IPO株で失敗しないコツは?IPO株の基礎知識と問題点を大学の先生に教えてもらいました

企業が初めて上場する際に発行する「IPO株」。初日に大きく値上がりする傾向があるため、投資初心者にも人気があります。

ところで、そもそもIPO株とはどんな株で、どんな手続きを踏んで公開されるのでしょうか?そしてIPO株の損益を分けるポイントとは?

投資初心者がIPO株に触れる前に知っておきたい知識を、2002年からIPO株研究を続けている第一人者・県立広島大学の高橋陽二先生にうかがいました。

話を聞いた人 話を聞いた人

高橋 陽二

県立広島大学 准教授

高橋 陽二

県立広島大学大学院経営管理研究科(HBMS)准教授。2002年大阪市立大学商学部卒業、09年神戸大学大学院経営学研究科博士課程後期課程修了、博士(商学)。岐阜聖徳学園大学経済情報学部専任講師・准教授を経て、18年より現職。主な著書に、『オープン・イノベーションのマネジメント』(共著、有斐閣、2015年)、『知識の基盤になるファイナンス』(共著、中央経済社、2018年)などがある。

もっと見る 閉じる

IPO株は上場初日の大きな値動きが特徴

ーー高橋先生は、なぜIPO株を研究されているのですか?

大学で受けたファイナンスに関する授業でその内容がまったく理解できず、焦りを感じたのがきっかけです。そのときからファイナンスに興味を持ち、のちの指導教官と出会ったことから気づけば研究の道に進んでいました。

現在は県立広島大学大学院での授業やゼミ生への指導、定期的な論文発表を行っています。主には「IPO株と投資家センチメント(感情)との関連性」について研究することが多いですね。

例えば以前、投資情報が掲載されている「Yahoo!ファイナンス」の各銘柄ごとの掲示板に書き込まれた投稿数を分析して、その投稿数とIPO株の上場後の値動きに関連性があるかどうかを研究しました。

ーーIPO専門の高橋先生に、今日は初歩的なところから伺いたいと思います。そもそもIPO株とは何でしょうか?

IPOとは「Initial Public Offering」の略で、企業が新たに投資家に向け株を発行し、証券取引所に上場することです。この上場とともに発行された株を「IPO株」と呼んでいます。またIPO株には、既存の株主が保有していた未公開株の売却分も含まれます。

ーー企業側がIPO株を発行するメリットを教えてください。

上場する企業側から見たメリットは、IPOによって株がパブリックな場で取引されるようになり、市場から資金調達しやすくなること。未公開株を所有していた創業者などは、株を売却すれば大きな利益を得られます。また、上場によって企業に箔がつき、企業の信用度やブランド力が増すのも大きなメリットですね。

ーーIPO株を好む個人投資家も多いですが、投資家がIPO株を取引するメリットは何でしょうか?

IPO株は多くの場合、上場直後に大きく値上がりしやすいです。よって大きな利益が期待できる点が、一番のメリットになります。また、これから成長する企業の株主になれるので、成長を初期から応援できる点も魅力のひとつです。

IPO株が公開されるプロセス

ーーこのIPO株は、どのようなプロセスを経て市場に公開されるのでしょうか?

IPO株は、次のような流れで上場初日を迎えます。

  1. 想定発行価格の決定
  2. 仮条件(発行価格帯)の決定
  3. ブックビルディング
  4. 公募価格(発行価格)の決定
  5. 上場する

IPO株の価格決定方法は制度上、「入札方式」と「ブックビルディング方式」があるのですが、「ブックビルディング方式」が主流です。

まず、企業と主幹事証券会社(IPOを取り仕切る証券会社のこと)との間で交渉しながら、会社の価値を調査・算出して、投資家へ提示する「想定発行価格」を決めていきます。未上場企業の価値はまだ分からないので、その価格付け(プライシング)から行っていくのです。

交渉や調査を元に想定発行価格を決めたら、機関投資家の方々に「この条件で発行しようと思いますがどうでしょうか?」と話を回って聞いていく活動をします。その結果で「仮条件」、つまり「発行価格帯」が定まります。

次は、この発行価格帯を投資家の方々に公開し、「買いたい方はいませんか?いたら手を挙げてください」という活動を実施。これが「ブックビルディング」です。投資家がブックビルディングに参加するためには、このIPO株の主幹事もしくは幹事の証券会社の口座を持っている必要があります。

そしてブックビルディングの結果に基づいて「公募価格(発行価格)」が決定され、実際に購入できる投資家が抽選などで選ばれます。そして上場当日を迎えるという流れです。

ーーIPO株は初日に大きく値上がりする傾向がありますよね。

そうですね。日本のIPO株はある程度人気があれば、発行価格帯の上限がそのまま発行価格になります。例えば、あるIPO株の発行価格帯が1株100円〜120円だったとき、多くの場合は120円で公開されるわけです。

IPO株は一般的には大量の株を発行しないので、上場とともに120円から大きく値上がりし、上場後初めて取引されて「初値」を付けます。それを見た市場にいる投資家が買い注文を出すと、さらに値上がりして…と、お祭り騒ぎのような雰囲気になりますね。

例えば2021年3月30日に上場した2銘柄は、次のような結果となりました。

  • スパイダープラス【4192】 :発行価格1,160円→初値1,722円(48.4%値上がり)
  • Appier Group【4180】:発行価格1,600円→初値2,030円(26.9%値上がり)

IPO株の中には、100%を超える値上がりが実現した銘柄もあります。しかし発行価格と実際に取引された株価がここまで大きく乖離しているのは、実は日本ならではの現象です。投資家からみれば「おいしい」状況かもしれませんが、この現状が続くのは問題だと考えています。

発行価格と実際の株価が乖離する日本。将来的な影響は?

ーー発行価格と実際の株価が乖離する現象は、なぜこれほどまで大きく起こるのでしょうか?

理由は主に3つあります。1つ目は、IPO株を個人投資家に売っていることです。例えば米国では、IPO株の8割方を機関投資家に販売。機関投資家は合理的な取引を行うので、値動きも安定しやすくなります。

一方の日本では8割方を個人投資家に売りますが、個人投資家は機関投資家よりもセンチメントに影響を受けやすいので、どうしても値動きが乱高下しやすくなるのが特徴です。

ちなみに日本では、発行価格が決まってから上場まで10日程度の時間がありますが、米国では発行価格が決定した翌日に上場します。日本では上場までの期間が長いことで、そのときの株式市場の株価動向に影響を受けやすくなっています。

2つ目は、IPO株の発行価格帯を変更しないことです。日本では、ブックビルディングで発行価格帯の上限に申し込みが集まった場合でも、その上限を引き上げることはしません。しかし米国で同じ状況になったら、上限額よりも高い株価を発行価格として設定するんです。

なぜ発行価格帯を変更しないのかはさまざまな理由があると思いますが、IPO株の売れ残りを避けたいという証券会社の思惑もあるかもしれません…。

3つ目は、そもそも上場する会社のサイズが小さいことです。日本市場に上場する企業は、数百億円〜大きくても数千億円規模が中心です。一方で米国では、上場時点ですでに数兆円規模であるケースがほとんど。日本のIPO株は、個人投資家でもなんとか買い集められる金額なので、結果的に個人投資家の株主比率が高くなるんです。

ーーこの状態が続いた場合、具体的にはどのような問題があるのでしょうか?

企業側が資金調達しにくい環境になる可能性があります。株は、企業が資金を市場から広く集めるために発行します。企業からすると、合理的な価格付けが行われるのが理想です。

ところが日本のIPO株のように、発行価格が実質低く見積もられている状態だと、初期に調達できるお金が少なくなってしまいます。さらに株価の乱高下によって時価総額が変動しやすいような市場環境では、安定した資金調達が見込みにくいでしょう。

最近は企業側にも変化があり、日本市場への上場と同時に、米国の機関投資家に営業し、株を振り分ける新規上場企業も見受けられます。安定した資金調達のために海外投資家を頼る動きは、今後広がるかもしれません。

ーーこの他に、企業側に変化が見られる点はありますか?

企業と証券会社との関係性も、過渡期を迎えています。これまで日本では、上場手続きに入る数年前から企業が証券会社1社とだけお付き合いし、その証券会社が主幹事証券会社となってIPOを取り仕切るケースがほとんどでした。

つまり他の証券会社と取引がないため、いざ上場する際に企業側よりも証券会社側の方が強い立場になることが多かったのです。

しかし最近は、企業側が上場や上場後のファイナンスについてかなり研究するようになりました。そしてあらかじめ複数の証券会社とお付き合いし、上場する際には企業側が主幹事の証券会社を選ぶという状況に持ち込めているケースもあるんです。こうした動きは今後ますます増えると考えています。

初心者がIPO株を買ったら、初日に売り抜こう

ーー投資初心者に人気のIPO株ですが、取引する際のコツはありますか?

個人的には、「投資初心者はIPO株に手を出すな」と言いたいです(笑)。ファイナンスの観点から言うと、まだ市場に出ていない株に値段を付け、それを市場がどう評価するのか初めて分かるのがIPO。価格が安定しない中での取引は、非常にリスクが高いんです。

上場初日に大きく値上がりしたあと、急激に値下がりして、大きな損失が出るケースも多いですよね。IPO株を買うなら、このリスクを承知の上で取引するといいでしょう。

とはいえIPO株が買いたい、抽選に当たったという場合は、基本的には初日に売却して利益確定させるのがおすすめです。人が株を一度所有すると、愛着が湧いて手放しにくくなったり、損が確定するのを避けたりする心理が働きます。初日の値上がり益を取らずに株を持ち続けた場合、その後値下がりして塩漬けになる可能性もあるのです。

ただ最近のIPO株の値動きを見ていると、IPO後も上昇を続ける銘柄も見られます。その企業の将来に期待できるなら、長期的に保有して、ある程度値上がりした時点で手放すという選択肢も検討できるでしょう。

ーーちなみに、公開初日に大きく値上がりするIPO株と、逆に値下がりするIPO株とがあります。上がる株を見つけるヒントをいただけませんか?

ブックビルディング時点である程度人気が高い割に、発行する株数が少ないIPO株は、公開後も値上がりする傾向があります。ただそういった株は抽選に当たりにくいです。

一方で、あまり人気がなかったり、発行株数があまりに多かったりすると、抽選には当たるかもしれませんが、その後の値動きがかんばしくない傾向がありますね。

ーー最後に、今後IPO株の発行価格と実際の株価との差が縮まる可能性はあるのか、今後の展望について教えてください。

IPO株の価格決定プロセスについて大幅な見直しがない限り、この乖離は今後もあまり変わらないと思います。日本の企業サイズが急に大きくなることは考えられないので、今後も個人投資家がIPO株を買うことになると思います。

ただ「IPO株=値動きが激しくて儲かる」という認識は、是正される必要があると思います。2021年3月には政府の「成長戦略会議」にIPO株の価格決定プロセスの見直しについて提言がされています。

IPO株の本来の役割は、企業成長を長期的に応援すること。個人投資家もこの目的に立ち返って、健全に利益を出す意識に変わるのが望ましいと考えています。

ーー本日はありがとうございました!

執筆:金指 歩

関連記事

時間アイコン21.06.08

「いい企業」って何だろう?コーポレートガバナンスの専門家と考えてみた

no-image

時間アイコン21.06.08

株式のリスクは推定できる?金融の専門家に質問してみた

no-image

時間アイコン21.06.08

「ROE」を見れば株が分かる?投資初心者に贈るファンダメンタルズ分析のコツ

no-image

時間アイコン21.03.22

初心者におすすめの少額投資|予算別の少額投資の始め方と注意点

no-image

時間アイコン21.03.18

投資信託初心者におすすめのネット証券比較|ファンドの選び方とおすすめの商品

投資信託_おすすめ

TOP