辞めたい」と思うことも少なくなります。

一社専属と代理店それぞれの違いを比較

保険会社には、一社専属と代理店があります。

一社専属は特定の保険会社とだけ契約し、契約した会社の商品だけを販売します。

一方「代理店」は複数の保険会社と契約し、終身保険や定期保険、任意保険(自動車)、火災保険などの商品を取り扱う代理店です。

それぞれの保険会社では、営業でのメリットやデメリットも異なります。

保険会社で営業活動したい人は、就職・転職する会社選びに役立ててください。

一社専属で保険営業をするメリット・デメリット

一社専属は、特定の商品に特化するため、深い知識を身につけやすく、顧客に安心して推薦できます。

しかし、多様な保険商品を提案できない場合があり、営業のチャンスを逃してしまうでしょう。

顧客との信頼関係を構築しやすい点と、営業チャンスを逃して収入が減少する点のバランスを考えて転職や就職を検討してください。

代理店で保険営業をするメリット・デメリット

代理店は一社専属とは異なり、複数の保険会社で扱っている商品を提案します。

終身保険や定期保険、養老保険、就業不能保険などの商品を扱えるので、顧客のニーズに応じた提案ができます。

つまり、代理店で保険営業をするメリットは、顧客のニッチな要望にも応えられるようになる点です。

一方で保険商品ごとに報酬体系が異なるため、計画的な収入管理が必要な点でデメリットに感じる人もいるでしょう。

記事のまとめ:会社との相性も大切

保険営業は「やめとけ」と言われるのと同時に、転職を考えるなら一社専属もしくは代理店の区分も、就職や転職する会社との相性が重要です。

営業スタイルや顧客対応の仕方が自分の価値観と一致していると、転職した保険会社でストレスなく働けます。

ほかにも社内教育やサポート体制も大切です。

適切な研修や支援が受けられる環境であれば、スキルの向上やキャリアアップが期待できます。

報酬体系やインセンティブなどの仕組みも含めて、自分に合う保険会社に就職・転職しましょう。

フッターバナー