三井住友カード for Ownersゴールドの特徴や審査を解説

三井住友ビジネスカード for Owners

「事業が軌道に乗ってきたけど費用管理が大変」

「これまで現金払いだったけどそろそろビジネス用カードを作りたい」

事業が軌道に乗ってきて、費用管理だけでなくステータスとしてもビジネス用カードを持ちたいときにおすすめなのがゴールドカードです。

ここでは三井住友カード for Ownersゴールドの特徴や審査方法を紹介します。さらにほかのカードとの比較もしているのでぜひ参考にしてくださいね。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)

三井住友ビジネスカード for Owners

総合評価

表示しない
年会費 1万1000円(税込)
還元率 0.5%
国際ブランド visamaster
電子マネー
iD
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

三井住友カード for Ownersとは?

三井住友カード for Ownersは、銀行系カードの代表格である三井住友カードが発行するビジネス向けのクレジットカードです。

券面ランクは「クラシック、ゴールド、プラチナ」の3種類があり、共通して次のような特徴があります。

  • 本人確認書類だけで申し込める(登記簿謄本や決算書が不要)
  • 分割払いやキャッシングにも対応で、キャッシュフロー改善に役立つ
  • Apple PayやiD、WAONなど電子マネーも利用可能

「本人確認書類だけで申し込める」「分割払いやキャッシングにも対応」といった特徴のあるビジネスカードはそれほど多くありません。

三井住友カード for Ownersシリーズは、初めてビジネスカードを作成する方でも利用しやすいスタンダードな1枚となっています。

三井住友カード for Ownersゴールドの特徴

三井住友カード for Ownersシリーズのなかでも、ゴールド券面には次の特徴があります。

  • 初年度年会費1万円が無料
  • 空港ラウンジなどの充実した付帯サービス
  • 「銀行系ビジネスカードのゴールドカード」という高いステータス

ゴールドより上位ランクのプラチナ券面には、残念ながら初年度無料の特典がありません。そのため、「初年度は年会費をかけずに気軽にステータスカードを使ってみたい」という方にもゴールド券面はおすすめです。

また、三井住友カード for Ownersゴールドには上記に挙げた特徴以外にもおすすめポイントが多数あるので、解説していきます。

お得なポイントがたまる

三井住友カード for Ownersゴールドで経費の支払いをすると、利用金額に応じてポイントが貯まります。

通常時のポイント還元率は0.5%と平均的な水準ですが、さまざまなボーナスポイント制度があるため使い方によっては多数のポイントを獲得できます。

例えば三井住友カード for Ownersゴールドは、以下の店舗での利用時はポイント還元率が2%アップします。

  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド

また上記以外にも、対象店舗の中から好きな3店舗を選んで、そのお店でのポイント還元率が0.5%アップする制度もあります。

貯めたポイントは、景品と交換したり提携ポイントへ移行したりと使い道も豊富です。特に、ANAマイルへの移行ができる点は要チェックです。

ビジネスカードにはマイル移行ができないカードもありますが、三井住友カード for Ownersゴールドならマイル移行できるのは大きなメリットです。

買い物で割引きが受けられる

三井住友カード for Ownersゴールドは、VISAまたはMastercardから国際ブランドを選べます。

VISAブランドを選択すると、VISA限定の「VISAビジネスオファー」と呼ばれる特典が使えます。VISAビジネスオファーではさまざまな商品を割引価格で買い物でき、その例は次のとおりです。

  • 書籍
  • 工具
  • プリンターや複合機、インクなどの消耗品
  • 海外・国内のお土産や旅行用品

なおMastercardブランドを選ぶと「Mastercard ビジネス・アシスト」と呼ばれる特典が利用できるものの、買い物の割引優待はありません。

ゴールドカードならではの特典

三井住友カード for Ownersゴールドには、ゴールドカードならではの充実した特典が用意されています。

代表的なのは日本全国の空港ラウンジを無料で利用できる特典です。北は北海道から南は沖縄県まで、国内32空港のラウンジが何度でも無料で使えます。

海外は1ヶ所のみですがハワイの空港ラウンジが利用でき、家族旅行にも役立つでしょう。

そのほかにもさまざまなゴールド会員限定の特典が用意されており、代表的なものを一覧表にまとめました。

サービス 概要
VJ Supreme Selection 三井住友カードが実績ある旅行会社とコラボしたラグジュアリーな旅行プランを利用できる
ハーツGoldプラス・リワーズ 海外レンタカー大手「ハーツレンタカー」の「ハーツGoldプラス・リワーズ・ファイブスター会員」を永年年会費無料で利用可能
ドクターコール24 医師や看護師、保健師などの専門家に、24時間年中無休で電話健康相談ができる
国内ゴルフエントリーサービス 国内の主要ゴルフ場の平日プレー予約を代行してくれる(ゴールド以上の会員限定コースあり)
VISAゴールド会員限定特典 ・WiFiレンタル
・空港手荷物宅配やクローク
・プレミアムカーレンタル
・ザ・コンコルド・ワインクラブ
・etc
Mastercardゴールド会員限定特典 ・WiFiレンタル
・空港手荷物宅配やクローク
・国内高級ホテル・旅館
・国内ゴルフ場予約
・ふるさと納税
・etc

いざという時に役立つ保険が充実

三井住友カード for Ownersゴールドには、ビジネスや日常生活のさまざまなリスクに備えられる付帯保険が充実しています。

付帯保険の内容を表にまとめると、以下のとおりです。

保険 補償内容 概要
海外旅行保険 最高5000万円 旅行中の事故や事件、病気の際の損害を補償
国内旅行保険 最高5000万円
ショッピング保険 年間300万円まで
(国内・海外)
当該クレカで購入した商品の破損・盗難などによる損害を補償

三井住友カード for Ownerシリーズのクラシック券面には国内旅行保険が付いておらず、ショッピング保険も対象は海外のみです。

その点、ゴールド券面なら国内保険も付いているため、国内でのリスクにも備えられます。

ほかのビジネス用ゴールドカードとの比較

三井住友カード for Ownersゴールドを検討する際、他社のゴールドビジネスカードと比べたポイントは気になるところです。

こちらでは、三井住友カード for Ownersゴールドを他社3枚のゴールドビジネスカードと比較してみましょう。

アメックス・ビジネス・ゴールド・カードとの比較

まず三井住友カード for Ownersゴールドとアメックス・ビジネス・ゴールド・カードを比較します。

カード名 三井住友カード for Ownersゴールド アメックス・ビジネス・ゴールド・カード
国際ブランド VISA/Mastercard American Express
初年度年会費 無料 無料
年会費
(2年目以降)
1万円 3万1000円
追加カード年会費
(2年目以降)
2000円 1万2000円
ETCカード年会費 500円
※前年1回以上利用で無料
500円
利用可能枠 50〜300万円 個別に決定
ポイント還元率 0.5% 0.3%
海外旅行保険 最高5000万円 最高1億円
国内旅行保険 最高5000万円 最高5000万円
航空機遅延保険 なし 国内のみ
ショッピング保険 年間300万円まで 年間500万円まで
電子マネー ・Apple Pay
・iD
・WAON
・PiTaPa
Apple Pay
空港ラウンジ
移行可能マイル
(ANA/JAL)
ANA ANA/JAL

年会費はアメックス・ビジネス・ゴールド・カードの方が3倍近く高額であり、追加カードの年会費も1万円を超えています。

それに見合うほどの豪華な特典が充実していて、旅行や出張、接待に活かせる特典が多数用意されています。

またアメックス・ビジネス・ゴールド・カードには国内での航空機遅延保険が付いている点も比較ポイントです。よりラグジュアリーな特典と手厚い保険を求める方は、アメックス・ビジネス・ゴールド・カードを選ぶといいでしょう。

もちろん三井住友カード for Ownersゴールドも年会費と特典のバランスを考えると負けてはいません。年会費1万円でさまざまな特典が使えることを踏まえれば、両者の選択は予算しだいでしょう。

さらに三井住友カード for Ownersゴールドは、追加カードの年会費が2000円と安い特徴もあります。従業員や役員に追加カードを発行したい人でも、低コストで実現できるのでおすすめです。

  • 選び分けのポイント
  • 三井住友カード for Ownersゴールド⇒年会費と特典のバランスを重視する人
  • アメックス・ビジネス・ゴールド・カード⇒より豪華な特典と手厚い保険を求める人

JCB法人カード(ゴールド)との比較

次に、三井住友カード for OwnersゴールドとJCB法人カード(ゴールド)を比較します。

カード名 三井住友カード for Ownersゴールド JCB法人カード(ゴールド)
国際ブランド VISA/Mastercard JCB
初年度年会費 無料 無料
年会費
(2年目以降)
1万円 1万円
追加カード年会費
(2年目以降)
2000円 3000円
ETCカード年会費 500円
※前年1回以上利用で無料
無料
利用可能枠 50〜300万円 50〜250万円
ポイント還元率 0.5% 0.5%
海外旅行保険 最高5000万円 最高1億円
国内旅行保険 最高5000万円 最高5000万円
航空機遅延保険 なし 国内・海外
ショッピング保険 年間300万円まで 年間500万円まで
電子マネー ・Apple Pay
・iD
・WAON
・PiTaPa
QUICPay
空港ラウンジ
移行可能マイル
(ANA/JAL)
ANA 法人会員は不可

両者ともに年会費は1万円と同価格ですが、JCB法人カード(ゴールド)は海外旅行保険が最高1億円と手厚くなっています。

さらに国内・海外の航空機遅延保険も付いており、出張機会が多い人なら補償が手厚いJCB法人カード(ゴールド)がおすすめです。

また、JCB法人カード(ゴールド)はETCカードが完全無料な点もメリットです。三井住友カード for Ownersゴールドの場合は、前年に1度もETCカードを利用しなければ年会費が発生してしまいます。

追加カードで比較するなら、追加カード年会費が2000円と安い三井住友カード for Ownersゴールドの方が優れています。JCB法人カード(ゴールド)の追加カード年会費は3000円なので、追加カードを多めに発行したいなら三井住友カード for Ownersゴールドがいいでしょう。

  • 【選び分けのポイント】
  • 三井住友カード for Ownersゴールド⇒追加カードを多めに発行したい人
  • JCB法人カード(ゴールド)⇒より手厚い保険を求める人/ETCカードを多数発行したい人

EX GOLD for Bizとの比較

最後に、三井住友カード for OwnersゴールドとEX GOLD for Biz(オリコ)を比較してみましょう。

カード名 三井住友カード for Ownersゴールド EX GOLD for Biz
国際ブランド VISA/Mastercard VISA/Mastercard
初年度年会費 無料 無料
年会費
(2年目以降)
1万円 2000円
追加カード年会費
(2年目以降)
2000円 無料
※EX GOLD for Biz Sは発行不可
ETCカード年会費 500円
※前年1回以上利用で無料
無料
利用可能枠 50〜300万円 10〜300万円
ポイント還元率 0.5% 0.6〜1.1%
海外旅行保険 最高5000万円 最高2000万円
国内旅行保険 最高5000万円 最高1000万円
航空機遅延保険 なし なし
ショッピング保険 年間300万円まで 年間100万円まで
電子マネー ・Apple Pay
・iD
・WAON
・PiTaPa
Apple Pay
空港ラウンジ
移行可能マイル
(ANA/JAL)
ANA ANA/JAL

EX GOLD for Bizは年会費が2000円と格安で、追加カードは3枚まで無料で発行できます(EX GOLD for Biz Sは不可)。

これだけリーズナブルなのに空港ラウンジ優待が付いており、コストパフォーマンスに優れた1枚です。

またEX GOLD for BizはMastercardブランド限定で「ダイニング by 招待日和」の特典が利用できます。三井住友カード for Ownersシリーズの場合はプラチナ券面でしか利用できないサービスなので、それを年会費2000円で利用できるのは驚きです。

しかし年会費が安いだけあって、三井住友カード for Ownersゴールドと比べると付帯保険の補償内容では劣ります。また、ゴールド限定の付帯サービスも三井住友カード for Ownersゴールドの方が充実しているため、両者は年会費の金額で比較するといいでしょう。

  • 選び分けのポイント
  • 三井住友カード for Ownersゴールド⇒充実した保険と付帯サービスを重視する人
  • EX GOLD for Biz⇒格安年会費で空港ラウンジや「ダイニング by 招待日和」を利用したい人

法人カード(ゴールド)をビジネスで使うメリット

法人経営者や個人事業主がゴールド券面の法人カードを使用することには、ビジネスにおいてさまざまなメリットがあります。

代表的なメリットを紹介していくので、カード検討時の参考にしてください。

事業費用運用の効率化ができる

ビジネスカードには、事業を営むために必要な費用を効率よく運用できるメリットがあります。具体的には、次のような点がメリットです。

  • バラバラの支払いをクレジットカードに一本化できる
  • 会計ソフトと連携すれば経費を自動仕訳できる
  • 支払いサイトが長くなりキャッシュフロー改善につながる
  • 現金を持ち歩くリスクがなくなる
  • プライベートの出費と仕事の経費を明確に分けられる

このように経理業務の効率化やキャッシュフローの改善、リスク管理などの恩恵が得られ、よりビジネスに集中しやすい環境が整います。

ポイントによって費用の削減につながる

ビジネスカードで経費を支払うと、利用金額に応じたポイントが貯まります。

ポイントの使い道はカード会社によっても変わりますが、提携ポイントに移行してサービスの支払いに充当できる場合も多いです。

貯めたポイントを使って事業用の備品などを割引価格で購入できれば、経費削減にも役立つでしょう。

三井住友カード for Ownersゴールドの場合、提携ポイントへの移行やマイル移行も可能で経費削減に役立ちます。

コンビニやマクドナルドのほか、自分がよく使う店でのポイントアップ制度がある点もメリットです。

事業をしているステータスになる

ゴールド券面のビジネスカードは、経営者や個人事業主としてのステータスを示すにも適しています。

特に三井住友カードは銀行系カードの代表格のため、そのゴールドカードとなれば自信を持って使えます。取引先との打ち合わせや接待の機会が多い人ほど、ステータスの高いゴールド券面のビジネスカードがおすすめです。

三井住友カード for Ownersゴールドの審査

こちらでは、三井住友カード for Ownersゴールドの審査や申し込みの流れについて解説します。

申請方法

三井住友カード for Ownersゴールドにオンラインで申し込む方法を解説します。まずは、次の2種類の書類をお手元にご準備ください。

  • 運転免許証(または運転経歴証明書)
  • 引き落とし口座の通帳やキャッシュカード

準備ができたら公式サイトへアクセスし、「ゴールドカードを申し込む」のボタンをタップします。

ページが切り替わるので、会員規約を確認して画面を下にスクロールします。

三井住友カード for Ownersゴールド 申し込み方法2

内容に同意する場合は、「同意のうえ、入力画面へ進む」をタップしてください。

ここから必要事項を入力していきます。まずは氏名や住所などを入力していきましょう。

完了したら次のページへ進み、職業や年収などを入力します。

こちらも入力が完了すると、次はカードの国際ブランドやオプションを選択していきます。暗証番号など重要な情報も入力するので、事前に考えておくとスムーズです。

下へスクロールするとETCカードや電子マネーカードの発行を選択する箇所があります。必要に応じてチェックを入れましょう。

さらに下までスクロールすると、引き落とし口座を登録する画面があります。用意した通帳を見ながら、間違いがないよう正確に入力しましょう。

全ての入力が終わると、内容を最終確認する画面が表示されます。間違っている部分があれば修正し、なければ申し込み手続きを完了します。

表示される申込番号は問い合わせ時などに必要となるため、忘れずメモしておくようにしましょう。

三井住友カード for Ownersゴールドの入会資格は?

三井住友カード for Ownersゴールドに申し込む際は、入会資格に注意する必要があります。

申込対象は満20歳以上となっており、残念ながら未成年の方の申し込みはできません。

ちなみに三井住友カードの個人向けゴールドカードは、申込対象が満30歳以上となっています。これを踏まえると、三井住友カード for Ownersゴールドは比較的申し込みやすいカードであることがわかります。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)

三井住友ビジネスカード for Owners

総合評価

表示しない
年会費 1万1000円(税込)
還元率 0.5%
国際ブランド visamaster
電子マネー
iD
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

まとめ

  • 決算書不要!満20歳以上から申し込みができ、初めてのビジネスカードにもおすすめ
  • 空港ラウンジなどゴールド会員限定の充実した特典が魅力
  • 旅行保険は海外・国内ともに最高5000万円で、出張時のお守りになる

関連記事

時間アイコン21.03.01

三井住友カード for Ownersプラチナの概要や審査を解説

三井住友カード for Ownersプラチナ

時間アイコン21.03.01

NTTファイナンス Bizカードは還元率が魅力!審査方法やメリットは?

NTTファイナンスビジネスの券面

時間アイコン21.03.01

三井住友カード for Ownersクラシックの特徴や他カードとの比較

三井住友ビジネスカード for Owners

時間アイコン21.02.24

アメックスビジネスグリーンは立ち上げ初期におすすめ!審査の難易度も解説

アメックス・ビジネス

時間アイコン21.02.24

セゾンアメックスプラチナビジネスの特典は?他のカードとの比較も

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

TOP