年会費も発行費も無料のETCカードは3枚だけ!おすすめカード比較

etc_top

「今持っているカードだとETCカードを作るのに年会費がかかってしまう」

「ETCカードはどうやって選べばいいの?」

ETCカードは機能自体に差はありません。だからこそ、発行費などのコストがかからないカードや、ポイントの還元率が高くお得に使えるカードを選びたいですよね。

この記事では、発行費や還元率でETCカードを選んだうえでおすすめのカードを紹介していきます。数あるETCカードの中から最適な一枚を選びましょう。

編集部おすすめETCカード3選
JCB CARD W
特徴 昭和シェルやエッソ・モービル・ゼネラルのガソリンスタンドでポイント2倍のため、高速道路はもちろん、車によく乗る方にオススメ。
ETC年会費/発行費 永年無料
還元率 1.0%
dカード
特徴 オリックスレンタカーのお店でiD支払いするとポイント3倍、さらにENEOSのガソリンスタンドでポイント1.5倍
ETC年会費/発行費 永年無料
還元率 1.0%
Orico CARD THE POINT
特徴 休日割引深夜割引平日朝夕割引などのETC割引により、通行料金が最大で50%引き
ETC年会費/発行費 永年無料
還元率 1.0%

監修者 監修者

伊藤 亮太

ファイナンシャル・プランナー

伊藤 亮太

スキラージャパン株式会社代表取締役、一般社団法人資産運用総合研究所代表理事
【取得資格】
CFP、DCアドバイザー、証券外務員
【関連情報】
伊藤亮太FP事務所 スキラージャパン株式会社

もっと見る 閉じる

目次

ETCカードの機能はどれも同じ!ETCカードの選び方は?

ETCカードには選択肢がたくさんあり、どれも同じに見えてきてしまいますよね。

そこで、発行費がかかるorかからない/ポイント還元率が1%以上or未満という軸でざっくり分類してみました。

まずはこの分類で、おおまかなアタリをつけてみましょう。

発行費と年会費無料で還元率1%以上のおすすめETCカードランキング3選

この記事で特におすすめしているのは右上にある3枚です。

発行費がかからず還元率が1%以上のETCカードの中から、あなたにぴったりの1枚を探していきましょう!

ETC年会費・発行費 発行スピード 詳細
JCB CARD W JCB CARD W
無料

最短3営業日
dカード dカードの券面画像
無料

約1~2週間
Orico CARD THE POINT orico card the point
無料

最短3営業日

<ETCカードを選ぶコツ>

伊藤さん:ETCカードは、どれを利用しても高速代金自体は変わりません。そのため、ポイントの還元率が高く発行費がゼロもしくは格安のものを選ぶとよいでしょう。
特に、普段から高速に乗る方は、ポイント還元率が高いカードを選ぶとよいでしょう。使えば使うほどポイントが貯まるからです。
逆に、あまり高速道路を利用しない方は、発行費や年会費が無料のものを選びましょう。コストをかけないのが一番です。

1位 JCB CARD W

まずはJCB CARD Wです。ベースの還元率1%もお得ですが、Amazonやスターバックスでの還元率がアップするのが魅力です。

JCB CARD W

jcb-card-w-img-1-1-e1579587649563

総合評価

星星星星星
年会費 無料
還元率 1.0%
国際ブランド jcb
電子マネー
quicpay
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 提携店舗での利用で還元率大幅アップ。アマゾン2.2倍、スターバックス5.5倍、セブン-イレブン2倍
  • 39歳以下が申し込めるWEB入会限定カード
  • 利用付帯の海外旅行保険付き

キャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jp利用でポイント30倍キャンペーン!
  • 全国のコンビニエンスストアでApple Pay・Google Payを利用すると20%キャッシュバック

伊藤さん:ポイント還元率が高くかつETC発行手数料および年会費が無料といえば、やはりJCB CARD Wですね。
ポイント重視の方はJCB CARD Wで統一するとポイントがどんどん貯まるでしょう。申し込み年齢が限定されますから、該当する方はラッキーです。

2位 dカード

dカード

dカードの券面画像

総合評価

表示しない
年会費 永年無料
還元率 1.0%
国際ブランド visamaster
電子マネー
iD
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

伊藤さん:dカードも還元率、発行手数料、年会費の観点から見て大変お得なカードだと思います。
スターバックスやマツモトキヨシなどをよく利用する場合、dカードで支払いを済ませるようにするとポイントが想定以上に貯まっていきますよ。

3位 Orico CARD THE POINT

Orico Card THE POINT

Orico CARD THE POINTの券面画像

総合評価

表示しない
年会費 永年無料
還元率 1.0~2.0%
国際ブランド masterjcb
電子マネー
quicpayiD
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

伊藤さん:Orico Card THE POINTも高還元率のカードです。入会後6ヶ月間はポイント還元率が2%ですから、最初の6ヶ月間をうまく利用されるとよいでしょう。もちろん、年会費や発行手数料は無料となっています。 コストをかけたくない、入会後にすぐに利用したいのであればおススメです。ポイントも多くたまり、コストがかからずお得な生活ができますよね。

ここまで、発行手数料がかからずポイント還元率が1%以上のカードをご紹介してきました。

JCB CARD W

ポイント還元率が高く、かつETC発行手数料および年会費が無料。ポイント重視の方はJCB CARD Wで統一すると自動的にポイントが貯まります。

dカード

発行手数料&年会費が無料。スターバックスやマツモトキヨシをよく使う場合は、還元率も高いのでおすすめです。

Orico CARD THE POINT

入会後6ヵ月間はポイント還元率が2%&会費や発行手数料は無料なので、入会してすぐの利用がおすすめです。

ポイント還元率が高いおすすめETCカードランキング3選

次に、発行手数料はかかるもののポイント還元率は1%以上のカードを紹介していきます。最初の図で右下のゾーンにあったカードです。

発行手数料はかかりますが、日常的に使う場面が多いためポイントが貯まりやすいのでおすすめです。

ETC年会費・発行費(税込) 発行スピード 詳細
三井住友カード デビュープラス デビュープラス
550円

約1~2週間
楽天カード
550円

約7日~10日
Yahoo! JAPANカード yahoo!japan券面
550円

約7日~10日

1位 三井住友デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

総合評価

表示しない
年会費 1375円(税込)*
還元率 1.0%~3.0%
国際ブランド visa
電子マネー
iDwaon
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

*初年度無料。前年1回以上のご利用があれば、翌年度以降も無料

キャンペーン情報

  • 入会&利用で最大5,000円相当プレゼント(2021/5/1~)
  • カード利用で、利用金額の20%還元(最大5000円相当のポイント還元)

伊藤さん:三井住友デビュープラスは、ポイント還元率が最大3%である点が魅力的です。年会費は初年度が無料であるものの、2年目以降は1,375円(税込)がかかります。
なお、2年目以降、1回以上利用で翌年度の年会費が無料となるため、メインカードとして利用されるとよいでしょう。
ETCも同様であり、初年度の年会費は無料ですが、2年目以降550円(税込)がかかります。2年目以降は1回以上利用すれば翌年度の年会費が無料となりますので、高速を確実に利用される方であれば負担が少なくメリットの方が大きいと思います。

2位 楽天カード

楽天カード

総合評価

表示しない
年会費 永年無料
還元率 1.0%
国際ブランド visamasteramericanexpressjcb
電子マネー
rakuten
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 楽天サービスでの利用でポイントアップ

伊藤さん:楽天ユーザーにとってはメリットが大きいカードです。還元率はETCの場合、1%です。年会費が550円(税込)かかるものの、楽天ゴールドカードまたは楽天プレミアムカードをお持ちか、楽天ポイントクラブの会員ランクがダイヤモンド会員、プラチナ会員の方は年会費が無料となりますので、うまく利用されるとよいでしょう。

3位 Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード

yahoo!japan券面

総合評価

表示しない
年会費 永年無料
還元率 1.0%
国際ブランド visamasterjcb
電子マネー
nanaco
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • Yahoo!ショッピング・LOHACOの利用で合計3%たまる

伊藤さん:Yahoo!JAPANカードは、Tポイントを貯めたい方には都合がよいカードです。還元率が1%である点は魅力的といえますが、ETCカードの年会費が1枚につき550円(税込)かかることから、ある程度高速に乗ってポイントを貯める見込みがある方が前提となります。

ポイント還元率が1%以上のカードを紹介しました。発行手数料はかかるものの、ふだんよく使うポイントをためることができるなら、これらのカードもおすすめです。

他のカードについては、一覧でまとめました。

ETC年会費(税込) ポイント
還元率
詳細
JCB一般カード JCB一般カード
無料

0.5%
ライフカード ライフカード
無料

0.5%
イオンセレクトカード イオンカードセレクト
無料

0.5%
セゾンカードインターナショナル セゾンインターナショナル
無料

0.5%
JALカード JALマスターカード
無料

0.5%
エポスカード エポスカードの券面画像
無料

0.5%
セディナカード セディナカード
無料

0.5%
三井住友カード(旧クラシックカード) 三井住友カード
550円

0.5%
三菱UFJニコスMUFGイニシャル initialカード
無料

0.5%

VIASOカード

VIASOカードの新券面

無料

0.5%

ETCカードの申し込み・利用・料金支払いまでの流れ

ETCカードを利用するには、カードや車載器の申し込みをする必要があります。

実際にETCカードを作り、高速道路を利用して支払いを行うまでの手順を見ていきましょう。

ETCカード発行までの流れ

1.ETCカードの申込方法

ETCカードを作る方法は2種類あります。

  1. すでに持っているクレジットカードにETC機能を付帯させる
  2. 新たにクレジットカードを申し込む際に一緒にETCカードを作る

すでに持っているクレジットカードにETCカードを付帯させたい場合は、会員専用ページなどからETCカードの発行依頼を行います。

クレジットカード自体を新たに作る場合は、新規申し込みをするときに「ETCカードを希望する」という項目にチェックを入れて同時発行を依頼しましょう。

ただし、クレジットカードの審査に落ちてしまった場合はETCカードも作ることができません。

伊藤さん:ETCカードを保有しておくと、普段は車に乗らない方でも旅行先のレンタカーで利用できるため、大変便利です。不正利用があった場合も補償がつくケースもありますので安心です。
なお、ETCカードが届くまでにある程度時間がかかる場合もありますので、早めに申し込みを行いましょう。

2.ETCマイレージなら高速利用に応じたポイントが貯まる

ETCマイレージは、クレジットカードとは別のポイントサービスです。

ETCマイレージサービスに登録することで、高速道路の利用料金に応じたポイントが貯まるようになります。ポイント付与率は各道路事業者によって異なり、NEXCO東日本・中日本・西日本の場合は10円につき1ポイントです。

貯まったポイントは、高速道路料金の支払いに利用できます。自動でポイント還元されるサービスもあるので、こちらも合わせて登録しておくと「交換し忘れ」がなく安心です。

伊藤さん:ETCマイレージを貯めるためには、事前登録が必要です。貯まったポイントは無料通行分として利用できますので、是非登録するようにしてください。

3.ETCカード料金の支払い

ETCカード料金は、クレジットカードの請求とまとめて引き落とされます。

そのため、ETCカードの料金の請求日はクレジットカードのほかの請求日と同じです。ばらばらに請求が来るわけではないので手間はありませんが、クレジットカードの請求金額が「ETCカードの利用分だけ高くなる」という点は意識しておきたいところ。口座残高が不足しないよう、事前に確認しておきましょう。

ETCの利用料金を事前に知りたい場合は、NEXCOなどがWeb上で提供している高速道路料金検索システムなどを利用しましょう。

実際にETCカードを利用したあとに請求金額が知りたい場合は、クレジットカードの利用明細をチェックすればETCカード利用料金を把握できます。

伊藤さん:ETCカードは利用した感覚がないこともあるかもしれません。金額も気にせずに旅行に行く場合などは、あとからくる請求にこんなにかかったのか!とびっくりしないようにご注意ください。
事前にいくらぐらいかかるかは調べておき、その分の請求が来ても対応できるようにしておきましょう。

4.ETCを使うだけでもさまざまな割引サービスを受けられる

ETCカードは、「使うだけ」で高速道路の割引サービスを受けることができます。

ETCの割引サービスには、「平日朝夕割引」や「休日割引」、「深夜割引」などさまざまなバリエーションがあります。割引条件を満たして高速道路を利用する場合は、現金で支払うよりもETCを使ったほうがお得です。

ただし、平日朝夕割引はETCマイレージサービスに登録した方だけが受けられるサービスです。忘れずに事前登録をしておきましょう。

伊藤さん:休日割引などを利用して旅行に行かれる方は多いことでしょう。割引があるのとないのでは全く異なりますので、割引が適用できる時間や日にちかどうか確認したうえでお得に利用してください。

この記事のまとめ

  1. ETCカードは高還元率&発行手数料無料のカードがおすすめ
  2. 高速道路をよく利用するなら高還元率カード、あまり利用しないなら発行費や年会費を抑えたカードを選ぼう
  3. ETCカードは、持っているカードに追加するか、新規で同時に申し込むかのどちらかの方法で申し込む

ETCカードの記事一覧

時間アイコン21.01.09

ETCの主要割引サービスまとめ!7種の適用時間帯、割引率を紹介

etcpoint_top

時間アイコン21.01.08

ETCカードはレンタルできるの? レンタルできる場所、手続きや注意点などを徹底解説

時間アイコン21.01.07

ETCカードの利用履歴が知りたい! 履歴を確認できる3つの方法を解説

時間アイコン21.01.07

もう審査に悩まない! ETCカードを審査なしで発行するための2つのカギ

時間アイコン21.01.07

ETCパーソナルカードは審査不要で発行可能! 仕組みを詳しく解説

pasoca_top

TOP