保険金や給付金は自分以外も受け取り可能ですか?

保険金や給付金は自分以外も受け取り可能ですか?

生命保険の保険金・給付金の受取人は「契約者本人」や「配偶者と2親等以内の血族」であれば設定できます。そのため、本人以外でも受け取り可能です。

保険金や給付金は課税対象?

「給付金=困った際に給付されるお金」と考えられているので、給付金という言葉がついているものは非課税になると覚えておきましょう。例えば入院給付金、手術給付金、通院給付金などは非課税となります。

また、税金については「契約者」「被保険者」「受取人」の関係で変わってきます。以下で覚えておくと良いでしょう。

  • 契約者=保険契約を結び、保険料を支払う人
  • 被保険者=保険の対象となる人
  • 受取人=保険金・給付金を受け取る人

1)契約者・被保険者・受取人が全て同じ人の場合

例えば医療保険などはこちらに該当するケースが多いです。所得税(一時所得)として扱われ、以下の計算で余った分が課税対象となります。

受け取った保険金の金額-年間保険料総額-特別控除(50万円)×2分の1

2)「契約者=被保険者」で受取人が異なる場合

例えば終身保険に加入していて、父が契約者・被保険人で、受取人が母の場合などが該当します。この場合、相続税の対象となり、以下の計算で余った分が課税対象となります。

・受け取った保険金の金額-(500万円×法定相続人の数)

3)契約者・被保険者・受取人が全て異なる場合

例えば終身保険に加入していて、契約者が夫、被保険者が妻、受取人が子の場合が該当します。この場合、贈与税が対象となり、以下の計算で余った分が課税対象となります。

・受け取った保険金の金額-110万円(基礎控除額)

・当サイトは、各保険の概要についてご紹介したものです。取扱商品、各保険の名称や補償(保障)内容等は引受保険会社によって異なりますので、ご契約にあたっては、必ず各引受保険会社の「重要事項説明書」をよくご確認ください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

・このご案内には保険商品内容のすべてが記載されているわけではありませんので、あくまで参考情報としてご利用ください。また、必ず各引受保険会社の「契約概要」やパンフレット等で保険商品全般についてご確認ください。

・お引受内容により保険料が異なる場合がありますので、実際に適用される保険料については代理店または引受保険会社にお問い合わせください。

関連記事

時間アイコン23.01.10

保険の契約更新をする際の手順を教えてください。

保険の契約更新をする際の手順を教えてください。

時間アイコン23.01.10

損害保険とはどういう保険ですか?

損害保険とはどういう保険ですか?

時間アイコン23.01.10

持病があっても保険に加入できるのでしょうか?

持病があっても保険に加入できるのでしょうか?

時間アイコン23.01.10

自動車保険とはどういう保険ですか?

自動車保険とはどういう保険ですか?

時間アイコン23.01.10

告知義務とはなんですか?

告知業務とはなんですか

TOP