掛け捨て保険とは?積立型との違いや選ぶ際のポイントを徹底解説

掛け捨て保険は損をするというイメージが強くありませんか?自分の理想に合った保険を選ぶなら、「保険内容と保険料とのバランス」に注意しましょう。

保険内容が豊富でも掛け金が大きな負担となってはいけませんし、必要な時に対象外となっていても保険は使えません。

そこで月々の掛け金が抑えられる「掛け捨て」なら保険料を抑えながらも安心が手に入れられます。「積立型」と比べても保険料が安いので、手もとに残した資金を自由に使うことができます。

掛け捨て保険とは?積立型との違い

保険の種類は大きく「掛け捨て型」「積立型」の2つに分けられます。

掛け捨て型には満期金がなく、基本的には解約しても支払った保険料が戻ってくることがありません。

そのかわり、保険料を安く抑えられるのが特徴です。積立型は掛け捨て型に比べて保険料が高くなる傾向にありますが、解約・満期時に「払戻金(あるいは返戻金)」を受け取れます

<主な掛け捨て保険の種類>
・定期保険
・収入保障保険
・がん保険
・医療保険 など

<主な積立保険の種類>
・終身保険
・学資保険
・養老保険
・個人年金保険 など

掛け捨て型の保険料が安い理由

掛け捨て保険の特徴は、もしもの時の大きな保障をサポートしながら保険料を安く抑えられる点にあります。

一方の積立保険の場合は、掛け捨て保険の機能に貯蓄もセットにしてまかなえるようになっています。一般的に掛け捨て保険の保険料が安くなる理由は、保障のサポート料だけを支払うからです。

掛け捨て保険が損だと感じることがありますが、実はこの仕組み、積立保険でも変わりません。積立保険の保険料が割高なのは、保障のサポート料だけでなく貯蓄金も含まれており、満期まで支払うと払戻金も得られるようになっているからです。

積立型の注意点

注意しておきたいのは、積立保険を途中で解約してしまった場合です。満期まで支払った時に比べると、支払い総額に対する払戻金の割合が下がります。

場合によっては、掛け捨て保険と比較して、費用がかさむことも起こります。積立保険は貯蓄機能を追加しているので保険料が高くなり、しかも他の資産運用方法と比較して利率が優れているとは限りません。

必要な保障が決まっているのであれば、掛け捨て保険を上手に活用して資産を運用することができます

掛け捨て型と積立型の保険の月額相場

では、掛け捨て型と積立型で保険料はどのくらい変わるのでしょうか? 例として、30歳男性が死亡時に1,000万円の保険金が支払われる保険に加入する際にかかる保険料を見てみましょう。

<掛け捨て型(10年定期保険)>
30歳男性・死亡保険金1,000万円

A社 B社 C社 D社
保険料
(月額)
1,050円 840円 970円 977円

10年掛け捨ての定期保険では、月々の保険料は1,000円程度が相場のようです。続いて、積立型(終身保険)の保険料と比較してみましょう。上記A社の終身保険を例に挙げます。

<積立型(終身保険)A社の場合>
30歳男性・死亡保険金1,000万円
保険料(月額):1万4,620円

※終身払いで算出

同じ額の死亡保障でも、掛け捨て型と積立型では保険料に大きな差があります。月々の保険料は抑えながら大きな保障を備えたい場合は掛け捨て型、保障と貯蓄のどちらもかなえたいのなら積立型、と使い分けるとよいでしょう。

掛け捨て保険に向いている人

積立保険よりも掛け捨て保険に向いているのは、「保険料を抑えたい人・大きな保障を得たい人」です。たとえば次のケースが考えられます。

  • 収入面で余裕はないけど、保険には入っておきたい方
    月々の保険料を抑えられるため、収入に余裕がなくとも比較的加入しやすく継続しやすいでしょう。
  • 出産や療養などで収入が不安定になる可能性がある方
    世帯収入が下がってしまっても、保険料が安ければ家計を圧迫せずに済みます。
  • 子どもが独立するまで大きな保障が必要という方
    定期保険などを活用することで、子どもに必要な教育費を支払いながらでも子どもが独立するまでの間、保障を手厚くできます。
  • 老後や子どもの教育資金などは、保険以外の資産運用で備えられる方
    保険に「保障」だけ求めるケースです。十分な資産があるのなら、保険も最小限に抑えられます。
  • ライフスタイルに合わせてこまめに保険を見直したい方
    払戻金がないので途中解約でも損をする心配がほとんどなく、保険を見直しやすいです。

掛け捨て保険の種類4つ

掛け捨て型と呼ばれている、支払金が戻らない保険にはいくつか種類があるのでご紹介しましょう。

1つ目が定期保険で、人の生死を保障内容とした期間限定の生命保険です。定期保険は、世帯主などの稼ぎ手となっている被保険者が不慮の事故や病気で亡くなった時に保険金が受け取れる保険となります。

2つ目が収入保障保険で、被保険者が死亡や高度障害状態になってしまった場合、給付金が一定期間、分割して受け取れるのが特徴の保険です。この保険についても、稼ぎ手となる人が働けなくなることで収入が得られない時に保障されるので助かります。

3つ目ががん保険で、がんの治療に関わる費用をサポートしてくれる保険です。入院や通院に加えて、手術や放射線、抗がん剤治療などがんの治療に関係する費用を保障してくれます。長期の治療や高額になることも珍しくないので、養う家族がいる場合などは対策が欠かせません。

4つ目は医療保険で、病気やケガが原因で必要となる治療費を保障してくれます。一定日数を超えた入院や所定の手術を受けたりした時にも支払われる保険です。

掛け捨て型の医療保険を選ぶ際のポイント

掛け捨て型の中でも病気やケガに対して保障される医療保険は、年齢や性別に関係なく備えておいて損はありません。掛け捨て型の医療保険を検討するときは、下記のようなポイントを見ながら選びましょう。

  • 必要な保障額は?
    入院にかかる医療費の自己負担額平均は1日あたり23,300円(※2)です。自身の収入や貯蓄の状況ならどこまで自己負担できるかを考えると、必要な保障額が見えてきます。
  • 必要な保障日数は?
    入院給付金は支払限度日数が設けられているものがほとんどです。入院日数の平均は29.3日(※3)ですが、高齢であるほど長くなります。年齢や保険料とのバランスを見ながら、支払限度日数を決めましょう。
  • どの特約を付加する?
    医療保険には、特約で先進医療や三大疾病、女性ならではの疾病などに対して手厚い保障をつけることもできます。内容は保険会社によって異なりますので、自身の不安点をカバーできる特約がある医療保険を選ぶのもよいでしょう。

※2【公益財団法人 生命保険文化センター】1日あたりの医療費(自己負担額)はどれくらい?
※3【公益財団法人 生命保険文化センター】入院した場合、入院日数は何日くらい?

掛け捨て保険のメリットは?

積立保険と比較されることが多い掛け捨て保険ですが、低い保険料でも満足度の高い納得の保障が受けられることがメリットです。

ライフスタイルに合わせて、補っておきたいサポート内容を選ぶことで保険料を抑えることができます。余った資金をより効率的に運用することで、積立保険に加入するよりも貯蓄を増やすことも可能です。

特に積立保険の場合、満期で受け取る払戻金が支払い総額を超えた額になるのかは契約内容によって異なるので、加入前に確認しておきましょう。

掛け捨て型はがん保険にもおすすめ

掛け捨て保険を選ぶメリットは、費用を抑えながらも必要な保障が受けられることにあります。例えば定期保険に加入しておけば、家計を支えていた家族が死亡した場合に、保険金を受け取ることができます。

またケガや病気で治療が必要になった場合にも、医療保険に加入することで給付金が受け取れるのは心強いサポートです。

さらに、がん保険にも加入しておけば安心です。がんは、手術や入院、さらには放射線、抗がん剤治療が必要となるので、掛け捨て保険を有効に活用して万が一にしっかりと備えましょう。

掛け捨て保険のデメリット

またデメリットとして、一般的に掛け捨て保険は期間が定められているので、満期を迎える度に新しく保険に入り直す必要があります。更新時には多くの場合で保険料が高くなってしまいます。

例えば若い時から生涯にわたって保障が続く終身保険に加入していれば、年齢を重ねてからも保険料を抑えることができます。

なにより掛け捨て保険は仕組みがわかりやすいのがメリットですが、積立保険のような貯蓄機能がないので、保険料とは別に資産運用の費用を準備する必要があります。

この記事のまとめ

保険には掛け捨て型・積立型の2種類があり、どちらを選ぶべきか迷うことも多いでしょう。掛け捨て型は損をするというイメージを持たれがちですが、払戻金が無い分、保険料を抑えながら大きな保障を得られるメリットがあります。

積立型の保険と組み合わせて、子どもが独立するまでなど一定の期間だけ保障を手厚くするといった使い方も可能です。

保険は、自分自身だけでなく、家族のことも経済的に守ってくれるものです。万が一のことがあってから「保険に入っておけばよかった」と後悔しないよう、必要な保障をしっかりと検討して、自分に合った保険を選びましょう。

関連記事

時間アイコン21.07.07

ドル建て終身保険って何?メリットとデメリットから見る活用法

no-image

時間アイコン21.06.28

生命保険の保険料はどれくらいが妥当?少しでも安くする方法を紹介

no-image

時間アイコン21.06.28

生命保険の満期とは?解約返戻金との違いや税金について詳しく解説

no-image

時間アイコン21.06.24

専業主婦(主夫)は保険に入るべき?必要性と注意点を徹底解説

no-image

時間アイコン21.06.24

生命保険と医療保険の違いをシンプルに解説|初心者のための基礎知識

no-image

TOP