日帰り入院とは?通院との違いや保険金請求の流れを具体例と共に解説

手術といえば何日も入院をしたうえで受けるイメージがありますが、実際は日帰りが可能な簡単なものも少なくありません。

例えば、大腸ポリープや痔などは日帰りがメインの手術として知られています。 保険に入っている場合に問題になるのが、その手術の扱いが「日帰り入院」と「通院」のどちらにあたるかという点です。

それによって保険の給付金の額が変わってくるからです。この記事では、日帰り入院の定義や通院との区別の仕方、給付金請求の流れなどについて説明していきます。

日帰り入院の手術だった?通院と区別する方法は?

日帰り入院・手術かどうかを判断するには、誰が見ても明らかな基準が点あります。

  1. 病院に滞在した時間帯
  2. 領収書の「入院費等」欄に、診療報酬の点数などが記載されているか

ひとつは、病院に滞在した時間帯です。病院では午前0時をまたがずに帰宅すれば日帰りと判断されます。例えば、朝の10時に病院を訪れて手術を受け、その日の23時に病院を去れば日帰り手術・日帰り入院となります。

一方、23時に病院に運び込まれて翌朝5時に帰宅した場合は、日をまたいでいるので2日間の入院とカウントされるというわけです。

次に、領収書を見てみましょう。入院の場合は入院基本料の支払いがされているはずです。領収書の「入院費等」という欄に、診療報酬の点数などが記載されているか確認してください。記載されていれば入院、空欄のままであれば通院ということになります。

この2点をあわせて考えることで、2日入院、日帰り入院、通院の区別が可能となります。

日帰り入院の手術かどうか確実に確かめるには?

領収書があれば日帰り入院の手術か、通院かの区別はつくものの、やはりそれだけでは不安という方も中にはいるでしょう。

より確実に確認するには、病院の関係者に尋ねてみるのが一番です。例えば担当医。入院か通院かを判断するのは医師であるため、診察の段階で自分の担当医に確認すれば、ほぼ間違いはないでしょう。

病院での会計の際に受付で尋ねる手もあります。領収書を見れば入院か通院かの判断はつくはずですが、万が一勘違いをして、不利益を被るのは避けたいですよね。そこで、病院の受付で確認をしてもらえば確実だというわけです。

もし担当医の判断と領収書の内容が食い違っている場合は、受付の人に問い合わせをしてもらうなどして、疑問が残らないようにしておきましょう。

また、保険会社に電話をして入院給付金の請求書類を取り寄せる際に最終確認をすることも大切です。日帰り入院をした事実や、領収書の記載内容などを伝えた上で、入院給付金を請求できるか問い合わせるのです。

そこまでしておけば「給付金をもらえると思っていたのにもらえなかった」という事態を防げるはずです。

日帰り入院になる場合とならない場合

日帰り入院を区別するための基準は以下の2つです。

  1. 入院をしたその日のうちに退院をしている
  2. 領収書に「入院基本料」や「入院料等」といった入院に関する項目の記載がある

ただし、病院のベッドで治療を受けたり、休養をとったりしても、日帰り入院に当てはまるとは限りません。そこでここからは、実際にどういったケースが日帰り入院に該当するのか・しないのかを事例を挙げて紹介していきます。

日帰り入院になることが多い病気や手術の事例

日帰り手術による日帰り入院は、外来での初診で診療や検査をして、再診の際に日帰り手術の説明を受けて手術日を決定します。そして、当日の朝、入院をした上で手術を受け、術後の体調に問題がなければ、当日のうちに退院するという流れです。

日帰り入院を予定していても、食事や排尿、自立歩行が難しい場合などは退院を許可されず、1泊以上の入院となるケースもあります。

日帰り手術の対象となる手術の例として、以下が挙げられます。

  • 鼠径ヘルニア手術
  • 痔核根治術
  • 下肢静脈瘤手術
  • 胆石などに対する腹腔鏡手術
  • 内視鏡的大腸ポリープ切除術
  • 食道静脈瘤の内視鏡手術
  • 体外衝撃波腎尿管結石破砕術
  • 上肢骨折手術
  • 声帯ポリープ切除術
  • 内視鏡下副鼻腔手術
  • 眼科手術

日帰り入院にならない事例

日帰り入院と間違われやすいのは、外来のベッドで治療を受けて休養するケースです。

例として、炎天下に畑で農作業をしていた人が、顔色が悪くフラつき始めたところを家族に病院に連れていかれた事例を挙げます。病院の外来で診察を受けた結果、熱中症と判断され、ベッドで点滴を受けていても、外来での治療・休養のみであれば入院ではなく通院という扱いになります。

入院設備がない医療機関であっても、入院設備がある医療機関であっても、外来のベッドで点滴や透析などの治療を受けたり、休養をしたりしただけであれば、医療保険の保障対象になる「入院」には該当しません。

これらの例のように入院に該当しない場合は日帰り入院には当たらず、通院という扱いになります。

保険は適用できる?日帰り入院で請求する時の注意点

日帰り入院の給付金を請求する際に気をつけてほしい点は、まず「手術をしているか否か」の確認です。手術をしている場合は入院給付金のほかに手術給付金を受け取れるので、忘れずに請求しましょう。請求の際には医師の診断書が必要になるので、忘れずに準備をしておいてください。

入院給付金の請求について

医師の診断書がなくても領収書さえあれば請求が可能な場合もある

一方問題となるのは、手術なしの日帰り入院で、給付金の請求のために診断書が必要になるケースです。

診断書の作成には大体5000円の費用がかかるので、もし1日5000円の入院給付金を請求するとしたらプラスマイナスゼロになってしまいます。そのため給付金の請求に診断書が必要な場合は差し引きでいくらになるかを計算し、その上で請求するかどうか判断する必要があります。

どのような保険の契約内容であれ、請求時に手違いがあっては思わぬ損をすることにもなりかねません。給付金請求の際には病院と保険会社の両方に確認を取り、認識に間違いがないようにしておきましょう。

日帰り入院では入院給付金が受け取れない保険もある

保険の中には日帰り入院しただけでは給付金が発生せず、5日以上入院して初めて入院給付金の請求が行える商品もあるので注意が必要です。

最近では入院日数が短期化しているため、日帰り入院でも入院給付金が受け取れる保険が一般的になってきました。

しかし、10年ほど前までは、4日目までは入院給付金が支払われず、5日以上の入院から入院給付金が支払われるタイプの保険が一般的でした。あるいは、10日以上の入院で1日目から入院給付金が支給されるタイプの保険もあります。

そのため、古い保険を継続している場合は、日帰り入院はそもそも入院給付金の対象にならない可能性があるのです。

このように日帰り入院では入院給付金を受け取れない場合もあるため、もしそれが不都合な場合は、新しい保険への乗り換えを検討してみるのもよいでしょう。

給付金には請求期限がある

入院や手術に関する給付金はいつまでも請求できるものではなく、約款で請求期限が定められています。

入院や手術に関する給付金は、3年で請求する権利が消滅するのが一般的。そのため、退院をしたら速やかに必要な書類をそろえて、保険会社に請求するのが望ましいです。

ただし、保険会社によっては請求期限の3年を過ぎていても、必要な書類をそろえられれば給付金の支払いに応じてもらえるケースもありますので、相談してみましょう。

給付金請求の具体的な流れ

入院や手術の給付金請求手続きは、インターネットや電話・郵送で行うのが一般的です。

必要になる照明書類の例

  • 保険証券
  • 診療明細書
  • 入院証明書
  • 保険会社所定の診断書や給付金請求書
給付金請求の手続きの流れのイラスト

インターネットでの手続きは、必要事項を入力し、証明書類の画像をアップロードするだけなので簡単です。

電話・郵送で手続きをする場合は、電話で請求内容を伝えると、手続き用の書類が郵送や職員による持参によって届きます。届いた書類に必要事項を記入し、証明書類を同封して郵送すれば完了です。保険会社によっては、直接ホームページから手続き用の書類をダウンロードできます。

提出した書類に問題がなければ、給付金が支払われます。

日帰り入院になった場合に受け取れる給付金の事例

日帰り入院で受け取れる給付金の額は、保険会社や商品によって異なります。

従来は1日5000円や1万円といった金額が設定され、入院日数に応じて入院給付金が支払われる保険が一般的でした。しかしその場合、日帰り入院で受け取れる入院給付金は5000円や1万円といった少額になってしまいます。

日帰り入院など短期間の入院で有利なのは、入院給付金が一時金として支払われるタイプの保険です。

例えば、入院日数が1日、30日、60日、90日に達するたび、30万円の一時金を受け取れるタイプの保険があります。胃ポリープの切除手術を日帰り入院で受けるケースでも、入院給付金として30万円が支払われるのです。

まとめ

記事内で紹介した内容はこちらです。

  • 日帰り入院の場合は領収書に「入院基本料」や「入院費等」といった項目が記載されている
  • 外来のベッドで点滴や透析の処置を受けて休養しても、日帰り入院には該当しない場合がある
  • 古い保険では日帰り入院は入院給付金の対象外の可能性がある
  • 入院や手術の給付金は請求期限が3年とされていることが多い
  • 日帰り入院でも一時金を受け取れるタイプの保険がある

医療の進化によって入院が短期化するとともに、日帰り手術による日帰り入院が一般化してきています。しかし、通院なのか日帰り入院なのか、その場ではわかりにくいケースもあります。

日帰り手術を受けるときは、保険請求に備え、日帰り入院に該当するか医療機関で確認しておきましょう

関連記事

時間アイコン21.07.12

妊娠から出産でかかる費用はいくら?知っておきたい公的支援制度

no-image

時間アイコン21.07.07

入院給付金はいくら受け取れる?支給の条件や課税の有無について解説

no-image

時間アイコン21.07.05

20代に医療保険は必要?メリット・デメリットから必要性を解説

no-image

時間アイコン21.06.30

どうしてがん保険にだけ免責期間がある?その理由と注意点を解説

no-image

時間アイコン21.06.28

傷害保険とは?医療保険との違いや4種類の商品をわかりやすく解説

no-image

TOP