10万円借りたい人へ6つの方法を紹介!即日借入ならカードローン

10万円借りたい人へ6つの方法を紹介!即日借入ならカードローン

急な出費があって、まとまったお金を借りたい…」 「10万円借りると利息はどれくらい?いくら返済するの?

この記事では、10万円借りたい方におすすめのカードローンを紹介しています。さらに記事後半では「10万円借りた時の返済シミュレーション」も紹介しているので、気になる返済期間や利息額などについてもイメージできるでしょう。

10万円借りたい人に向いている借入先と注意点

  • スピードを重視するなら:最短1時間融資も可能なプロミス
  • 周囲に気づかれたくないなら:Web完結申し込みなら職場への電話がないSMBCモビット
  • 金利を抑えたいなら:消費者金融よりも比較的金利が低い銀行カードローンのバンクイック
  • 返済期間の長期化=支払う利息の増加であることを意識し、1年以内に完済することを心がけよう

監修者 監修者

馬場 愛梨

ばばえりFP事務所代表

馬場 愛梨

関西学院大学商学部卒業後、銀行にてカードローンやクレジットカード、投資信託などの金融商品を扱う窓口営業部門に所属。 その後、保険業界や不動産業界での勤務を経て、独立。

【保有資格】
AFP、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、証券外務員1種、秘書検定1級、ビジネス実務マナー検定1級、メンタル心理カウンセラー

もっと見る 閉じる

プロミス
プロミス小バナー ・最短で1時間融資も可能。とにかく急ぐ方向け
・原則24時間365日振込対応*
・郵送物なし、Web完結ならカードレス融資も可能なので、家族に知られない
*ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、Paypay銀行等で振り込み可
金利(実質年率) 年4.5%~年17.8%
利息(最大年率) 9,894円(借入10万円,返済期間1年の場合)
融資までの時間 最短1時間
アコム
アコムバナー画像 ・最短30分で審査回答がもらえる
「Web申込+自動契約機(むじんくん)でカード発行」なら最短即日で借入れ可能
金利(実質年率) 年3.0%~年18.0%
利息(最大年率) 11,011円(借入10万円,返済期間1年の場合)
融資までの時間 最短即日
SMBCモビット
モビット バナー ・Web完結なら職場への電話連絡なし。周囲に知られたくない方向け
・最短即日融資
・セブン銀行ATMならスマホのアプリだけで入出金可能
金利(実質年率) 年3.0%~年18.0%
利息(最大年率) 11,011円(借入10万円,返済期間1年の場合)
融資までの時間 最短即日

大手消費者金融のカードローンは即日10万円借りるのに最適

10万円単位でお金が必要という人は、以下のような理由があるのではないでしょうか。

10万円を借りたい理由

  • 給料日まで1週間以上あるが生活費が足りない
  • 冠婚葬祭でまとまったお金が必要になった
  • 旅行やイベントなどでお金が足りない
  • 今月分の家賃が払えない
  • どうしても必要なものがあるがお金がない

どんな理由でも「できるだけ早く借りたい」という気持ちがある一方で、家族や友達に借りるのも気が引ける…という人も多いのでは?

そんな人は大手消費者金融のカードローンを利用してみましょう。人気の理由は以下の通りです。

大手消費者金融のカードローンが10万円の借入に向いている理由

  • 即日融資が可能なので借入を急いでいる人に向いている
  • Web完結なら周囲にバレにくい
  • 無利息サービスを利用することで利息を抑えることができる

それぞれ詳しく解説します。

(1)即日融資が可能なのでなるべく早く借りたい人向け

「10万円借りたい!」という人のほとんどは、今すぐにお金が欲しいというケースが多いはず。

大手消費者金融のカードローンは審査時間が短く、最短で申込みから融資が実行されるまで1時間で対応してもらえるケースもあるのです。

主なカードローンの審査、融資までの時間をまとめました。

カードローンの審査・融資時間比較

カードローン 審査時間 融資時間
プロミス 最短30分 最短30分
SMBCモビット 最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合も) 最短即日(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合も)
レイクALSA 最短15秒 *webで最短60分(融資)も可能
アコム 最短30分 最短即日
アイフル 最短30分 最短60分
三菱UFJ銀行カードローン 「バンクイック」 最短翌営業日 最短翌営業日
みずほ銀行カードローン 2~3営業日 1週間程度
*21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

(2)Web完結なら周りに気づかれにくい

通常、カードローンを契約すると契約書類や利用明細、借入に必要なローンカードなどが自宅に郵送されてきます。それを見た家族に怪しまれ、結局カードローンの利用がバレてしまうのです。

一方で大手消費者金融ならWeb上で申込手続きが完了し、郵送物なしで対応してもらえるカードローンもあります。

さらに借入や返済もWeb上で可能になり、専用のスマホアプリを使ってATMで取引できるカードローンもあります。

「職場への在籍確認がイヤだな…」というお悩みも、Web完結での申込なら電話連絡をなしにできる消費者金融もあるのです。

Web完結の申込みは、まさに「良い事づくし」といえますね。

(3)無利息期間を活用すれば利息が抑えられる

継続的にカードローンを使う予定はなく、10万円などのお金を単発的に借りる場合、利息を最小限に抑えたいもの。そこで紹介したいのが消費者金融のカードローンの無利息サービスを賢く使うことです。

30日間無利息の場合

無利息サービスとは

初めての契約の人に限り、一定期間の借入に対する利息が0円になるサービス。契約日または利用開始日から30日前後の無利息期間が設定されていることが多い。

この無利息サービスは、一度だけ10万円を借りるつもりで契約する人にはお得なサービスです。一方で継続的にお金を借りる可能性のある人にはあまりメリットがないかもしれません。

また1万円~5万円程度の借入であれば無利息期間中に全額返済できるかもしれませんが、10万円となると、無利息期間中の全額返済はハードルが上がるのも事実ですから注意が必要です。

以下のケースに当てはまる人は、借入時の金利そのものを抑えることを意識しましょう。

  • 10万円を借りた後も追加の借入の可能性がある
  • 10万円借りた後は長期的に無理なく返済したい

※金利を抑えて借入をする方法は後ほど詳しく説明します。

金利を抑えてお金を借りる方法はこちら

10万円が必要な人に紹介したい消費者金融のカードローン

では、実際にどの大手消費者金融のカードローンを選べば良いのでしょうか?

「10万円借りたい!」というだけでなく、以下の要望がある人に向けてそれぞれのカードローンを紹介します。

  • 即日融資ですぐにでもお金が欲しい!
  • 家族や職場など周囲にバレたくない!
  • 無利息サービスを使って利息を抑えたい

なるべく早く借りたい人はプロミス

プロミスの外観

プロミスは、申込から融資まで最短60分で実行される可能性があります。

さらに振込融資の場合には、ゆうちょ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・PayPay銀行などの主要な銀行に加えて、約200の金融機関で24時間365日振込対応をしているのが特徴です。

また、通常、借入にはローンカードが必要で、受け取りのために自動契約機へ行くか郵送での受取を選択します。

しかし、プロミスではこのローンカードがなくてもスマホアプリがあれば借入ができます。(カードレス)

とにかく急ぎでお金が必要で、少しでも早く借りられる可能性を期待したいという人はプロミスを選ぶとよいでしょう。

プロミスの基本情報

審査時間 融資時間 審査回答時間 振込融資時間
最短30分 最短30分 9:00~21:00 *原則24時間
在籍確認の有無 カードレス 金利 借入限度額
原則あり 対応 年4.5%~17.8% 1万円~500万円
*土・日・祝を含む

プロミス

実質年率 4.5%~17.8%
利用限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分

特長

  • スマホから申し込めば最短15秒審査回答、最短30分で融資が受けられる
  • 自分の口座に振り込んでもらえる
  • はじめての利用なら最大30日間利息0円(メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要)

SMBCモビットならWeb完結で電話連絡なし

SMBCモビットのWeb完結申込みなら電話連絡なしで審査を進められます(※)。

参照:SMBCモビット公式ホームページの申し込み画面

「勤務先への電話連絡を避けたい!」という人はSMBCモビットでWeb完結申し込みを検討するとよいでしょう。

さらにWeb申込み後にSMBCモビットに電話(フリーダイヤル)すれば、優先的に審査を受けられるのも大きなポイントです。

※ゆうちょ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行の口座のうちいずれか1つを持っていること、さらに所定の健康保険証を持っていることの両方を満たすことが条件です。

SMBCモビットの基本情報

審査時間 融資時間 審査回答時間 振込融資時間
(*1)最短30分 (*2)最短即日 9:00~21:00 原則24時間
在籍確認の有無 カードレス 金利 借入限度額
Web完結申込なら電話連絡なし 対応 年3.0%~18.0% 1万円~800万円
(*1)申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合も (*2)申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合も

SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短即日

特長

  • *最短即日融資も可能
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • セブン銀行ATMならスマホのアプリだけで入出金可能
  • *申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱いとなる場合がある

無利息期間の長いレイクALSAで利息を抑えよう

レイクALSAは無利息期間を利用して支払う利息を抑えたいという人に特に向いています。無利息適用期間を設けている他社のほとんどが「30日間」を設定しているなか、レイクALSAでは以下の無利息期間を設定しています。

  • Web完結申込みなら初回契約日から60日間
  • 初回契約日から借入額のうち5万円まで180日間

「今回、やむなく10万円を借りるけど、来月のボーナスで返済できる」といったシーンの人ならレイクALSAの無利息期間を上手に使い、負担を最小限に抑えられるでしょう。

さらにレイクALSAはここまで紹介したカードローンと同様、Webで最短60分融資が可能で、カードレスでの借入も可能という点もうれしいですね。

レイクALSAの基本情報

審査時間 融資時間 審査回答時間 振込融資時間
最短15秒 (*1)webで最短60分(融資)も可能 (*2)8:10~21:50 原則24時間
在籍確認の有無 カードレス 金利 借入限度額
原則あり 対応 年4.5%~18.0% 1万円~500万円
(*1)21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 (*2)第3日曜日のみ8:10~19:00

レイクALSA

実質年率 年4.5%~18.0%
利用限度額 500万円
審査時間 最短15秒
融資時間 最短60分

特長

  • 初めての契約ならうれしい特典あり
  • Webで申し込むと60日間特典
  • 借入額5万円までなら180日間特典
※初めてなら初回契約翌日から特典 ・特典期間経過後は通常金利適用 ・60日間特典、180日間特典の併用不可 ・ご契約額が200万超の方は30日間特典のみ ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

銀行のカードローンなら金利を抑えて借入可能!

「返済に結構時間がかかってしまいそう…」「継続的に借りることになるかも…」
といったように、今後もカードローンを利用していくという人は、何よりも金利の低さを重視すべきです。

銀行と消費者金融の金利比較

その場合は消費者金融のカードローンよりも金利が低く設定されている銀行のカードローンを検討しましょう。

金利の差によって支払い負担も変わってくるでしょう。

カードローンの金利比較

銀行のカードローン 消費者金融のカードローン
年1.8%~14.6% ※三菱UFJ銀行カードローンの場合 年4.5%~17.8% ※プロミスの場合

10万円借りた場合の利息金額の差はこちらで紹介しています。

【注意点】即日融資で借入したい人には不向き?

金利が低い一方で、銀行のカードローンは消費者金融のカードローンと比べて、申込みから融資実行までには時間がかかるのが特徴です。

カードローンの融資時間比較

消費者金融と銀行の違い

銀行カードローンの審査でも、消費者金融の審査と同様に、個人信用情報機関(JICC、CIC、KSC)が持っている信用情報の照会があります。

さらに銀行カードローンの審査では、警察庁の個人情報データベースへの照会があるので、どうしても即日融資ができないのです。

銀行カードローンを選ぶべきなのはこんな人
「今日お金がないと困る!」というレベルではなく「多少時間がかかっても問題ない」という人は金利が低い銀行カードローンの申込を検討しましょう

10万円借りる際に利用したい銀行のカードローンを紹介

数ある銀行カードローンから、どのサービスを選べば良いのでしょう??検討してほしい銀行のカードローンを2つ紹介します。

三菱UFJ銀行カードローンなら月々1,000円から返済可能

三菱UFJ銀行カードローンは、月々の返済額が最低1,000円からでOKのため、自分のペースで無理なく返済したい人に向いています。

借入や返済時の際も、提携ATMであれば利用手数料がいつでも0円なのも嬉しいポイントです。何度も借入や返済をする可能性がある人にはうれしいですね。

三菱UFJ銀行カードローンの金利は以下のようになっています。

借入限度額と金利

利用限度額 借入利率
10万~100万円以下 年13.6~14.6%
100万円超~200万円以下 年10.6~13.6%
200万円超~300万円以下 年7.6~10.6%
300万円超~400万円以下 年6.1~7.6%
400万円超~500万円以下 年1.8~6.1%

三菱UFJ銀行 カードローン

実質年率 年1.8%~14.6%
利用限度額 500万円
審査時間 最短翌営業日
融資時間 最短翌営業日

特長

  • Web完結申し込み後、テレビ窓口でローンカードを受け取ることで最短翌営業日に借り入れ可能
  • 三菱UFJ銀行の口座を持っていれば、Web上で借り入れ・返済が可能
  • 三菱UFJ銀行、イーネット、ローソン、セブンATMなら利用手数料無料
  • 郵送物をなしにできるので、周囲に気付かれづらい

みずほ銀行カードローンなら銀行のキャッシュカードが利用可能

みずほ銀行キャッシュカード

みずほ銀行カードローンなら、手持ちのキャッシュカードにそのままカードローン機能を付けられます。すでにみずほ銀行を利用しているなら、契約完了後にローンカードの送付を待たずに利用を開始できます。

ただ便利というだけでなく、一見すると銀行のキャッシュカードなのでカードローンを利用しているとは思われない点もメリットですね。

また、みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる人は、設定されている金利からさらに年0.5%引き下げられた金利の中から金利が決まります。

みずほ銀行の口座を持っているなら検討したいカードローンですね。

借入限度額と金利

利用限度額 借入利率 引き下げ適用後
100万円以下 年14.0% 年13.5%
100~200万円未満 年12.0% 年11.5%
200~300万円未満 年9.0% 年8.5%
300~400万円未満 年7.0% 年6.5%
400~500万円未満 年6.0% 年5.5%
500~600万円未満 年5.0% 年4.5%
600~800万円未満 年4.5% 年4.0%
800万円 年2.0% 年1.5%

みずほ銀行 カードローン

実質年率 年2.0%~14.0%
利用限度額 800万円
審査時間 2~3営業日
融資時間 1週間程度

特長

  • WEB完結申し込みができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • 手持ちのキャッシュカードローン機能を加えられる

10万円借りた際の利息の返済シミュレーション!

金利が違うと返済総額にも大きな差が出てくるのできちんと計算しましょう。

ただし大事なのは金利だけではありません。「いつまでに返済できるか」つまり期間で利息は変わってくるのです。当然ですが、返済完了が遅くなればなるほど、払う利息が高くなります。具体的な数字でみていきましょう。

消費者金融のカードローンで10万円借りると利息はいくら?

消費者金融のカードローンでお金を借りた場合、上限金利は年18.0%程度になります。仮に限度額10万円であれば最高金利での貸付になることがほとんどです。

利息の金額は、上図の通りですが、返済にかかる日数によって大きく異なります。

消費者金融のカードローンの利息計算

年利18.0%での利息
1日あたりの利息額 49円/日 (100,000円×0.180÷365日)
30日(約1ヶ月)で返済 1,500円
90日(約3ヶ月)で返済 3,014円
180日(約6ヶ月)で返済 5,312円
365日(1年)で返済 10,004円

※毎月返済の度に元本が減っていくので実際の利息、返済額が上下します。あくまで目安として参考にしてください。

銀行のカードローンで10万円借りると利息はいくら?

ここでは、三菱UFJ銀行カードローンの上限金利である年14.6%で10万円を借り入れた場合をシミュレーションしました。

銀行のカードローンの利息計算

年利14.6%での利息
1日あたりの利息額 40円/日 (100,000円×0.146÷365日)
30日(約1ヶ月)で返済 1,216円
90日(約3ヶ月)で返済 2,441円
180日(約6ヶ月)で返済 4,298円
365日(1年)で返済 8,072円

消費者金融のカードローンの利息と比較した場合、1か月では数百円程度の利息差ですが、1年後には1,932円もの差が出てきます

借りている金額は同じ10万円であることを考えると、もったいないと感じますね。

10万円の返済期間の差による月々の返済額

10万円の返済に1年、2年、3年かかったケースをそれぞれみてみましょう。

返済期間 毎月の返済額 合計返済額
12ヶ月(1年) 9,167円 110,011円
24ヶ月(2年) 4,992円 119,808円
36ヶ月(3年) 3,615円 130,130円

※アコムで10万円借りて金利年18.0%の場合

見ての通り返済期間が長くなればなるほど合計で払う利息がグンと高くなります。

毎月の返済額は1万円程度を目安にし、遅くとも1年以内に返すようにしましょう。

そうすれば利息を抑えられます。

カードローン利用時に抑えるべきポイント

最後に、カードローンを利用する際に知っておくべきポイントを紹介します。

カードローンは無職やブラックリストの人でも利用可能か?

残念ながら、無職やブラックリストの人はカードローンでお金を借りることはできません。

そうなると、「無職やブラックリストでも融資可能」とうたう業者を利用したくなるかもしれませんが、それは絶対に避けてください。

そういった業者は、審査時に個人信用情報を参照しないばかりか、審査そのものを実施していません。全て違法業者で、利用するのは大変危険です。

違法業者は高金利で貸付けを行っているため、一度借りたら完済できない可能性が非常に高いです。返済できない場合には様々なトラブルに巻き込まれるかもしれません。

「どうしても10万円が必要」だとしても、長い目で見ると必ず後悔するでしょう。記事の最後に「カードローン以外で10万円を借りる方法」も紹介しているので、こちらを参考にしながら、打開策を見つけたいところです。

カードローンの審査はどんな人が通らない?

そもそもカードローンは以下の2つの条件を満たさないと申し込むことができません。

カードローンの申込条件

  • *満20歳以上であること
  • 安定した収入があること

*18~19歳でも利用可能なカードローンもあります。

アコムの公式ホームページでも、以下のように明言されています。

アコム20歳以上の安定した収入と返済能力

引用元:アコム公式ホームページ

特に注目したいのが「安定した収入があること」です。収入が安定しているというのは、会社員やアルバイト、パートなどによる継続的な収入が見込める状態を指します。

働いておらず、完全に無収入の状態であれば返済能力がないためカードローンを利用できないのです。

さらに、次のような特徴に当てはまる人は審査に落ちてしまう可能性が高いです。

カードローンの審査に落ちる人の特徴

  • 短期間に複数の借入を申し込んでいる
  • 他社借入が年収の3分の1以上ある
  • 生活保護受給中である

過去に長期滞納や債務整理などの金融事故を起こしている人は、個人信用情報機関に事故情報が登録されています。カードローンなどの貸金業者は審査時に個人信用情報を照会するため、かなり高い確率で審査に落ちてしまいます。

また信用情報を見れば、短期間に複数件申込をしている人(申込ブラック)や、他社借入が多い人もわかるので審査に通らないことが多いです。

カードローン以外で10万円借りる方法を紹介

事情があって正規の貸金業者の審査には通らない人はどうすれば良いのでしょうか?違法業者は論外として、いくつかの方法を紹介します。「すぐに借りられるか」「現金で受け取れるか」の2軸で比較しました。

消費者金融や銀行カードローンとも比較してみましょう。

カードローン以外で10万円借りる方法の比較表

即日で借りられる 現金で受け取れる
消費者金融のカードローン       〇       〇
銀行カードローン       ?       〇
クレジットカードのキャッシング枠       〇       〇
緊急小口資金       ?         〇
バンドルカード       〇       ?
*親や知人に借りる       〇       〇
*「親や知人に借りる」に関しては、人によって異なります。

即日性、そして現金で受け取れるという両方のメリットを実現できるのはクレジットカードのキャッシング枠です。
ただしクレジットカードを持っていて、なおかつキャッシング枠が付与されていることが条件となります。

即日性にこだわりたいならバンドルカード、もしくは親や知人に借りる方法が推奨されます。

それぞれ詳しく紹介します。

クレジットカードのキャッシング機能を利用する

クレジットカードには普段買い物などで利用するショッピング枠以外にキャッシング枠という借入専用の枠があります。
この枠を使ってお金を借りる方法です。
下の画像はヤフーカードのキャッシング画面です。金額を指定して申し込むと、指定の口座にお金が振り込まれます

ヤフーカードのweb申し込み画面

出典 YAHOO!カードホームページ 

メリット

最大のメリットは、WebもしくはATMなどで即日お金を借りられる点です。近くのコンビニATMや提携金融機関での借入が可能になります。

返済方法は一括払いやリボ払いなどから選択できるので、自分に合った方法を選びましょう。

デメリット

クレジットカードを作る時にキャッシング枠を設けなかった場合は利用できません。その場合は追加で申し込むことになりますが、審査に数日を要するので即日性は失われます。

また、便利だからといってリボ払いを選択するのは良いのですが、支払期間が長期化して利息が膨らんでしまいます。しっかりと計画を立てて賢く使いたいですね。

気になる金利についてキャッシング枠の金利は、消費者金融と同じくらいの高さだという点も把握しておきましょう。

代表的なクレジットカードのキャッシング枠金利と向いている人

カード名 金利(年率)
楽天カード 18%
三井住友カード 三井住友カード公式サイトにてご確認下さい(公式サイトはこちら
イオンカード 7.8%~18%

こんな人に向いている

  • クレジットカードにキャッシング枠が付与されており、融資スピードを重視する人

国から借りられる?緊急小口資金!

緊急小口資金の仕組みの解説

出典 厚生労働省 生活支援特設ホームページ 

国の公的融資制度である生活福祉資金貸付制度の中に緊急小口資金というものがあります。

一時的に生計の維持が困難になった場合に最高10万円まで貸し付けを受けられる制度です。原則として自立相談支援機関からの相談支援を受けることが条件になっています。

メリット

    融資を受けられる人

  • 医療費又は介護費、滞納していた税金、国民保険料、年金保険料、公共料金の支払いによって臨時の生活費が必要になった場合
  • 会社からの解雇、休業等により収入が大幅に減って生活ができないという人

2ヶ月以内の措置期間が経過してから12ヶ月以内で返済していく流れになります。金利はかかりません。

デメリット

融資までに5日ほどかかるので即日の融資は受けることができません。さらに審査の段階で、収入証明書を求められるなど提出書類が多く、時間がかかってしまいます。

    融資を受けられない人

  • 収入がないか又は少ないために恒常的に生活全般に困窮している世帯
  • 多額の負債がある
  • 債務整理の予定がある、債務整理中の方

こんな人に向いています

  • 急激な収入減少で生活が困窮した人
  • 必要な資金を他で借りることが困難な人
  • 今後は収入のあてがある人

アプリですぐ借りられるバンドルカード

バンドルカードは誰でも作れるVisaプリペイドカードです。Visa加盟店で利用可能です。

バンドルカードのキャプチャ

メリット

アプリから1分でネットショッピング専用の「バーチャルカード」が発行され、使う分のお金をチャージしてすぐに利用可能です。

基本は前払い式ですが、「ポチっとチャージ」を使えば、チャージした分を後払いで支払えます。

    ポチっとチャージのメリット

  • 使いたい金額を決めてチャージするので、過度に使ってしまう心配がない
  • 支払うたびにスマホに通知が届き、利用明細もアプリから簡単に確認することができる

審査がないというのも大きなメリットとなっています。

デメリット

プリペイドカードなので、現金が欲しい人には不向きです。

こんな人に向いています

  • Visa加盟店で欲しい物や必要なものがある人
  • 現金でなくても問題がない人

返す目途が立つ人は親や知人に借りましょう!

この方法は、人によって考え方や捉え方が大きく変わるといえるでしょう。下記内容は人によりますので、あくまで一般論としてとらえてください。

メリット

貸す側が利益を出す必要はないので、厳密に利息などは設定されず、「借りた額を返す」という形になるケースが多いようです。

また、関係性にもよりますが借りるうえでのハードルも比較的低いといえるでしょう。

デメリット

ハードルが低めとはいえ、親にくらべて知人に借りる場合はそれなりの覚悟が必要になると言えます。というのもお金のトラブルは、長年築いた友情や関係性を一瞬で破壊するリスクをはらんでいるからです。

借りるならしっかりと誠意を見せ、「毎月いくら返済し、何月までに完済する」といった計画をしっかり伝え、実行しましょう。

こんな人に向いています

  • 10万円以下など、少額を希望している人
  • 親との関係性が良好で、何でも相談できる人

甘い言葉には要注意…闇金や詐欺は利用厳禁!

借りてはいけない違法業者

カードローンの審査が通過できず悩んでいる人を狙っているのが闇金などの違法業者です。たとえば以下のような甘い言葉でアプローチしてくるようです。

  • 必ず貸します
  • 審査基準が甘いです
  • 無条件、無審査で○○万円貸します
  • ブラックでも可
  • 他店で債務整理した方も大歓迎

「ウチは審査甘いから誰でも借りられるよ~」今すぐ必要なら今日中に貸すこともできるよ!」

そんな言葉を見たり聞いたりしたら闇金だと判断し、関わりを持つのはやめましょう。

闇金で借りてしまうと、高額な金利で借金が減らず、過度な取り立てに苦しむ可能性もあります。甘い言葉に誘われて借りてしまわないよう注意が必要です。

この記事で紹介しているカードローンは法律を守って運営されているカードローン業者なので、安心して利用できます。

この記事のまとめ

今すぐに10万円が必要という人は、この記事で紹介した大手消費者金融のカードローンを検討してください。

ただし、消費者金融のカードローンで10万円を借りて1年で返済した場合には1万円弱の利息が発生します。それ以上返済期間が伸びる可能性のある人や、追加の借入が必要な人は、金利そのものを抑えるために銀行のカードローンを利用するとよいでしょう。

TOP