NTTファイナンス Bizカードは還元率が魅力!審査方法やメリットは?

NTTファイナンスビジネスの券面
「個人事業主になったけどお金の管理が難しい」 「経営者仲間は法人カードをもっている」

法人カードは、費用管理をはじめとする多くのポイントで、個人事業主や中小企業の方にメリットのあるカードです。ここではその中でも、年会費無料で使えるNTTファイナンス Bizカード(レギュラーカード)について紹介します。

また、法人カードの利点やほかのカードとの比較も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

NTTファイナンスBizカード レギュラー

年会費 無料
還元率 1.0%
国際ブランド VISA
電子マネー

NTTファイナンス Bizカードとは?

法人カードを作るのが初めてという方のために、まず法人カードとはどんなカードなのかという基本から順を追って解説します。

そもそも法人カードとは

法人カードとは、おもにビジネスの経費(事業費)を決済するためのクレジットカードです。個人事業主から大企業まで利用することができ、以下のようなメリットを得ることができます。

  • プライベートの支出と経費を分けることが簡単になる
  • ビジネスに役立つ付帯サービスが利用できる
  • 従業員にカードを持たせられる
  • 経費の削減になる
  • キャッシュフローに余裕が生じる

個人向けカードでも経費の決済ができないわけではありませんが、プライベートの支出と経費を同じカードで決済すると確定申告のときに手間がかかります。

また、個人向けカードでは従業員用の追加カードを発行してもらうことはできません。

法人カードは年会費も手頃でコストパフォーマンスに優れたものが多いので、もし全く利用していないのであれば、この機会に検討してみましょう。

法人カードには中小法人・個人事業主向けのカードと大企業向けのカードがある

法人カードは会社の規模によって、以下のように区別されるのが一般的です。

  • ビジネスカード・・・中小企業や個人事業主が対象
  • コーポレートカード・・・大企業が対象

企業規模の大小に一律の基準はありませんが、一例として、三井住友カード株式会社のコーポレートカードはカードの使用者が20名以上であることを想定しています。これが1つの目安になるでしょう。

なお、カード会社の公式サイトでは「中小企業・個人事業主向け」「大規模企業向け」など、対象とする利用者をはっきりと記載していることが多いです。

これから法人カードを作る方はこれを参考に、そのカードが事業規模に合ったカードなのかという点を意識して選んでください。

NTTファイナンスBizカードってどんなカード?

NTTファイナンス Bizカードは、NTTグループの金融会社であるNTTファイナンスが発行する法人カードです。

同社は個人向けクレジットカードと法人カードのいずれも取り扱っており、法人カードには以下の2種類があります。

  • NTTファイナンス Bizカード レギュラー(年会費無料)
  • NTTファイナンス Bizカード ゴールド(年会費1万円)

なお、この記事では以下で「NTTファイナンス Bizカード レギュラー」のメリットを紹介します(以下、レギュラーカードを「NTTファイナンス Bizカード」と表記します)。

NTTファイナンス Bizカードのメリット

NTTファイナンス Bizカードにはさまざまなメリットがあります。それを以下で具体的に解説します。

数少ない年会費無料カード

NTTファイナンス Bizカードの年会費は本会員・追加カード(使用者カード)ともに永年無料です。

年会費が永年無料の法人カードは限られているので、なるべくコストをかけたくないという方にとって、NTTファイナンス Bizカードは有力な候補です。

年会費が無料だとサービスが今ひとつではないかと考えてしまうかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

興味があるならとりあえず入会してみて、物足りなければゴールドへのランクアップを検討するのがおすすめです。

安心の付帯保険

NTTファイナンス Bizカードには充実した保険が付帯されています。ここではその中から主な3つの補償を紹介します。

旅行保険

NTTファイナンス Bizカードには以下の旅行保険が付帯されています。

海外旅行保険 国内旅行保険
適用条件 自動付帯 利用付帯
傷害死亡・後遺障害補償 2000万円 2000万円
傷害治療費用(1事故限度額) 50万円
疾病治療費用(1事故限度額) 50万円
賠償責任補償(1事故限度額) 2000万円
救援者費用(年間限度額) 200万円

海外旅行(出張)については条件なしで自動的に適用されますが、国内旅行については「公共交通乗用具(飛行機や電車など)搭乗中で、代金をNTTファイナンス Bizカードで支払っている」などの条件がつくので注意が必要です。

ショッピング保険

NTTファイナンス Bizカードで購入した商品は購入日を含めて90日間、破損や盗難などによる被害を補償してもらうことができます。

限度額は年間で100万円ですが、1回の事故につき1万円の自己負担額がある点に注意してください。

カード盗難保険

カードを紛失したり盗難の被害に遭ったりした結果、第三者に不正利用されたことにより損害が生じた場合、カード会社に連絡した日から60日前以降の損害額が補償されます。

Web明細編集で経費管理がカンタンに

NTTファイナンス Bizカードは「MyLink」(カード会員専用のWebサービス)に登録(無料)すると、自動的にWeb明細サービスを利用することができます

Web明細サービスでは利用明細を最大10分割することができるので、部署ごとに明細を分けて印刷・保存することも可能になります。

また、クレジットカードの明細は後で何に使ったかが分からなくなることがありますが、Web明細サービスではメモや費目の追記ができるので、経費の管理に便利です。

1%のポイント還元率

NTTファイナンス Bizカードをショッピングに利用すると1000円につき10ポイント(還元率1%)が貯まります。

法人カードの還元率は0.5%程度であることが多いので、年会費が永年無料で1%というのはかなり優秀です。景品だけでなくキャッシュバックやギフトカードへの交換も可能で使い道も充実しています。

NTTファイナンスBizカード レギュラー

NTTファイナンスビジネスの券面

総合評価

表示しない
年会費 無料
還元率 1.0%
国際ブランド visa
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 年会費永年無料
  • 専用モール利用で最大26%還元率アップ

NTTファイナンス Bizカードと他の年会費無料法人カードの比較

ここではNTTファイナンス Bizカードを年会費が永年無料の法人カード2枚と比較します。付帯サービスについては違いが大きいので、気になる方は公式サイトで詳細をご確認ください。

freee MasterCardとの比較

freee MasterCardは会計ソフト「freee」などで知られるフリー株式会社が、カード会社のライフカードと共同開発した法人カードです。

設立直後であっても申し込みが可能であることが公式サイトで明示されており、提出書類も本人確認書類のみなので、創業してすぐに法人カードを持ちたい方は積極的に検討したいカードです。

NTTファイナンス Bizカードと比べた場合、ショッピング枠が大きいというのがメリットですが、追加カードの発行枚数が限られている点や、ポイント還元がない点などに注意が必要です。

NTTファイナンス Bizカード レギュラーカード freee MasterCard
年会費(本会員) 無料 無料
年会費(追加カード) 無料 無料
追加カードの上限 記載なし 3枚まで
国際ブランド VISA Mastercard
還元率 1.0%
申込対象 法人・個人事業主 法人代表者・個人事業主
申込時の必要書類 【法人】
登記事項証明書(履歴事項全部証明書)
【法人代表者または個人事業主】
本人確認書類2点または本人確認書類1点と補完書類1点
※コピー可
本人確認書類のみ
ショッピング枠 40/60/80万円 10~300万円
※300万円超の相談も可
旅行傷害保険 最高2000万円(国内・海外とも)
ショッピング保険 年間100万円まで
主な特典 JR東海エクスプレス予約サービス(年会費1000円が別途必要)
出光キャッシュバックシステム
Amazon Business
など
クラウド会計ソフト「freee」2000円ディスカウントクーポン
Adobe Creative Cloudコンプリートプラン(個人版)初年度15%OFF
など
※ライフカードビジネスの特典も利用できます

カードの希望限度額

ライフカードビジネスとの比較

ライフカードは数多くの法人カードを発行していますが、ライフカードビジネス(スタンダード)はその中でも年会費が永年無料なのが大きな特徴です。

他の2枚のカードと比べ、国際ブランドがVISA、Mastercard、JCBから選べる点やショッピング枠が大きい点がメリットですが、ポイント還元はfreee MasterCardと同様にありません。

また、200万円以上のショッピング枠を希望する場合は決算書や確定申告書の提出が必要になるので業績も審査の対象になります。

NTTファイナンス Bizカード レギュラーカード ライフカードビジネス(スタンダード)
年会費(本会員) 無料 無料
年会費(追加カード) 無料 無料
追加カードの上限 記載なし 上限なし
国際ブランド VISA VISA/Mastercard/JCB
還元率 1.0%
申込対象 法人・個人事業主 法人・個人事業主
申込時の必要書類 【法人】
登記事項証明書(履歴事項全部証明書)
【法人代表者または個人事業主】
本人確認書類2点または本人確認書類1点と補完書類1点
※コピー可
【法人】
200万円※以下:登記事項証明書/事業主の本人確認資料のコピー1点
200万円超:登記事項証明書/事業主の本人確認資料のコピー1点/決算書2期分
【個人事業主】
200万円以下:代表者の本人確認資料のコピー2点
200万円超:代表者の本人確認資料のコピー2点/確定申告書2期分
ショッピング枠 40/60/80万円 10~500万円
※500万円超の相談も可
旅行傷害保険 最高2000万円(国内・海外とも)
ショッピング保険 年間100万円まで
主な特典 JR東海エクスプレス予約サービス(年会費1000円が別途必要)
出光キャッシュバックシステム
Amazon Business
など
クラウド会計ソフト「freee」会員向け特典
弁護士無料相談サービス
ベネフィット・ステーション
など

※カードの希望限度額

NTTファイナンス Bizカードの審査

起業して間もない経営者や個人事業主の方であれば、カードを作るにあたり事業の実績が問われるのかが気になるのではないでしょうか。

そこで、ここではNTTファイナンス Bizカードの審査について解説します。

申請方法

NTTファイナンス Bizカードの申し込みは、法人の場合は郵送限定ですが、個人事業主であれば郵送とオンライン入会から選ぶことができます。

郵送申し込みの場合

公式サイトトップ「カードのお申込みについてはこちら」をクリックします。

「Bizカードのお申込み」ページにて、法人の方は「カード入会申込書のご請求はこちら」、個人事業主の方は「カード入会お申込み書でのお申込み希望の方はこちら」をクリックしてください。

「各種資料請求」ページにて、「資料を請求する」をクリックします。

「お客さまの個人情報の取扱いについて」を読み、同意する場合は「同意して次へ」をクリックします。

送付先の情報を入力し、「内容を確認する」をクリックします。

内容を確認し、「この内容で申し込む」をクリックすれば完了となります。

オンライン入会の場合(個人事業主のみ)

公式サイトトップ「カードのお申し込みについてはこちら」をクリックし(先述)、「オンライン入会はこちら」をクリックします。

画面の下にある「NTTファイナンス Bizカード for Ownersを申し込む」をクリックします。

規約などを読み、同意する場合は「同意して次へ」をクリックします。

必要事項を入力し(2ページあります)、「内容を確認する」をクリックします。

確認画面が表示されるので、確認を終えたら「次へ」をクリックします。

その他の情報を入力する画面が表示されるので、必要事項を入力して「内容を確認する」をクリックします。

内容を確認し、問題がなければ「お支払い口座の入力」をクリックします。

支払い口座の手続きはネットまたは郵送のいずれかで手続きをします。以下、郵送で手続きをする場合について解説します。

「口座振替依頼書郵送で手続きをする」をクリックします。

必要事項を入力し、「内容を確認する」をクリックします。

内容を確認し、「この内容で申し込む」をクリックすれば完了です。

個人カードとの審査の違い

個人向けクレジットカードの審査は、基本的に申込者本人の信用情報が対象です。安定した職業に就き、過去に支払遅延などの問題を起こしていなければ、審査に通る可能性は高くなります。

法人カードでも、個人事業主や中小法人の経営者がおもに使用するビジネスカードなら個人の信用情報のみが審査の対象となることもありますが、カードによっては事業の業歴や業績が問われることもあります。

申込時に必要となる書類に法人の登記簿謄本や決算書、確定申告書といった書類が挙げられていなければ、申込者本人の信用情報を中心に審査していると考えて差し支えないでしょう。

まとめ

NTTファイナンス Bizカードに入会すると、ポイント還元を初めとしたさまざまな特典を利用することができます。

法人カードにはメリットが多いので、年会費がかかるカードであっても積極的に検討する価値がありますが、とりあえず手頃なカードから利用してみたいという方にとって、永年無料で利用できるNTTファイナンス Bizカードは有力な候補といえるでしょう。

NTTファイナンスBizカード レギュラー

NTTファイナンスビジネスの券面

総合評価

表示しない
年会費 無料
還元率 1.0%
国際ブランド visa
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 年会費永年無料
  • 専用モール利用で最大26%還元率アップ

関連記事

時間アイコン21.03.01

三井住友カード for Ownersゴールドの特徴や審査を解説

三井住友ビジネスカード for Owners

時間アイコン21.03.01

三井住友カード for Ownersプラチナの概要や審査を解説

三井住友カード for Ownersプラチナ

時間アイコン21.03.01

三井住友カード for Ownersクラシックの特徴や他カードとの比較

三井住友ビジネスカード for Owners

時間アイコン21.02.24

アメックスビジネスグリーンは立ち上げ初期におすすめ!審査の難易度も解説

アメックス・ビジネス

時間アイコン21.02.24

セゾンアメックスプラチナビジネスの特典は?他のカードとの比較も

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

TOP