おすすめのFXアプリ|初心者向けの選び方とスマホでできること

「FX投資家」というとパソコンの画面をいくつも並べてレートやチャートをチェックしている光景を想像する方も多いのではないでしょうか。

最近はスマホの高性能化に伴って、FX会社が提供するアプリの進化にも目を見張るものがあり、今やスマホだけでFX取引を完結することも十分可能です。

この記事では、おすすめのFXアプリ、スマホで取引できることについて説明します。

初心者におすすめのFXアプリ3社比較
外為どっとコム

アプリの特徴

  • 1タップで注文可能なスピード注文機能
  • 初心者向けの情報コンテンツが充実
外為どっとコムのアプリ画面
外為どっとコムのスピード発注画面 外為どっとコムのアプリメニュー画面 外為どっとコムのマネ育のトップページ
*スマホの場合、画像は右にスクロールできます
GMOクリック証券

アプリの特徴

  • 複数のチャートを1画面に表示させられる
  • 経済指標発表前のアラート機能がある
GMOクリック証券のアプリ画面
GMOクリック証券のチャート分割画面
YJFX!

アプリの特徴

  • 様々な指標が集約されたプライスボード
  • チャート画面も1タップで手軽に切り替え
YJFX!のアプリ画面
YJFX!のアプリ画面(プライスボード) YJFX!のアプリ画面(チャート切り替え画面)
*スマホの場合、画像は右にスクロールできます

目次

本当にスマホアプリだけでFXはできる?

進化が著しいFX会社のスマホアプリですが、果たしてスマホだけでどれだけのことができるのでしょうか。FX取引というとパソコンでやるのが半ば常識であり、「大きな画面にチャートを映し出すことで分析もしやすい」というのが多くの人の意見でした。

「でした」と過去形にしたのは、こうした意見はすでに過去のものだと思った方がいいからです。現在のスマホアプリはとても高性能化しており、パソコンでできることはひと通りできるようになっています。

唯一の違いは画面の大きさですが、チャート画面を分割して複数表示したり、タッチパネル機能をいかして感覚的な操作ができたりと、これまでスマホアプリを甘く見ていた方は、この記事を読むことでそのイメージが大きく変わるかもしれません。

スマホアプリのチャート画面例

こちらはスマホアプリに表示させたチャート画面の一例です。ローソク足に加えてMACDとストキャスティクスを同時に表示していますが、視認性も十分あり、2本の指を使うことによって拡大と縮小も簡単です。

少なくとも見た目の印象で、パソコンのチャート画面とあまりそん色がないことがお分かりいただけるはずです。

アプリ_チャート画面

スマホアプリでも豊富なテクニカルインジケーター

スマホアプリだからといって、テクニカル分析機能が劣ることもありません。主要なテクニカルインジケーターはおおむね揃っていて、スマホアプリだけでテクニカル分析をすることも十分可能です。

アプリ_テクニカル画面

充実のアプリをリリースしているFX会社紹介

「スマホアプリだけでそこまでFX取引ができるのであれば自分もやってみよう」とお考えの方に、ここではスマホアプリに力を入れていて充実が図られているFX会社を3社ご紹介します。

外為どっとコム

FX専門の老舗として高い人気を誇るFX会社です。約定力やスプレッド、取り扱い通貨ペアなどFX投資家にとって重要な機能はすべてがバランス良くまとめられている印象です。

同社はFXの投資技術を高めるために教育的コンテンツの配信に力を入れているので、その意味でも口座を開設しておくメリットは大きいでしょう。

外為どっとコムには「外貨NEXTネオ」というスマホ向けアプリが用意されています。同社の全体的な印象通り、とてもバランス良く設計されているアプリです。

短期売買に使える1タップ注文

FXでは短期売買をメインにする投資家が多いと思いますが、スキャルピングに近いような利幅を狙っていく場合はスマホの操作に手間取っていてはエントリーや決済のチャンスを逃してしまいます。

外為どっとコムのスマホアプリにはスピード注文といって1タップで注文ができる機能があるのですが、この使い勝手が良好です。横画面にしてチャートと同時に表示させると1分足や5分足を見ながら機動的にエントリーができます

外為どっとコムアプリチャート画面

スマホでも視認性が高いチャート機能

テクニカル分析が重要なFX取引では、チャートをいかに使いこなせるかが成績に影響します。テクニカルインジケーターの豊富さや画面分割といった機能性も重要なのですが、裁量トレードでは人間が感覚的に相場の流れをつかむことも重要です

そこで重視したいのが、チャートの視認性です。これは好みによってアプリの選択が分かれるところですが、外為どっとコムのスマホアプリはパソコンに近い視認性が魅力です。

GMOクリック証券

FXだけでなく多彩な金融商品への投資が可能で、なおかつスマホアプリも目的に応じて豊富なラインナップを誇るのがGMOクリック証券です。

GMOクリック証券のスマホアプリが目指しているのは、チャート機能の強化。パソコンでは当たり前になっている複数チャートの同時表示についてはスマホの画面が小さいことで限界があるものの、その限界にチャレンジしている姿勢がうかがえます。FX会社としてのスペックも高く、口座を持っていて損はないと言えるでしょう。

①スマホ表示の限界に迫るチャート表示

画面が小さいことはFX取引アプリを開発するうえで、最もネックとなる部分。投資家にとっても複数のチャートを同時に表示させてトレードをしたいと考える人は多く、それが難しいことがスマホアプリを遠ざける理由の一つとも言えます。

しかし、GMOクリック証券のスマホアプリはこの限界にチャレンジするかのように、複数チャート表示や、チャート上の操作で指値や逆指値を入れることができます

GMOクリック証券アプリ複数チャート表示

②多彩なアラート機能でモバイル端末の強みが活かされる

いつでもどこでもFX取引ができるのは、スマホアプリにしかないメリットです。それをいかすために、豊富なアラート機能が役立ちます。

ある通貨ペアがあるレートになったときの通知は珍しいものではありませんが、経済指標の発表直前にアラートを出してくれる機能は、チャンスを逃さない機能として短期派には重宝するでしょう。

YJFX!

Yahoo!JapanグループのFX会社として、FX取引数量に応じてキャッシュレス決済の「PayPay」が貯まることが魅力のYJFX!には、「外貨ex」という専用のスマホアプリがあります。

前代の「Cymo」アプリが有名だったYJFX!の後継アプリだけにとても洗練されたデザインと操作性になっており、このあたりはさすがIT企業が運営しているFX会社だと感じさせられます。

「いつでもどこでも」がスマホアプリの存在意義でもありますが、その機動性とパソコン環境に近いチャート機能が備わっているので、スマホだけで本格的なFX取引をしたい人のニーズにも十分応えているといえるでしょう。

レートの隣にチャート表示

小さい画面の中にいかに効率良く情報を詰め込むかがスマホアプリ選びの大きなポイントにあると思いますが、この「外貨ex」にはレート表示の横にチャートを表示するというオリジナリティあふれる表示メニューがあります。

「プライスボード」の中にある最大表示を選択すると、以下のような画面表示になります。他の表示モードは他社アプリとそれほど変わりませんが、スマホアプリで短期売買をしたい人にはとてもユニークな機能と言えます。

プライスボード

スマホアプリで標準になりつつある4画面分割もワンタッチ

小さなスマホ画面を最大限使ってチャートを分割表示できるアプリは多くなりましたが、分割したあとで再び1画面表示に戻したりと「行ったり来たり」をしたい場面が多くあります。

同時に大きな画面でチャートを複数表示できるパソコンと違ってスマホアプリのハンデとなる部分ですが、この「外貨ex」はチャート分割表示の切り替えがワンタッチ。これは実際に使ってみるとかなり便利です。

YJFX!アプリチャート選択画面

その他の特徴的なアプリ機能をピックアップ

ここでご紹介したもの以外にも、各社ユニークな機能を競い合っているのがスマホアプリの世界です。そこで、上記以外にもある独自性が感じられるスマホアプリを2つご紹介しましょう。

①LINE FX

メッセージアプリの「LINE」が運営するFX会社です。FX会社としてのスペックはそれほど他社と変わらないのですが、同社が運営している「LINE」アプリと連携ができるのが最大の特徴です。相場の急変や経済指標の発表などがあったらその通知をLINEで受信することができます。

LINE通知機能の説明画像

②SBI FXトレード

他のFX会社ではほとんどが1,000通貨もしくは1万通貨単位での取引であるのに対し、1通貨から取引ができるとても珍しいFX会社です。

SBI FXトレードのスマホアプリは2WAY注文にこだわりが感じられ、「チャート+2WAY注文+建玉表示」がすべて1画面にまとめられているので、短期売買を頻繁に繰り返して利益を積み上げていく投資スタイルに最適です。

SBI FXアプリ2WAY注文画面

スマホアプリでおすすめのトレード手法

スマホアプリの機能は飛躍的に進化しており、パソコン版アプリとほとんど同じことができるのは当たり前になってきました。

とはいえ、やはり画面は小さく、複数のチャートを何枚も並べることは難しいため、パソコンとスマホで得意なトレード手法は変わってきます。

ここでは、スマホアプリでも遜色なくできるトレード手法をいくつか解説していきます。

リピート系自動売買

トラリピの画面

マネースクエアの「トラリピ」、インヴァスト証券の「トライオートFX」、アイネット証券の「ループイフダン」などのリピート系自動売買は、一度設定すればその通りに売買が自動実行されます。そのため、頻繁な操作は必要ありません。

スマホアプリでの操作も分かりやすくなっているので、パソコンの場合となんら変わりない運用ができるはずです。

日足以上の長期トレード

FXのチャートは、短い時間軸ほど「瞬発力・対応力」が問われます。例えば5分足をメインとした短期トレードでは、さまざまな通貨ペアやテクニカル指標を参考に短時間で戦略を立てる必要があります。

そのため、大きな画面のパソコンや、追加ディスプレイ(PCモニター)などもあった方がトレードがやりやすくなるといえるでしょう。

逆に長期チャートをメインとしたトレードであれば頻繁に確認する必要はありませんし、極端に緻密なチャート観察も不要です。そのためスマートフォンの小さい画面でも過不足はなく、分析がやトレードが成り立つでしょう。

スワップポイント狙いのホールド

受け取りのスワップポイントを得るためには、とにかく長い期間ポジションを保有すること、それとスワップポイントの動向を把握し、有利な口座を選ぶことです。

つまり短期トレードとはまったく違う環境なので、スマートフォンとパソコンでの操作に差はないと言っていいでしょう。

スマホアプリに関するQ&A

  • A

    そのFX会社の口座を開設した人は無料で利用可能です。チャート機能など取引に関係のない機能であればログイン不要で使えるアプリも多くあります。

  • A

    新しく機種変更をしたスマホに同じFXアプリをインストールして、そこで新たにログインすると旧スマホと同じように利用できます。

  • A

    そのままタブレット端末で利用できるアプリが大半ですが、一部タブレットに対応していないアプリがあります(DMM FXなど)。仮にタブレット端末でスマホアプリが利用できる場合であっても画面の大きさが異なるため使いづらさを感じるかもしれません。その場合はタブレット端末向けに専用アプリが用意されている口座(YJFX!など)を利用するのが良いかもしれません。

  • A

    1タップで注文を完了できる設定にした場合は、誤操作による発注があり得ます。それを防ぐためにデフォルトでは事前の確認を求められるようになっており、許可しなければ誤操作が発生しないように設計されています。

  • A

    画面のロックがなくFXアプリも自動ログインになっている無防備な状態だと第三者に勝手に操作される可能性があるため、こうした事態に備えて画面のロックやFXアプリへのログインを手動にしておくなどの対策が有効です。

  • A

    はい、可能です。eKYCといってスマホカメラを使った本人確認書類の提出や本人認証に対応しているFX会社であれば、スマホだけで口座開設や入金の手続きを完結することができます。

アプリの記事一覧

時間アイコン20.11.30

DMM FX(DMM.com証券)を総合評価!メリット・デメリットや評判を解説

TOP